異をとなえん |

金融危機は一応収束したのか?

2008.04.02 Wed

17:04:51

ニューヨークダウが400ドル近く、日経平均株価も500円以上と、株価が大きく上がった。
単なる私の勘だが、当面の底は脱したように見える。
金融不安も収束するだろう。

金融機関がぼろぼろと崩壊するという最悪の予想が後退して、
そのような状況を想定して売ってきた人間たちの買戻しが入ってきたのだ。

エコノミストの2008年4月14日臨時増刊号によると、
アメリカには資産を安いと見た買いが大量に入っているらしい。
イギリスからの流入が一番多いと聞くと、イギリスの景気も怪しいから、
その内また売られるのではないかと心配になってしまうが、
当面の安心材料である事には変わりない。

米投資事情:好機逸すべからず:NBonline(日経ビジネス オンライン)

のような記事が出てくるのも好材料だ。
アメリカでは3/20付けの記事なのだから、
私みたいな人間が情報を知るころには既に株価は上がっているということで、
平仄はあっている。

長期的にはアメリカ経済が停滞するという予想
を変えてはいない。
ただ、金融産業の首切りの影響が出てくるのは、まだ先の話だ。
ヘッジファンドも銀行が金を貸してくれなければ立ちゆかなくなる。
しかし、信用危機になるかどうかは別の問題で、
借金を大幅に抱えているのでなければ、いきなり倒産なんて事はない。

どこが本当の底かなんて事はわからないが、
そう感じた人がある程度集まれば本当の底になる可能性は高くなってくる。
そんな兆しを感じた一日だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら