異をとなえん |

増田悦佐氏の二冊の本の感想

2013.03.14 Thu

21:57:07

増田悦佐氏の本が二冊出ていた。

・「デフレ救国論 ~本当は怖ろしいアベノミクスの正体~」


・「お江戸日本は世界最高のワンダーランド」


「デフレ救国論 ~本当は怖ろしいアベノミクスの正体~」は若干うさんくさい。
基本的にはデフレに問題ないことを主張する本で、今までの理屈と変わりない。
うさんくさく感じるのは説明があらっぽいことだ。
ぱっと読んだ限りで目についたのは、日本が2007年から2011年で高度成長したという部分だった。
それは円高だったからだろ、という突っ込みしか出てこない。
つまり、日本はバブル崩壊以後も実質ではそれなりに成長していたのだが、名目では完全に停滞し、かつ1990年代後半からは円安に相場が振れたので、世界経済においては非常に小さくなってしまっていた。
金融危機以後、為替相場が円高に振れたので今までの成長が急に表面化した。
だから急激に成長したように見えるだけの話だ。
ただ説明では円高になったからだという理屈が全然出てこない。
それは少しいんちきぽいのではと感じた。

「お江戸日本は世界最高のワンダーランド」は江戸時代の日本の話だ。
デフレ経済で、かつ、物質的に成長できない社会では、人々に余暇の時間が増えていく。
その余暇の時間をなんとか楽しく過ごせるように努力することが、経済を成長させる元となる。
江戸時代はその典型例だと理解している。
本には、そのように理解できる実例がたくさんあって参考になる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る