異をとなえん |

年末アメリカの株式相場は下げているのに、なぜ日本の株式相場は高値をつけたのか?

2012.12.29 Sat

21:27:51

日本の株式市場は年末、今年の最高値10395.1をつけて終了した。
一方、アメリカの株式市場では値下がりして、ダウが1万3000ドルを割り込んできた。
年初が1万2000ドルで今年はかなり上げたけれど、「財政の崖」が現実味を帯びてきたことで下げている。
問題というか、よくわからないのは、この状況で円安が続いていることだ。
今までの経験から言うと、アメリカの景気が悪くなれば日本の景気も悪くなり、為替相場は円高に傾いた。
今回もアメリカの株式が下落すれば、当然円高株安になりそうなのにそうなっていない。
これが不思議だと思っている。

アメリカの景気が良くなると円安株高になるメカニズムは次のようなものだ。
アメリカの景気が良くなり株価が上昇すると、資金が債券市場から株式市場に流れていく。
債券の価格は下がり、つまり金利が上昇すると、日本の債券市場との金利差が拡大し、日本からアメリカに資金が流出する。
資金が流出するということは、円でドルを購入する動きであり、結果ドル高円安になる。
日本の輸出企業は円安によって利益が増え、結果株式の価格が上昇する。
日本の景気が外需頼みで、自律的に景気が変動しないことを前提として、このメカニズムが成り立っていた。

実際、解散からの日本の円安と株式価格の上昇はアメリカの株式の上昇と連動していた。
日本の株式市場の上昇をリードしたのは外国人投資家によるものと言われているから、上記のメカニズムが働いていたのだろう。

不思議なのは、年末アメリカと日本で市場が連動しなくなっていることだ。
アメリカのダウが年末連続して下げたのだから、上記のメカニズムが成り立っているのならば円高にならなくてはおかしい。
実際ダウが12月18日13500ドルから12月28日12900ドルまで下げるのに合わせて、十年物の国債の金利も1.8%から1.7%近くにまで下げている。
しかし、ドル円相場はそれにほとんど影響されることなく一方的にドル高円安になっている。
日本の国債市場はむしろ金利上昇しているので、金利差はさらに縮まっていて、短期資金が日本からアメリカに流れることは考えられない。

もちろん日本の経済が自律的に回復しつつあり、アメリカの景気に連動しなくなっている可能性もある。
年末、アメリカはアメリカの都合で株式が下がり、日本は日本の都合で株式が上がっているわけだ。
ブログで散々書いてきた日本経済の真の回復がようやく始まったのかもしれない。
しかしそうならば、外国人投資家による日本株式市場の回復もおかしい気がする。
日本に海外から資金が流入するならば、それを打ち消すだけの資金の流出がなくては円安にならない。
単純な金利差による資金の流出がなくなれば、株式投資をする資金の分だけ円高になるはずだ。
また日本の景気が本当に回復するならば、金利も上昇するだろう。
そうしたら円高にならなくてはおかしい。

そういうわけで、日米の為替相場と株式市場のメカニズムが急に説明できなくなって、不思議に思っている。
一応仮説は考えたのだが、その解説は次回に。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

534 続:年末アメリカの株式相場は下げているのに、なぜ日本の株式相場は高値をつけたのか?

前回の続きで、日本で円安株高が続いている理由を考えている。 新年があけて、ようやくアメリカで財政の崖が回避された。 結果ニューヨークダウが急上昇し、ドル円相場も87円台と年末よりさらに上げてきた。 年末アメリカの株式相場は下げ、日本の株式相場は上げていたことから、アメリカの景気回復に追随する日本経済という流れが変わりつつあるというのが私の推測だった。 しかし、後知恵で考える