異をとなえん |

中国の不良債権について

2008.04.22 Tue

23:58:01

Yutakarlsonさんのコメントに触発されて、
中国の不良債権について考えをまとめてみた。

結論から言うと、中国の不良債権は国の社会保障の一部であって、
それほど大きい問題ではない。
あるいは大きな問題かも知れないが、
その根本の問題は中国の経済システムが真っ当ではないことで、
金額が大きいから破綻するとかは一概に言えない。

中国では、そもそも借金を返す文化がないとか言う話があって、
私なんかは耳を疑う。
そもそもそんなことでは、経済が動いていくか怪しいので、
何らかの方法で解決しているはずだと思う。
このように、中国の経済について真面目に考え出すと、
信用できない部分は多いし、
そんなシステム正常に動くのかという部分が多くて、
実によくわからない。

そもそも私の理解している不良債権というのは、
中国の国営企業が万年赤字で、それを国営銀行が支え続け、
結果としてたまる累積赤字のことだ。
古い国営企業というのは社会主義なので、
従業員の年金等の面倒を見てきた。
世界への開放後は、これらが原因で猛烈な赤字になっている。

この不良債権は大問題と言えば大問題なのだが、
国営企業の従業員に年金を支払っていると思えば、
そんなに大ごとな話ではなくなってくる。
こそこそやっている一部の特権階級への利益供与とも見なせるが、
成長への大きな問題ではない。
今の日本の第三セクターの赤字問題に似ているが、
地方自治体の税金が増えていけば、ごまかせるはずだ。

また、基本的に現在の中国はかなり成長していることは間違いないので、
国営企業がある程度の生産をしていれば、
トータルで見れば採算が取れている可能性もある。
現在の日本みたいに人口が減少して、
公共のストラクチャが完全にムダになってしまうのとは違う。

結局、国営企業の累積赤字は税金が増える事によって相殺されるならば、
トータルでみてその投資は許容される。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら