異をとなえん |

「国民国家」は終焉を迎えているのか?

2013.06.22 Sat

20:10:24

境界がゆらぎ崩れていくなかで葛藤が起こっている時代という記事を読んだ。
「国民国家」は終焉を迎えるという主張に疑問を持ったので、反論してみる。

記事の直接の内容は、佐々木俊尚氏の「レイヤー化する世界」の書評だ。
その中で佐々木氏の主張でもある、「国民国家」が終焉を迎えつつあるという主張に同調する形で意見が述べられている。
「レイヤー化する世界」はぱらぱらとめくってみたのだが、どうも意見がピンぼけしているようで、私には具体的に何を主張したいのか焦点が見えなかった。
この書評では「国民国家」が終焉を迎えることに主張がしぼってあるので、反論してみる。

「国民国家」が終焉する理屈は、世界が「場」によって変化し個人が国民国家の境界を越えて動くようになるので、国民国家の重要性が薄れるというものだ。
「場」とかの意味はわかりにくいのだが、下記に引用している部分を読むとなんとなくわかる。

引用開始

佐々木俊尚さんがおっしゃる「場」とは、たとえばサッカーならサッカーが「場」になってきます。そこにいくつものレイヤー(層)が重なっています。J1やJ2といったレイヤー(層)があったり、海外リーグのレイヤー(層)があって、選手たちは異なるレイヤーの間を行き来しています。

(中略)

選手たちはサッカーという「場」で、あるときはヨーロッパリーグというレイヤー(層)、あるときはジャパン代表という「レイヤー(層)」、あるときはJリーグというレイヤー(層)を行き来しているのです。こういったあり方は、ウチとソトが分かれた「国民国家」が主役の時代ではあまり一般的ではなかったことです。
引用終了

要するに、人がいろいろな多面性を持って活動している、それだけの話に見える。
昔は国をまたいだ多面性は珍しかったが、現在ではそれがありふれているということだ。
ただ、多面性を持って活動しているといっても、それは経済的な活動に限定されているのではないだろうか。

「国民国家」の本質は安全保障だと考えている。
外敵から防衛や社会保障だ。
外敵からの防衛は中世だと封建領主によって守られていたこともあるが、歴史を通してほとんどの場合国だった。
社会保障は昔は国の担当範囲ではなくて、家族や宗教団体が担っていたこともあるけれど、近年では国が主体となっている。
これらの安全保障の特徴は、交換によって双方が利益を得ることができる経済関係ではなく、ともすれば贈与によって一方だけが得をする関係ということだ。
防衛活動は健康な男子が主としてたずさわり、共同体が生きのびるならば彼らがほとんどの損を引き受ける。
社会保障も金持ちが貧乏人に対して援助する側面が大きい。
つまり、安全保障は経済活動のような対等な関係から生まれるものではなくて、家族や社会共同体といった連帯感を持った関係でしか成立できないということだ。
現在では「国民国家」がその連帯感を持つ関係に適しているので、世界に広がっている。

「場」という概念は理解した限り、経済関係でしかない。
サッカー選手が急に失業した場合には、サッカー業界が保険みたいなものは提供できるかもしれない。
けれども業界自体が不況によって崩壊すればダメになることもありうる。
誰であろうとも急に困った場合に助けてくれる組織が必要だというのが、普遍的な考えではないだろうか。
その組織というのが「国民国家」ならば、必要性はけっして薄れないだろう。
そして私には、現在「国民国家」以外にそれを担える組織はないように思う。

「場」にはSNSのような交換の関係でもなく、贈与の関係でもない関係が含まれるかもしれない。
社交的な関係とでもいうのだろうか。
ただ、それはいざというとき社会保障の代わりになるのだろうか。
擬似的な共同体には慣れても、地域性がなくては緊急時に助け合うことはできないだろう。
普段からリアルに会っているならば普通の友人と同じことだ。
それだけでは、今の社会保障の代わりにはならない。

戦争がなくなり、個人がホームレスになることなど起こらない時代になれば、いざというときの最後の助け手である「国民国家」は必要なくなるかもしれない。
けれども、少なくとも今はホームレスがいる時代だ。
そのような環境で「国民国家」は終焉を迎えない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント

341

 あなたは専門知識があるようで難しい話が得意なようですね。

今回の話で言えば安全保障とか社会福祉とか勿論国民国家は残るだろうからまああなたの主張はいいんだけど・・・。  しかし大切なのはそういうことじゃなくてですねー、中身なんですよね。

 つまり誰が得して誰が損するのか・・・その程度・・・正当性の話なんですよ。  例えば今世界の先進国は移民に支配されつつあるわけです。 この場合、まあ日本であれば従来の日本人が一方的に中国人や朝鮮人にやられていくことを意味します。  しかも彼らは人権で守られているので排除もできない。  つまり戦争で侵略するよりリスクの少ない確実な戦法と言えるのです。  んでこうなった場合加速度的の国の文化や秩序は失われ、それを取り戻そうとすると害悪の強い強力な秩序を被せていかなくてはならなくなるという負のスパイラルになるのです。  そしてその先には国の解放、つまり終わりがくるのです。勿論中身の意味ですが。

 つまり今までの所謂日本人と日本という関係はなくなっていき、 より強いものに飲み込まれていくわけです。まあ腐ったリンゴの論理ですか・・・。  なぜこの例えを当てはめるのか、簡単です、日本が世界で一番いい国だからです。少なくとも中国や朝鮮よりもね。  飲み込まれていいことはないのに、それを進めていく人達がいる、その人たちにはうまみがあるんでしょうけど。
 
 ・・・みたいな中身の部分が問題なんですよ。表面的には何も変わりませんって、当分はね。

342 Re: あなたは専門知識があるようで

コメントありがとうございます。

どう反応していいかわからないのですが、一応返事です。

> 今回の話で言えば安全保障とか社会福祉とか勿論国民国家は残るだろうからまああなたの主張はいいんだけど・・・。  しかし大切なのはそういうことじゃなくてですねー、中身なんですよね。

国民国家は残るという部分では意見が一致したようです。

大切なのは中身ということなのですが、国民国家の枠組みをどうするかは今後世界中でいろいろと議論になっていくでしょう。
欧米の先進国に流れ込んだ移民に対しては、不況ということで元々いた住民が反発を強めています。
イギリスやギリシャなどでは移民排斥的な雰囲気が強いです。
アメリカも移民法の改正がいろいろと議論になっています。
フランスではフランス語の学習が強制されています。
不況が無節操に取り込んだ外部の住民に対して選別をしているわけです。

その結果国民国家の枠組みの設定を問う対立が今後盛んになるでしょう。
それ自体が国民国家は終焉を迎えない証拠だと思います。

なんとなく、あなたの主張したい話と食い違っている気がしますが、国民国家の枠組み自体をどう設定すべきかという意見に対しては、その国の国民が考えることだと思っています。

それでは。

343

 いやつまりですね、国民国家という言葉は造語だから解釈が多少人によって違うわけだけども・・・。
 あなたの言うように安全保障とか社会福祉が国と国民の間にあるなら国民国家だと言うなら、勿論それは同意しますよと言っているわけです。  
  
 しかし私が思うにこんなもん反対する人いるんですか?誰でも解ることだとおもうんですけど・・・。
 つまりこちらとしては今回の議題は国民国家、つまり国は自国民のために存在し、国民もそのために活動する、みたいな理念がこれからある種の崩壊を迎えていく、つまり実態が背離していく、ことへの警鐘に対するあなたの反論がまるでピンぼけしていたので具体例の一つとして移民の例を挙げ説明したわけです。
  
 それとあなたは自国民が国と国家の枠組みを決めればいいと言うけれども、現在は外国の圧力が絶大なので、なかなかうまくいかないのです。例えば在日の人は戦後のどさくさに紛れて日本に来て在日特権を与えられました。これはアメリカや国連の圧力を利用している背景があり昔は勿論今でももう韓国に追い返せない状態になっています。
 また、民主党には所謂国籍は日本人だけども中身は・・・という議員が大勢いて凄まじい反日活動を行っていました。
 勿論生粋の日本人でも世界を又にかけて活動する経団連などは尖閣諸島なんてどうでもいいから自分達が利益を上げたいと言っていたのは記憶にあたらしいことです。
 まあこれらは具体例のほんの一握りですが、こういう実態を把握することが政治を理解する第一歩なのです。
 ですのであなたの政治の話は難しい言い回しはするけど中身にはまるで踏み込まないので、学生相手の授業みたいになってしまっているきらいがあります。
 それでは国家の舵取りはできないでしょう。

344 Re: いやつまりですね

コメントありがとうございます。
どうも話がかみ合わないですね。
私は人間の相互理解は難しいなどとすぐ嫌になってしまう傾向があります。
それを直したいとは思っているので、もう少し話を続けてみます。

元の大西さんの主張は、「国民国家の枠組みはなくなる、あるいは国民国家の重要性は減っていく」だと思います。

私の反論は、「国民国家の枠組みはなくならない、むしろ国民国家の重要性は増していく」でした。

あなたの意見は、「国民国家の枠組みはなくならない、けれども中の人間は変わってしまう」と私は解釈しました。
私は、「中の人間は変わってしまう」という意見は自分の意見と全然関係ない部分だと感じました。
自分の意見と関係ない部分については、回答しづらいです。
もちろん反応してもいいのですが、話がかみ合っていないのに、論点を拡大したくないです。

> つまりこちらとしては今回の議題は国民国家、つまり国は自国民のために存在し、国民もそのために活動する、みたいな理念がこれからある種の崩壊を迎えていく、つまり実態が背離していく、ことへの警鐘に対するあなたの反論がまるでピンぼけしていたので具体例の一つとして移民の例を挙げ説明したわけです。

文が複雑すぎて意味がうまく読み取れません。
私は、「国民国家、つまり国は自国民のために存在し、国民もそのために活動する、みたいな理念」は続いていくと思っています。
国民の中身が全然変わったとしても、国民の定義が変わるだけで、国民国家の理念は変わらないわけです。
日本という中身が中国人に全部変わったとしても、中国と国が別なら国民国家であることは変わらないでしょう。
そして国民の中身が変わるかどうかという話は、私の意見の対象外です。

どうもあなたの意見が読み取れません。
ピンぼけというのは、私の主張は正しいけれど、論理展開がおかしいとかそんな話なのかな。

> ですのであなたの政治の話は難しい言い回しはするけど中身にはまるで踏み込まないので、学生相手の授業みたいになってしまっているきらいがあります。

「中身にはまるで踏み込まない」というのが価値判断を避けているような意味でしたら、そのように書いています。
価値判断をする前にまず、互いの事実や考え方のフレームワークの共有認識みたいなものができなければ、価値判断は不毛だと感じるからです。

それでは。

345

 難しい文章が苦手なら簡単なつっこみだけでやめといてあげるよ。
 国民国家の重要性が増すかどうかなんて主観で答えるなら何とでも言える。
 しかし実態としてはグローバル社会になれば国家の枠組みは脆弱になる。
 例え福祉が増大してもだ。
 勿論あんたに言わせりゃ重要性が増すと言っただけで実態は関係ないってんだろうけど。
 大体安全保障は連帯感が大事と言いながら移民だらけ、いやオール敵国中国人でも安全保障の重要性は増すってどういうこと?

 それに移民問題ってのは経済の問題が政治の問題に発展するから 今各国の悩みの種になっているのにあんたは単なる経済活動の問題 だと切り捨てる。
 まああんたの引用や解説の仕方が下手くそなので誤解が生じている可能性はあるけどそれはもちろんこちらのせいではないので・・・。
 いやほんと人と人って解りあえないものですよね。
 もっとも今回はちょっとレベル低くてびっくりしていますが・・・。

 

346

あと中身に踏み込まないの意味はな、価値判断を避けているって意味じゃないんだよ、勝手に悦に浸らないでほしいね。
 政治ってのは特に中身や実態が大事な実務の分野なんだよ、
 お前さんは何とか理論とか上辺のへ理屈に終始して考えてるから
何も正しい答えが出てこないわけ、そんなことだから例えば尖閣諸島は日本固有の領土ではないとか、中国に譲って本土まで来たら本気出そうとかアホな考えしかでてこないわけ。
危機管理マニュアルでも作成してるつもりなのか?
そんな低レベルなマニュアルじゃ国家は守れないんだよ。

 

347

 あとな、お前って理解力ない上に頑固だから毎回同じようなヘリクツのこね方するんだけど国民国家の理念、つまり自国民のために政治を行うみたいなことがきちんと守られてるならそもそも中身が全部中国人になるわけないだろ?
 ほんとアホなの?
 勿論戦争でやられたからってんなら日本終わりなわけで国民国家が存続するかとかいう以前の話だけど・・・。
 お前は鳩山と同じ、  なんだか国というものがよくわからない
  てやつだよ。
 それじゃ政治の話してもひたすらぶっ飛んだこと言うだけで議論してもこっちのストレスが溜まるだけだね。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら