異をとなえん |

勝手にブログ評論

2008.01.21 Mon

04:38:32

404 Blog Not Found:紹介 - 「勝手にブログ評論」評論経由で、

勝手にブログ評論

を実行してみる。

"http://munya.12.dtiblog.com/"を入力してみると、下記のように評論された。

勝手にブログ評論異をとなえん評論

ここに金融政策が出てくるあたりが実にキナ臭い。

総合得点 98点

中央銀行に中国語wikipedia的側面はないだろうか?想像を絶するものとは、コントロールにおける消費者物価指数のようなことを言うのだろう。中央銀行を欲したのは、パリジェンヌだけではない。凡夫の想像を遙かに超越したところに、金融緩和はある。セーヌ川のほとりに、うち捨てられた株価下落がちらほら見える。見るに堪えない。パリでインフレ傾向を手に入れられないとすれば、ニューヨークでコントロールを探してもいい。凡夫の想像を遙かに超越したところに、中国経済はある。パリでマンガ題名を手に入れられないとすれば、ニューヨークでコントロールを探してもいい。プロセスに予想利益率的側面はないだろうか?プロセスを大事にする人は、本物の紳士であると言える。。ドラッカーは「株価下落を叫ぶだけでは、誠に空しい」と言っているアメリカはそもそも金融政策との関連がかねてより指摘されており、それはなにかと言われれば、中央銀行である。地中海の風というのは、予想利益率を彷彿とさせる。金融緩和の素晴らしさは、トマス・ジェファーソンでもうまく伝えることが出来ないだろう。なにかの原因が相対価格にあると考えるのは、幼少期にトラウマを抱えている可能性がある。

であるならば、本当のレディは、中国語wikipediaを嗜む。インフレ傾向はそもそも資産価格との関連がかねてより指摘されており、


訳のわからない所で終っている。凡夫にはどう評価されているかよくわからない。ただ、「凡夫の想像を遙かに超越したところに、中国経済はある。」と書いてあるように、中国経済の理解の難しさは指摘されている。それについては、全く同感だ。

総合得点はどうやって出しているのだろうか。高かったから、つい載せてしまった。人間は単純である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら