異をとなえん |

中国の指導部は無能

2012.09.21 Fri

21:33:34

佐藤守さんの記事で、中国が軍事的に侵攻するつもりだという話が面白かった。
中国は軍事侵攻をしないと予想していたけど、実は本気で攻めてくるつもりなのかもしれない。
反日デモも陽動と見るとそうとも取れる。
中国指導部は無能というか、9人もいては意思決定も満足にできないからダメだと思っていたけど、かなり練りこまれた対応の可能性もあるのか?

でもやはり疑問だな。
はっきり言って、もし中国が尖閣諸島を本気で取る気だったら、負けるわけにはいかない。
敗戦は即共産党政権崩壊につながりかねない。
そうすると、日本との海上戦力や航空戦力の差を考えると、不意を突いた方がいいはずだ。
日本の方が優位だろうから、奇襲攻撃で尖閣諸島を占領すべきという話だ。
奪還にはどうするかという問題はあるが、これはもう核の脅しで日本の攻撃を抑える可能性に賭ける。
尖閣諸島を中国が占領している状態で、攻撃されたら核によって報復すると声明を出されたら、日本は反撃が難しくなる。
先のことは見えないが、既成事実を作るしか中国の勝利の可能性が見えない。

そうすると日本が警戒する状態はまずい。
漁船や政府の監視船を尖閣諸島近辺に出没させれば、日本も海上保安庁の船や海上自衛隊の飛行機を出動させる。
奇襲攻撃のためには不利な条件だ。
日本が何も考えずに油断をしている方がずっと有利なはずだ。
もしかしたらというか、用心のために兵力を集めることをさせない方がいい。
やっぱり、中国の指導部は無能なのだと思う。
そういうことを考えると、指導部を7人に減らす提案は危機対応のための本質的な改革案なのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら

498 続:中国の指導部は無能

尖閣諸島紛争での一連の中国政府の行動は統一されていないので「中国の指導部は無能」とけなした。 しかし、外交的なことも含めて考えると中国政府は日本に勝利しているのだろうか。 韓国の尖閣:中国の専門家「日本の一