異をとなえん |

王位戦第4局のコンピュータソフトによる検討

2012.08.18 Sat

21:17:14

今期の王位戦第4局でコンピュータソフトによる面白い検討記事があったのでリンク。

2012年、王位戦第4局、終盤を「激指定跡道場3」で観戦

これを見ると、91手目の15桂打ちが敗着という結論になっている。
gpsshogiでは、93手目の55角打ちでまだ先手がいいといっているが、王位戦中継サイトのコメントによると、詰めろ逃れの詰めろがあって後手勝ちらしい。
gpsshogiの読みはどういうものだったのか、知りたいところだ。

第53期王位戦七番勝負第4局 ▲藤井猛九段対△羽生善治王位 2日目

こちらは2ch名人の記事。
2ch名人は将棋の注目局に対して2chでのコメントと激指11の形勢判断を並べて記事を作っている。
将棋の観戦はこれが一番楽しめる。
王位戦第4局も1日目から記事が作られているが、将棋は終盤が面白いのでこちらだけリンクしておく。

私のサイトにはコンピュータ将棋2012:詰将棋メモから来る人が多いのだが、なぜか2ch名人の記事はリンクしていない。
コンピュータと特に関係していないからかも知れないが、激指の形勢判断が常についているので、2ch名人はプロとコンピュータの実力差を推測するには最適だと思う。
コンピュータ将棋を見ていて2ch名人を見逃している人には薦めておく。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら