異をとなえん |

続々:年末アメリカの株式相場は下げているのに、なぜ日本の株式相場は高値をつけたのか?

2013.01.04 Fri

21:44:18

前回は、基礎収支の赤字化が円安の原因だと位置づけた。
それでは、なぜ基礎収支は赤字になったのだろうか。
経常収支はまだ黒字を保ったままだ。
貿易収支は赤字になったが、所得収支の黒字を打ち消せるほどではない。
それなのに基礎収支が赤字になったのは、海外への直接投資が増えて経常収支の黒字を上回ってきたからだ。

増勢続く日本企業の海外直接投資によると、日本の対外直接投資は増えている。
対外直接投資金額は2008年で13兆円と最大になり、その後金融危機で減少したが、世界経済全体の持ち直しによって回復しつつある。
今までは経常収支の黒字が巨額なので、直接投資が多くなっても円安傾向にはなかなか振れなかった。
しかし、貿易収支の赤字に伴う経常収支の減少によって、直接投資が高い状態を保ったならば、基礎収支が赤字状態になったといえるだろう。

同時に直接投資が高い状態を保っているのは、日本企業の競争力が改善され世界に投資しても十分利益が挙げられるようになったからだ。
対外投資収益率も2011年は6.3%になり4年ぶりに前年超えをした。

なんか全然中途半端なところで、中断。
数字をきちんとした統計で確認しようとしたのだが、時間がかかってしまった。
しかも結局まとまっているページを引用して終わった。

考察したい所があるので、その部分をさらに次回に回す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

536 続々々:年末アメリカの株式相場は下げているのに、なぜ日本の株式相場は高値をつけたのか?

続々:年末アメリカの株式相場は下げているのに、なぜ日本の株式相場は高値をつけたのか?の話の続きだ。 円安が続いている。 89円台も超えてきた。 2010年半ばごろの水準にまで戻ってきたわけだ。 今日の円安の直接の原因は、11月の経常収支が赤字になったことだろう。