異をとなえん |

日本文化はなくならない

2008.02.05 Tue

03:02:16

伝統的と言われる日本文化は長い歴史がある。雅楽は奈良時代ごろ唐から取り入れた音楽がそのまま残っている。能、狂言、歌舞伎などは、それよりかなり短いけど江戸時代にはあるのだから400年は続いている。その他にも、ずっと昔からある文化が現在にも残っていることが日本には多いように思う。

それに対して世界だと滅んでしまった文化がたくさんある。中国や韓国では、古い時代の本が自国内ではなくなってしまって、日本にしか残っていないなどという話をよく聞く。本当かなと思うが、ある程度は当たっているのだろう。

そこで、日本は特別だと思う人が多い気もするが、少し違う気もする。むしろ、変な事さえなければ文化はほとんど永続的に続いていくのではないだろうか。流行り廃りはある。しかし、続いていくだけならば、どんな文化でも続くのだ。

それでは、世界の多くの国ではなぜ文化が滅んでしまうのだろうか。それは戦争などの影響が一番大きい。戦争、革命などによって、文化の担い手が生きていられなくなる事によって、文化が滅んでしまう。

どんな優れた文化でも、ぱっと見るだけで理解できる事はまれである。ある程度、それを尊重する姿勢があってこそ始めて理解できるものだろう。異民族や新しい王朝などは、意図的に古い物に対して敵意を持っている。その結果、古い文化は打ち捨てられ、滅んでいく。

日本が平和だった事をうれしく思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら