異をとなえん |

日本の銀行が日本国債の売買で外国に負けるわけがない

2012.07.31 Tue

21:26:05

日本国債の暴落はないということを、前々から主張している。
ばらばらにいろいろなことを書いているので、どういうことを書いてきたか忘れているのだが、銀行のことを書いていなかった気がするので、付け加えておこう。

日本国債の暴落はないが、金利の上昇、価格の低下はありうると思っている。
現在のデフレ状況から脱却して、普通の経済状況の国への回復だ。
そういう兆しが少しだけど見えてきている。

M&A資金のために日本企業への貸付が増えている。
日本の金融機関の海外への融資が増えている。
日本の銀行が長期債の比率を減らし、短期債に振り替えている。
これらは全て、日本の中で資金需要が生まれつつある現象に思える。
銀行が長期債を減らしているのは、資金需要が生まれつつあるので、貸し付ける資金を確保するために長期に固定している資金を開放しているからではないだろうか。

それでは、なぜ長期国債の利率が下がっているのだろうか。
日本の銀行が国債への投資を抑えつつあるならば、利率が上がって当然のはずだ。
利率が上がるのを止めている原因は、外国からの資金流入だろう。
ユーロ危機、アメリカの景気低迷、中国の成長率低下となんとなく世界経済に暗雲が漂っている。
韓国も不動産バブルが破裂したとか言っているし、インドもおかしい。
世界中どの国も経済不穏な情勢の中で、相対的に日本の経済状況はいい。
1-3月期の経済成長率は年率で4.7%と非常にいい。
この率が保たれるならば、相対的というよりも、絶対的に日本の経済状況はいいことになる。

もっとも大方の見方はエコカー補助金とか復興需要による一時的な消費の増加と見ているらしいので、今後の経済成長率は年率で2%とか1%ぐらいに落ちてしまう予測だ。
私は民間最終消費支出がこのところ1%前後の伸びを続けているので、けっこう4%ぐらいの成長が続く可能性はあると見ている。
設備投資や純輸出の上下で、成長率は上下するかもしれないけど。
日本の成長率の予測については、また別の話なのでおいといて、本題の国債価格の低落に戻る。

日本の成長率が政府の予想通り2%前後でも、世界の中では相対的に高成長だ。
そこで世界から資金が流入することで、国債の価格は上昇している。
だから、日本国債の外国人の所有比率が上昇しているわけだ。

日本国債の外国人の所有比率が上昇すると、一斉に売られた場合大暴落する危険性があるという話が出てくる。
外国人投資家は高値で買って安値で売ることを予想して、取引するほどバカではない。
だからその説はそもそもまゆつばなのだが、それでも日本国内で資金需要が出てきた場合に自然と金利が上昇しても、外国人投資家は売らないのだろうか。
基本的には売らないと思う。
国債価格が下落傾向になったとしても、その場合金利の上昇によって資金がより日本国内に集まってくる可能性が高い。
外国人が投資しなくとも、日本国債の金利が上昇すれば、米国債を買っている日本の機関投資家が日本国債を買うようになる。
それだけで円高だ。
日本国債の価格の下落を円高によって補えば、外国人投資家の日本国債投資も損にはならないだろう。
現在日本国債の投資が世界の中で相対的に安全だからの投資であることを考えれば、投資は続く。

そして今回の記事で一番書きたかったのは、外国人投資家と日本の銀行の日本国債投資では、どちらがうまいかだ。
これはもう日本の銀行がうまいに決まっている。
国債の価格の上下は結局円の資金需要の強さで決まってくる。
その民間需要が一番わかっているのが日本の銀行だ。
外国人には簡単にわからなし、食い込めない。
日本の銀行は民間の資金需要に答えるために国債を売却して、民間企業に貸し出す。
それに対して、外国の投資家は民間の需要もすぐにはわからないので国債の価格の予測も難しい。
国債を売って日本企業に貸すことも難しい。
つまり、外国の投資家は日本国債に対して受け身の投資を続けるしかない。
結局はバブル崩壊後の日本の金融機関が仕方なく、アメリカの国債を買わざるを得なかったのと同じ話になる。

バブル崩壊後、日本の金融機関はアメリカの国債を買わざるを得ず、その資金をアメリカの金融機関は運用して巨額の利益を挙げてきた。
その状況がようやく逆転しつつあると思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら