異をとなえん |

景気よくなってきた?

2007.04.09 Mon

23:43:17

なんか景気がよくなってきた気がします。
今までみたいにしょぼいのではなく、本格的にです。
でも、根拠はありません。

3月の街角景気指数、5カ月ぶり50超す


 内閣府が9日発表した3月の景気ウオッチャー調査によると、街角の景況感を示す現状判断指数は前月より1.6ポイント高い50.8だった。指数の上昇は2カ月連続で、街角景気の良い悪いの境目を示す50を5カ月ぶりに上回った。雇用情勢の改善を背景に家計部門の回復が続き、飲食関連、旅行などサービス部門の消費が好調だったとみられる。

 景気ウオッチャー調査は3月分としては最も早い景気指標。今年に入ってからの個人消費の回復傾向は3月も持続しているもようだ。ただ、内閣府は「先行きを見極める必要がある」として、街角景気の基調判断を「回復が緩やか」に据え置いた。(20:00)


この調査によると日本経済は少し良くなったみたいですが、特別に良くなったというわけでなく、指数50近辺で少し動いているだけのように見えます。

でも、個人的に良くなったと感じるのは何が原因なのでしょうか。思い当たるふしはありません。でも、気分はなんかウキウキしてきたようです。景気が良くなって欲しいと思う気持が生み出した幻なのでしょうか。

しかし、自分の身の回りをいろいろと考えている内に一つ思いつきました。blogを始めたというのが、原因かもしれません。それが、前向きな気持を持たせ、景気回復の期待を強くさせているようです。

最初書く時は、身の回りにきっと景気が本格的に良くなっている事を示唆する何かを見つけられると思っていました。実際書いてみると、つまらない結果になってしまって残念です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら