異をとなえん |

文化の多様性の意味

2012.07.16 Mon

20:46:33

初音ミクのことで多様性を考えた。
文化においては、多様性は繁栄の元になる。
多様性があることで人々の興味をひきつけることができ、人々が集まることで人気のあるコンテントを生み出せる。
けれども、人を集めるのは多様性なのだろうか。
人気のあるコンテンツではないだろうか。
80-20の法則というのがある。
収益の80%を稼ぎ出すのは売上の20%の製品のような事実だ。
初音ミクの歌にしたところで、80%の再生回数は20%の歌だけで成り立つだろう。
感覚的にはもっと少ない数の歌でもっと多くの再生がなされている。

こんなことを考えたけれど、落ちがつかない。
スランプだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら