異をとなえん |

ブログ開設一周年

2008.03.07 Fri

00:10:36

去年の3月7日にブログを開設してから、1年が経った。最初の頃は1000文字の文章を書くにも四苦八苦して何時間もかかっていたが、最近はかなり早くなり1時間くらいで一応書けるようになったと思う。それと共に文章にも気を使う余裕が出てきた。最初の頃の読むに耐えない文章に比べれば、少しはましになっている気がする。

アクセス数も最初の半年は1桁がやっとという感じだったが、最近は100もけっこう超えていて、なかなか順調だ。今日はというか昨日は、アクセス数が375と最高記録を更新した。その前は100から150ぐらいだったから急に増えたことになる。別に一周年記念でアクセス数が増えた訳ではなく、当然他に理由がある。昼ごろ急にアクセス数が増えたので、調べてみると検索ワード「日本文明・世界最強の秘密」で来ている。グーグルをそれで検索してみると、「日本文明・世界最強の秘密」のリストの2番目に私のページが載っていた。それで私のページのアクセス数が増えたわけだ。でも、残念ながら午後6時以降はまた2ページ目に回されてしまいアクセス数も落ちこんでしまった。

本題とは外れるが、このグーグルの検索結果はおかしくないだろうか。私のページが2番目になるというのは、どこからかリンクされているわけでもないので、きっと何かの間違いの気もする。しかし、書名で検索するといつもオンラインの書店が上位に来て、書評のページは最初に表示されない。リンクされている数も多そうなサイトからの書評が書名の検索で上位に来ないのは、なんかおかしい。そこでテストしてみる。アクセス数の多そうなサイトの書評がある本を検索してみると、上位にきていた。なんだ、私の勘違いか。いままで検索していた本は、有名サイトからの書評がなかったので、オンライン書店のページがたまたま上位にきていただけのようだ。

と思ったのだが、しかし、それではなぜ私のページは上位に来たのだろうか。不思議だ。もしかすると、検索結果の表示の順番のロジックが変わったのかもしれない。オンライン書店の順位を落とすような何かだ。そして、結果が一部問題だと言うことでロジックが修正されたならば、私のページの結果表示順の上下動の説明ができる。

グーグルが検索結果の表示の順番をいじっているのは知っているが、それを目撃できたとすると珍しいものを見たことになる。たまたまそれが一周年に重なったならば、いい記念だ。

最後に、私のつたないブログにも毎日アクセスしてくれる人にお礼を申しあげて終わりにしたい。読んでくれる人がいるおかげで励みになります。どうもありがとう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら