異をとなえん |

アメリカ終わった?

2008.02.08 Fri

04:06:56

アメリカ経済は、なんかここに来て本当にダメになりそうな気がする。

ニューイングランド通信 米国住宅バブル - 払えない? じゃあ出ていこう。- その1 -

を見てみると、家のローンが払えるのに払わない人間が出始めたみたいである。中を見ればわかるように、ローンの残高が家の価格とローンを支払い終わるまでの家賃とクレジットスコアが傷付く損の合計を上回れば、ローンを支払わないで逃げ出すのが得な選択となる。アメリカ人は合理的だから簡単にやりそうだ。

ニューイングランド通信 米国住宅バブル

の一連の記事を読むとサブプライムローンもプライムローンもローンの残高が違う事を除けばあまり変わりない気がする。プライムローンは頭金を入れているとか、最初から真面目に金を払っていればローン残高が少なくなっている事を意味する。しかし、プライムローンの人もホームイクイティーローンで借りていれば、ローンの残高はあまり変わりなくなる。結局、家屋の価格がローンの残高を大きく下回れば、破産してしまうのが合理的なのは変わりがない。プライムローンまでが、どんどん破綻するようになれば、金融システム全体が崩壊してしまう。

それがわかっていても、対処方法がよくわからない。阻止するためにアメリカ政府が住宅ローンの貸し手をすべて国有化する事を前提にして、さて何ができるか。

まず、家屋の価格を下がる事を止めなければならない。つまり担保として取った家屋を投売りせず、すべて塩漬けにする。このような状況だと、取引がなくなっていくので、家屋の推定価格は家賃から推測することになる。現在の家屋の値段が家賃の通常の90倍-120倍を超えて200倍から300倍になっているが、取引がなくなれば家賃の通常の90倍-120倍で想定することになる。(数値はアメリカで家を買う条件から抽出)

だから、家賃を下げさせることもできない。担保家屋を貸し出す事はできなくなる。家屋は管理していないと価値が下がってしまう。家が壊れる。浮浪者が住みつく。回りの家屋の価値が下がるので逃げる可能性が増える。管理するには金がかかる。そうすると、この場合一番合理的な選択は担保家屋を処分して更地にしてしまうこと?なんか地獄だな。

じゃあ、どうすればいいか。プライムローンは崩壊しないと祈って、あるいは崩壊してもなんとかなると信じて、やっていくしかないのか。大恐慌の再来だけは勘弁して欲しいのだが、世界経済にどれだけ悪影響を及ぼすかしれない。

こう考えると日本のバブル崩壊は良かった。十年近く、銀行は担保不動産を抱え続け、住宅ローンの借り手は重い借金を返し続けた。全然自慢にならないけど、システム自体の崩壊を防いだだけ、アメリカよりはましな気がする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

20

トラックバックありがとうございます。
もう都市によっては、捨てられた家の管理に困っているようです。
死体が発見されたなんて記事を今日は読みました。(汗)

21

> トラックバックありがとうございます。もう都市によっては、捨てられた家の管理に困っているようです。死体が発見されたなんて記事を今日は読みました。(汗)

Cheeさん、ありがとうございます。

一日おいたらプライムローンのデフォルトがあっても大丈夫じゃないかと意識が変わりました。
捨てられた家の管理に困るようでは、単純に払えなかったら家を取り上げるではなくて、払える金額まで借金をさっぴくというのが一番いい解決策かもしれません。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら