異をとなえん |

「日本語がブログの使用言語で最も使われている」って、本当?

2007.04.18 Wed

00:04:24

「日本語がブログの使用言語で最も使われている」というリポートがテクノラティという所から上がってきました。本当なのか、一瞬信じられない感じの結果なので、どうしてかという事について、いろいろと検索してみました。

まず、そもそも2006年第1四半期には、日本語が一番でした。
IA Spectrum: Technoratiのブロゴスフィアレポート(2006年4月)


・ Technoratiがトラッキングしているエントリー数が多いのは、日本語、中国語、英語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、フランス語、ポルトガル語、オランダ語、ドイツ語の順。ただし韓国語については、韓国で主流のサービス(Cyworld、Planet Weblogなど)をまだTechnoratiでインデックス化できていないため、実際より少なくカウントされている。


そして、次の四半期には英語がトップに戻ります。
「世界のどこかで毎秒2件ずつ誕生」--テクノラティのブログ調査 - CNET Japan


 6月の時点で、英語がブロガーの間でもっとも良く使われる言語(39%)となっている。これに第2位が日本語(31%)、第3位が中国語(12%)と続く。英語を使用するブロガーが、エントリをもっとも良く投稿する時間は、太平洋標準時午前10時から午後2時で、次のピークは同午後5時となる。


2006年第3四半期はこれが継続したのでしょう。そして、2006年第4四半期には日本語が逆転してトップに戻ります。
世界中のブログで使われている言語は日本語が一番多い - GIGAZINE


これが今回のメインとなるブログへの投稿数。日本語が37%で1位。英語は36%で2位。3位は中国語で8%。英語圏の有名ブログが日本語版を開設する理由はこのあたりにありそうです。


この結果については、どうも納得がいかない所が多くて、世界はどんな風に見ているのだろうと、「Technorati blog language japanese 37% 」で検索してみます。ただ、あまりたいした記述は見つけられません。英語圏の人には興味が無いように見うけられました。

一応、見つけたのだけリンクしておきます。
Zoli's Blog :: Japanese is the No. 1 Blogging Language
KoreaCrunch ? Blog Archive ? Why Japanese is strong in Technorati?

最初のブログでは次のように分析しています。

Japanese is spoken by about 130 million people, while English has 380 million native speakers and 600 million total. It's probably fair to assume many who speak English as a second language will use it for their blog, expecting to reach a larger audience (yours truly included: my native Hungarian is spoken by a grand total of 13 million).

Looking at those numbers it's probably fair to say that there are 4 times as many potential English language bloggers as Japanese, so in light of that the Japanese are by far more active in blogging than English speakers.


日本語圏のブロガー数は英語圏のブロガー数の4分の1ぐらいだろうから、平均的に日本語圏のブロガーが4倍活発だと結論づけているようです。

それに対して、次のブログでは下記のように分析しています。

Although most of japanese have blogs and there are many posts from japan, it seems a kind of Technorati bias. You can see only one localization site, Technorati Japan.

Because the statistics is based on the sum of ping registered by blogs, it?s very important the number of registered blogs. Technorati Japan was well known to Many of japanese bloggers, in fact, most of them usually used it because there is no meta-blog site such as Allblog.net in Korea.


テクノラティ日本に登録してあるブログサイトが多いから、結果的に日本語圏の投稿記事数が多いと分析しているように見えます。

実はどちらもあまり納得できるものではないので、さらに検索して次の二つの分析が面白く思えました。

スラッシュドット ジャパン | 日本語がブログでの使用言語で世界一のシェア

英語を超えた日本語ブログの投稿数,その理由は?:ITpro

ただ、そもそも本当に投稿記事数が多いのか、私にはそれすら疑問です。テクノラティにはもう少し結果を報告して欲しいものです。少なくともブログサイト数は欲しいです。

私は次の記事から分析してみました。
「韓国人43%、週1回以上ブログを読む」

同じ時期、日本では調査対象者1000人の74%、中国は1000人の39%が1週間に1回以上ブログを読んでいることが分かり、アジア主要国でブログがインターネットの主要メディアとして利用されていると分析された。
(略)
一方、ヨーロッパでは1週間に1回以上ブログを読む人の比率が23%を超える国がなく、米国も27%にすぎなかった。


上記の記事からブログを読む人は次のようになります。
日本 約1億2千万人の74%で約8880万人
アメリカ 約3億人 の27%で約8100万人
ブログを書く人と読む人が比例していて、他の英語圏の人々は大体無視できるならば、ブロガーの数でブログの使用言語が日本語が一番多いという結果は説明できると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

130 日本語は亡びるのか?

梅田氏が「日本語が亡びるとき」の書評 をして以来、ネット上でそれに関する記事が氾濫している。 私も興味深く眺めているのだが、 どうも日本語が亡びるというか、すたれていくのは当然の前提として、 議論が展開しているように見える。 それに疑問を呈したい。 「日本語が亡び...

178 欧米のブログが盛んに見えないのは不思議ではない

ちょっと面白いデータを見つけた。 日本のブログ環境が、世界の他の国と比べてとても変わっているという話だ。 日本のブロゴスフィアが他国と比べ異常な件 ブログに対する閲覧率が、他国に比べてとても高い。 ・ブログ閲覧率 日本 76% 韓国 43% 中国 39% アメリカ 27% イ...