異をとなえん |

「犬と鬼」感想

2008.01.31 Thu

00:54:55

アレックス_・カー著「犬と鬼 知られざる日本の肖像」を読む。痛烈な日本批判の書である。日本の自然伝統が破壊されていくのを黙って見ていられないという真摯な感情が強く出ていて、共感してしまった。

同意というか打ちのめされる事項がいっぱいあって、どちらかと言うと日本称賛派の私としてはいたたまれない気持ちになる。自分はやはりあまりにも世間知らずなのかも知れないと思う。だからと言って全部が全部同意できるわけでもなく、反論したい事もいっぱいあった。

しかし、圧倒的に悲惨な現実の前には、なんとか改革していきたいとしか言えない。少くとも無意味な公共工事を減らさなくてはいけない事は、はっきりしている。2002年4月にこの本が出版されてから、公共工事費がずっと減り続けている事でいい方向に向かっていると主張したい。

ただ、筆者は日本の美しさや伝統を重視して、それを壊す動きを批判している。しかし、河川をコンクリートで埋め立てる事によって洪水から身を守れるならば、それは日本の美しさより優先される事だと思うし、京都の景観が開発によって壊れたとしても、住民がそれを望むならば仕方がない。

これは、東京で生まれ育ち、コンクリートに囲まれ、電信柱が立っている世界を所与の物として受け入れた私には、たぶん本当の自然の快適さというものがわからなくなっているからだ。しかし、たとえそうであっても、コンクリートの土手はふるさなのだ。醜いなんて思えない。

参考文献がないのが、少し惜しい。読んでるだけでは本当に正しいか判断しかねる所があり、より深く調べるために参考にした書籍の記述が欲しかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら