異をとなえん |

MRJの開発決定

2008.03.30 Sun

23:54:28

三菱重工がMRJ(三菱リージョナルジェット)の開発が決定した。
不確定要素がたくさんあって、未来はわからないけど、
夢のある仕事なので成功して欲しい。
前に国産で開発した旅客機YS11の時は失敗した。
理由はいろいろあるけど頑丈だけでは売りにならない。
民間旅客機の場合は頑丈すぎると経済性が悪くなるから、
過剰な頑丈さは技術力の低さといっていい。

今回は少くとも低燃費、低騒音とカタログスペックだけは優れている。
カタログスペックがいいのは、始めて実用化されるギアードターボファンというエンジンを使っているのが大きな理由だ。
結果、機体とエンジンの同時開発という非常に危険な事をしている。
失敗する可能性も高い。
しかし、開発に成功すればある程度は売れる。
リスクある戦いに挑戦する三菱重工の勇気を買いたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

196 金融危機はMRJにとって追い風である

2ちゃんねるでMRJ関連のスレッドを読んで感じたことを書いてみる。 金融危機が始まってから、MRJは受注が全然増えていない。 一番最初のANAから受注した20機で全部である。 しかし、これは明らかに追い風である。 受注が増えていないのは当たり前だ。 実機が出ていない状...