異をとなえん |

続:ロジステック曲線上の最初と最後では金利は0となる

2013.06.27 Thu

21:08:31

前回は中途半端なところで終わってしまった。
技術革新が停止した時点での資産価格について少し考えたので補足しておく。

技術革新が停止した状態では、金利が0になり、貯蓄自体がありえなくなる。
そこまでは自明だと思ったのだが、株式みたいな資産の価値がどうなるかわからなくなった。
金利が0になるなら、株式の配当もなくなるのが自然のような気がするし、その場合株式自体の価値もなくなってしまうだろう。
そうするとすべての資産も価値がなくなるのだろうか。
でも、それはおかしい。
たとえば世界に一つしかない貴重な美術品ならば当然価値が生まれるはずだ。
欲しい人がいれば値がつくだろう。
だから資産価格が0になるなんてことはありえない。

それでは株式みたいに一定期間ごとに配当が分配される資産はないということだろうか。
それもおかしい。
美術品を展示して料金を取れば、期間ごとに収益をあげられる。
企業が美術品を所有して収益を挙げ配当を分配するならば、その企業の株式は価値を持つはずだ。
株式は価値を持つけれど、預金や債券は価値を持たない。
何が違うのだろうか。

答えは、預金や債券はお金を投資に回さなければ価値を生み出さないけれど、株式は価値があるものの所有権が変わるだけということだ。
価値があるものの量は有限なので、売買されたとしても富が増えることはない。
それに対して、預金や債券、特に銀行預金は量を無限に増やせる。
だから金利がついていると富が無限に増えていってしまう。
技術革新が止まった世界というのは、新しい富を生み出せなくなった世界だ。
それと矛盾するので金利は0でなくてはいけないことになる。
富が増えるのでなければ問題はない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら