異をとなえん |

社会はほんの少数の人間で変わってしまう

2012.11.27 Tue

21:26:33

金属に少量の別の金属を加えると、性質が全然違ってしまう。
社会にもそういう現象がある。
犯罪者などはその典型のような気がする。

日本では自動販売機が非常に普及している。
外国人に言わせると、自分たちの国で自動販売機が広まらないのは、すぐ壊され盗まれてしまうかららしい。
納得できる意見ではあるが、どれほど日本と外国とで犯罪率に差があるのだろうか。
たぶん外国も日本も犯罪者はほんの少数だろう。
けれども1%ぐらいの差で自動販売機が普及するかしないかの差が出てくる。

少し前、日本で家に盗みに入る例が多かった。
鍵の更新という話が広まっていた。
最近は減っている。
たぶん、ほんの少しのグループが盗みの活動をした。
それだけの話なのだろう。
そしてほんの数十人の活動で、そこらじゅうの家で鍵を複数つけるとかの行動を取った。
ほんの数パーセントの違いで劇的な変化が出る例だろう。

つまり何が言いたいのかというと、日本人と外国人はたいして変わらないという意見がある。
私も人間なんてたいして変わらないという意見の持ち主なので、基本的には賛成なのだが、だからといってほんの少数の人間の違いも無視することはできない。
上の例のように、劇的な違いを生むからだ。

社会の中で暴力的な人間がそれほど多いとは思えない。
でも、暴力を簡単に振るえる人間を人々は怖く思うので影響力は大きい。
中国の反日デモに対して、ほんの少数の人間がしているだけという意見がある。
でも、社会がそれを取り締まらない限り、暴力を振るえる人間の力は非常に大きい。
「北斗の拳」のマンガではないけれど、社会システムが崩壊すれば、人間は暴力を振るえる者に従ってしまう。
彼らこそがある意味、社会を動かすのだ。
アフリカの内戦でも、そんな状況が現出している。
もちろん暴力を振るう者も、より幸せに暮らすためにきちっとした社会を構築していくはずだから、いずれは安定した社会は構築できると信じている。
でもそれまでには時間がかかる。

つまり無政府状態が安定した社会に変化するまでには時間がかかるし、その間の社会の雰囲気はだいぶ違うはずだ。
その差というものが、犯罪者が国民に占める率の1%ぐらいの違いではないかと思う。
1%がたいしたことないと思っても、たとえば日本では常習犯罪者が1%だと100万だが、2%だと200万という話になる。
残りの国民の%で見ると、99%が98%だと誤差にしか見えないが、実は全然違うわけだ。

金属の属性でほんの少量の金属の付加がなぜ大きな違いを生む原因になるかは調べなかったけれど、人間の社会でもほんの少数の違いが社会の性質に大きな影響を及ぼすのと、同じ理由が働いているように見える。
後でより深く考察してみたい。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら