異をとなえん |

なぜ日本には偉大な思想家が存在しないのか?

2008.03.21 Fri

15:57:40

日本には偉大な思想家が存在しない。世界に影響を与えた意味での思想家だけでなく、日本自体に大きな影響を与えた思想家も存在しないように思う。なぜだろうか。

偉大な思想は根本的懐疑が生み出したのだと思う。現在の混迷から未来を見直すために、根本に逆のぼって思索を行なう。自分自身が、今まであいまいに準拠していた土台が本当に正しいかどうかを深く問い直す。何一つとして信じられない世の中にあって、何を信じていいか深く思索した結果が思想として結実し、後世に大きな影響を与えたのだ。キリスト、仏陀、マホメッド、孔子、マルクス全てそうだといっていい。

日本では天皇制が長く続いたことによって、秩序全てが崩壊するという自体が起こらなかった。戦国時代でさえ、天皇から与えられる国司などの称号を戦国大名がありがたく貰っていた。つまり、権威が完全に崩壊する事態が起こらないので、今までの権威にすがって生きている人間が絶望するような事はなかった。その結果として、根本的な革命思想は起こらないし、偉大な思想家と呼ばれる存在もなかった。

日本の思想家は、現在の秩序を肯定するタイプが多い。「武士道」の新渡戸稲造や、二宮尊徳もそんなタイプだと理解される。現在の秩序が保たれ、大きな変化がない中で、どう生きていくのが幸せなのかを追及している。

南北朝時代や幕末の動乱の時代のような、社会秩序が大きく乱れた時代では、天皇の権威を疑うというより、逆に天皇の権威が落ちているから国が乱れたのだ考えた人が多い。「神皇正統記」で北畠親房は南朝の正当性を訴えたが、今までの天皇の権威を否定するのではなく、天皇の権威を継承するものとして南朝の正当性を訴えている。

また、天皇制が続いただけでなく、外敵からの征服や大きな内乱がなかった事も、革命的な思想が生まれなかった理由になっている。もっとも、外敵からの征服や大きな内乱がなかったから、天皇制が続いたわけである。

日本人は保守思想というか、何も考えていなくても、なんとかなっていくというような考えを強く持つようになったと思う。もちろん、偉大な思想というのが、人々の団結を促し社会に大きな変動を与え、どちらかというと流血の事態を招いてきた側面が強い。そういう意味で日本に偉大な思想家が出なかったのは喜ばしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

104

思想は否定の為に、文化は肯定の為に、ですかね。
文化と思想は二者択一か二律背反なんでしょうか。

105 Re:思想は否定の為

ヒルネスキーさん、コメントありがとうございます。

> 思想は否定の為に、文化は肯定の為に、ですかね。
> 文化と思想は二者択一か二律背反なんでしょうか。

文化と思想は二者択一か二律背反というのは、斬新な考えでした。
ちょっと、意表を突かれました。
私の主張をそのように解釈されたのであれば、違うので補足しておきます。

思想自体は必ずしも否定のために生まれるとは限りません。
むしろ、危機の時代において、過去を肯定し、
復活させるために生まれる思想もたくさんあります。

たとえば、南北朝時代に北畠親房は、
天皇の正当性の強く主張する「神皇正統記」を書きました。
たとえば、宗教改革の時代にカソリックの側は
ルターを初めとするプロテスタントの主張に反駁するために、
正しいキリスト教の主張が強く生まれました。

危機の時代、正当性の争いのために思想の純化が求められますけど、
それは必ずしも、否定のためではなく、肯定のためにも要求されます。

文化については、肯定とか否定とかは簡単に言えないでしょう。
肯定を、世の中の流れを押し進めるものと、解釈しても、
文化には両方あるように思えます。

それでは。

229

社会に変動か。
やはり古い考えは壊してより斬新かつ、より良いものがこれからは必要だろう。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら