異をとなえん |

不穏な気配

2008.05.09 Fri

20:03:29

どうも不穏な気配を感じる。
市場が荒れる前触れではないか。

下記のように、
昨日韓国のウォンが安値を付け、日本の国債が下落した。

ウォン相場、2年7カ月ぶり一時1050ウォン | Chosun Online | 朝鮮日報

東京新聞:国債利率、1・7%に上げ 03年9月以来の大幅上昇:経済(TOKYO Web)


国債利率、1・7%に上げ 03年9月以来の大幅上昇

2008年5月8日 12時04分

 財務省は8日、長期金利の指標となる10年物国債の表面利率(額面に対する利率)を
提示、5月発行分は前月から一気に0・4%引き上げ、年1・7%とした。表面利率の引
き上げ幅としては2003年9月の0・6%以来の大きさとなった。

 表面利率の引き上げは昨年7月以来10カ月ぶりで、1・7%は昨年11月以来の高い
水準。長期金利の急上昇は、住宅ローン金利の引き上げなどに波及する。

 米サブプライム住宅ローン問題による金融不安を受け、外国人投資家が日本の国債を換
金売りしたことなどをきっかけに国債価格が大幅に下落、金利が急上昇したため、財務省
は表面利率を大幅に引き上げた。


ただ、今日は逆に国債の価格が上がっている。

海外勢が株先売り/債先買い、翻ろうされる国内勢


 <建玉減少して国債先物に買い安心感>

 9日の円債市場は、またしても大波乱となった。国債先物中心限月6月限は、前日比98銭高の136円78銭と大幅続伸して前引け
。10年最長期国債利回りも一時、前日比0.090%低い1.550%まで急低下した。



ドルを必要とする誰かが、
ドル資金の調達に走っているからではないだろうか。
私の勘は当てにならないのだが、去年の8月ころの、
株式相場が一度急落した後戻してきたころに似ている気がする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら