異をとなえん |

アメリカでのmanga売上部数

2007.04.15 Sun

23:55:41

アメリカでのmanga売上部数を分析しようとしましたが、まとめる所までいかず、リンク先を挙げるので力尽きました。

まず、mangaの売上部数を分析した記事があったなと再度探し出したのが、
TILTING @ WINDMILLS #37: BOOKSCAN 2006
です。

元の売上データは
TILTING @ WINDMILLS #37: BOOKSCAN 2006 - Page 3 - NEWSARAMA
を見るかぎりではなくなっています。

このサイトをどこから見つけたのかと検索してみるとULTIMO SPALPEENさんの所でした。
Bookscanデータでの分析記事が二つありました。
アメリカ一般書店市場での、2005年度日本マンガ売り上げ部数データ
アメリカ一般書店市場での、2006年度上半期日本マンガ売り上げ部数データ

また、「創」2007年5月号では「ネギま」、「ツバサ」の発行部数は一巻当たりそれぞれ10万部という事です。2ch上で記述を見つけて、創で確認しました。

赤松健氏の日記帳の2007年03月21日の記述に下記があります。

先ほど担当から聞いたのですが、「魔法先生ネギま!」は、来月の18巻でとうとう累計発行部数1000万部突破となります!!(^^)
(今回の帯に、書いてあるそうです)
(略)
海外版(今では収入の2割を超える)を含めると、「ラブひな」超えは確実です。でも、ラブひなは全14巻だったからなぁ・・・(笑)


以上のことから、日本での「魔法先生ネギま!」の一巻当たりの発行部数が約55万部、アメリカでの発行部数が約10万部になります。一冊当たりの印税の金額が同じならば大体収入の2割という水準になるでしょう。ヨーロッパ等の売上もあると思うのですがよくわからないので無視します。ただ、日本の本の定価は410円で、アメリカの本の定価は10.95ドル(1ドル120円換算で1314円)ですから、率だと3分の1近くになるのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら