異をとなえん |

続:北方四島「面積の二等分案」で妥協すべきか?

2013.03.07 Thu

21:29:19

昨日の記事に補足しておく。
昨日の記事では、ロシアとの平和条約は信頼関係を構築できなければ意味がないと主張した。
しかし、現実主義の立場から信頼などと関係なく、便宜的な関係を構築すべきという意見もあるだろう。
尖閣諸島の問題で日中関係が対立している現在、日露関係が安定していることは重要という観点からだ。
つまり日中の間で戦争が勃発した場合に、ロシアがどちらにつくかは戦争の状況を大いに左右する可能性がある。
尖閣諸島で日本と中国の間で戦闘行為が行われている状態で、ロシアが北方領土を中心として軍事力を集中させれば、それに対応するために日本も侵攻を警戒して軍事力を北方に集める必要性があるかもしれない。
それは必然的に尖閣諸島で戦力不足をもたらし、戦争の敗北を招くだろう。
そうならないための、日露間の外交関係強化という話だ。
長期的な信頼関係は欠如していても、短期的に互いに利益があるならば構わないという発想だ。

けれども、日中の間に戦争行為が起こったとして、ロシアがそれに深く介入しようとするだろうか。
尖閣諸島の問題は戦闘が起こったとしても、短期でかつ尖閣諸島周辺に限定されて実行される可能性が強い。
どちらかが、尖閣諸島を軍事占領して終わる。
その場合、両国の本土の軍事力、経済力は残っている。
ロシアがどちらかに徹底的に味方した場合、戦後に憎しみが集中する。
そして、日本にとって、尖閣諸島より北海道の方が重要だし、中国にとっても、尖閣諸島より中ロ国境の領土の方が重要だ。
どう見ても矢面に立たされるのはロシアであって、火事場泥棒は難しい。
結局、ロシアにとって一番いいのは中立を守ることだろう。

日本とロシアが条約を結べば、日中間で戦争が起こったときにロシアが中国に攻め入るようなことがあるかというとありえない。
日本とロシアが条約を結んでいないと、日中間で戦争がおこったときにロシアが日本に攻め入ることもありえない。
つまり条約を結んでまで日露の関係を安定させる必要性はない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら