異をとなえん |

「矛盾」は矛盾ではない

2007.12.22 Sat

05:17:59

「矛盾」は矛盾ではない、なんて事を昔から考えている。

「矛盾」つまり、どんな楯でも破る矛とどんな矛でも防ぐ楯は両立できない。だから矛盾しているというのが、そもそもの挿話である。しかし、「矛盾」が厳密に矛盾であるためには、矛と楯が接触できる事を証明する必要がある。最強の矛と最強の楯が接触しようとすると、天変地異が発生して互いに近づけなくなるなんて話はなかったか。おぼろげな記憶だと、横山光輝の丹下左膳のマンガなんかで、二つの剣が斬り結ぼうとすると、必ず邪魔が入る話があったような気がする。つまり、最強の矛や楯みたいなものには斥力がある可能性がある。

まあ、こんな大げさな事を言わなくても、最強の矛が最強の楯の前につくような形になっていれば、矛を楯で突くことはできなくなる。つまり、どんな楯でも破る矛とどんな矛でも防ぐ楯が両立できる事になる。もっとも、こういう武器を矛と楯と呼べるかという話はある。つまり、現実世界での矛盾は本当の意味で矛盾しているか難しい話になる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら