異をとなえん |

続:第二回電王戦1局目、人類がコンピューターに勝利する

2013.03.26 Tue

21:50:22

前回書いた記事に大幅な事実誤認があったので修正しておく。

引用開始

最大の敗因はやはり手の内を読まれすぎたことにある。
対局後の記者会見では、61手目の8八金と寄った局面まで想定だと言っていた。
この局面はもう習甦が苦しそうに見える。
人間的には必勝の局面らしい。
そういう局面に事前準備によって誘導されてしまったことが、最大の敗因だ。
引用終了

阿部四段が61手目の▲8八金と寄った局面まで想定だと言っていたのは、完全な聞き間違いだった。
正確には51手目の▲9八玉と寄った局面までが想定だった。

参照記事:第2回電王戦初戦は人類・阿部四段の勝利!(観戦記)

引用開始

阿部四段 今回▲7六歩、△3四歩、▲2六歩、△8四歩となったんですが、自宅で練習対局をしていたときは▲7六歩、△8四歩、▲2六歩と定跡系で、自分から角交換していかなかったんです。だから一手損の角換わりになってしまいましたが、△4四角▲9八玉までは、▲3七桂、△3一玉の形は入ってますが、ほぼ研究どおりでよかったと思います。
引用終了

どうも習甦の負けがソフトを貸し出したことが原因だと思いたくて、記憶を改変してしまったようだ。

本番の習甦が貸し出したソフトと基本同じならば、その後の手も同じだろうと考えてしまった。
しかし阿部四段が説明したように、▲3七桂△3一玉の手が入っていないと、かなり手が変わってくる。
王手で飛車を打ち込む手があるので、▲9八玉と寄った後では△3一玉と入る手も有力だ。
それらを考えると、前に指した対局と今回の本番の対局とでは、その後の展開は全然変わっていたのだろう。

この将棋の勝負所は9八玉以後だと思うので、阿部四段がソフトの貸し出しと関係なく実力で勝ったことは間違いない。
阿部四段の勝利をソフトの貸し出しのせいだとしたことを謝罪する。

事実誤認を反省して、冷静な目で見てみると、今回の敗北の原因は習甦が単に弱かっただけだ。
71手目の▲5一角打ちから、なんと0手で馬に変化してしまう、ひどい習甦の指し手があった。
形勢不利なところから水平線効果が発生したと思っていたが、このぐらいは抑止できなければおかしい。
実際△3九角成りから馬になって戻っておく有効な指し手は指せたはずだ。
それなのにできなかったのは、水平線効果を抑止する処理になんらかのバグを埋め込んでしまったからではないだろうか。
そう考えると、51手目の▲9八玉から習甦がなんか攻め急ぎ過ぎた原因がわかる。
先読みし過ぎて形勢が苦しくなるので、安易に手を伸ばそうと強制手を指してしまう。
60手目の△6七金打ちは、その典型に見える。
これは私のような弱い人間にも悪手に見えるのだから、かなり悪い手だろう。

習甦開発者の竹内氏は「途中開発でうまくいかない部分もあったのですが、何とか間に合って戦えたことはよかったです。」と言っているが、実際は問題を残していたのではないだろうか。
長時間floodgateに、本番少し前定跡データベースを使用しないで参加したことなども、開発がかなりドタバタしていたからではないか。
長時間での戦いの能力向上を図るならば、もっと早めに参加させるべきだし、単に最終確認するためだけならば、できるだけ本番と同じ状態で動作させるべきだ。

結局、習甦の敗北の最大原因は開発がうまくいかず、戦う状態に仕上げられなかったことではないだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

第二回電王戦1局目、人類がコンピューターに勝利する

2013.03.23 Sat

21:51:27

第二回電王戦1局目が終了し、阿部光瑠4段が見事に勝利して終わった。
コンピュータ将棋ソフト派としては正直残念なので、愚痴をこぼして終わろう。

(2013年3月26日追記:大幅な事実誤認があったので削除した。内容の変更は追加の記事で確認して欲しい。)

最大の敗因はやはり手の内を読まれすぎたことにある。
対局後の記者会見では、61手目の8八金と寄った局面まで想定だと言っていた。
この局面はもう習甦が苦しそうに見える。
人間的には必勝の局面らしい。
そういう局面に事前準備によって誘導されてしまったことが、最大の敗因だ。


ただ6五桂からの仕掛けが本当に成立していなかったのか。
阿部4段も玉が囲いに入ってからだと、無理攻めかどうか判断できないと言っていた。
8八金と寄るまでの習甦の指し手に問題があったような気もする。
6九銀と打った局面では7七銀に打った方が良かったのではないかという問題も含めて、他のソフトに比べて弱い印象を受けた。
実際、習甦はfloodgateのレーティングでは2750くらいで、他のソフトが3000ぐらいだから、250近く差がある。
200差があると勝率は75%になるのだから、他のソフトに比べてかなり弱い。
その差がもろに響いた感じだ。

マシンスペックもgps将棋、Puellaα、ponanzaがクラスター化によって、本番ではかなり強くなることが予想されるのに、習甦はfloodgateで使用しているマシンと同じみたいであまり変わらない。
それらのソフトは相手にソフトを渡して研究されても、本番では違う局面が想定される。
マシンスペックが変わらないと同じ局面が想定されるならば、やはりソフトを渡したこと自体が無謀だ。
一番力が弱いソフトが選ぶ道ではない。

他にもなぜ習甦は定跡データベースを使用する方法で戦ったのだろうか。
使うのはいいのだが、それだったら長時間floodgateでも定跡データベースを使う方向で確認をしておくべきだろう。
長時間floodgateでの戦いが二局しかないことも含めて、事前準備が不十分に思える。
阿部光瑠4段が持ち時間4時間で20局近く指したという話を考えると、熱心さが大差であった。
5一角と打たれた後の変な手順も含めて事前調整に失敗したように思える。
本番まで強くしようといろいろ試行錯誤をしていて、かえって弱くなった感じだ。

今後の人間対コンピューターの対局の展望はどうだろうか。
角換わりの将棋で端歩を微妙なタイミングで突いて、突き越しを狙う作戦は有力に思える。
端歩を突きこすのが有利だというのがプロの共通認識らしい。
しかしソフトでは自力で指すことを前提とすると、その利がずっと先の局面にあるので判断することが難しい。
どうしても端歩の突きこしを許して、別の部分で得をしたくなる。
そうすると6五桂からどうしても攻めたくなるわけだ。
人間は6五桂からの仕掛けを無理だと判断している。
しかし、コンピューターの評価値が絶対正しいとも言えないように、人類の判断も必ず正しいわけではない。
定跡データベースに組み込んで端歩を受けるように改良するのが難しいならば、なんとか細い攻めをつなげられる道を模索するしかないだろう。

角換わりの将棋で端歩を受けずに突きこされるのはgpsfishもたくさん指していた。
クラスター化によって、gpsfishがgps将棋になると端歩は受けるようになるのかどうか、端歩を受けなくとも攻めをつなげることができるのかどうか。
人類の本気も含めて興味深い戦いが続いていく。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

キプロスの問題がなぜ民主主義の問題になるのかわからない

2013.03.22 Fri

21:58:56

「ヨーロッパの一級市民たちと二級市民たち」ではキプロスの問題が解決できない原因を、民主主義が国民のエゴイズムによって、正しい選択ができないからだとしている。
この理屈がわからない。

基本的な問題は簡単で、借りたお金は返しましょう、というただそれだけの話だ。
政治システムがどうであろうとも、その決定によって借金がなくなる理由はない。
借金は返さなければ永久にそのままだ。
民主主義国家だと国民の支持が得られないから、借金の返済のための負担を認めないというのは理屈に合っていない。
どんな国でも負担が増加するのは嫌だろう。
借金だって返済しなくて済むならば誰だって返済しない。
けれども借金を返済しないと、たいていもっと状況は悪くなる。
だから、借金を返すために必死になって努力する。
借金を返すのは当然の義務だということを、モラルとして国民に教えようとするわけだ。

国民が反対するから、議会が税金を増やすのは認めないというのはそれでいい。
問題は借金を返済するのと借金を踏み倒すのと、どちらがより負担が大きいかだ。
キプロスの場合今回の解決案を拒否すれば、間違いなく銀行は倒産する。
今回の預金に対して超過金をかけるといった法案の具体化によって、銀行が再開されれば全ての預金が一斉に引き出されるのは目に見えている。
だからECB(ヨーロッパ中央銀行)が銀行に対して流動性を供給しなければ、銀行は倒産必死と見て、預金の返済を認めず破綻処理をすることになるだろう。
そうなれば、税金として預金の10%前後が取られるより、さらに大きい負担を迫られることは必死に思える。
10%前後の超過金を払うことで、預金が戻ってくるならば、その方がいいに決まっている。

キプロスの議会は何か別の方法がないかと、預金への税金を拒否した。
しかし、今のところ代替案はなく行き詰っている。
銀行を閉鎖し続け、預金を封鎖できていれば、このままの状況を維持できるかもしれない。
しかし、それは金融システムが麻痺しているのと同じことだ。
遅かれ早かれ、銀行の活動を開始する必要がある。
そして究極の二者択一を迫られるわけだ。
たぶん、EUとキプロス政府との合意がなければ、銀行は破産申請を出さざるを得ない。
議会も全面カットよりは、10%減ですむ方がいいと理解して、たぶんギリギリで預金への税金法案は通る。

北欧圏の国々では、民主主義によって南欧の国々への援助を拒否している。
それはエゴイズムだと評されているけれど、むしろ自分たちの金を喜んで出す国がある方が不思議で仕方がない。
今回援助をしないのも当然だろう。
援助しないことで、その他の国も預金の取り付け騒ぎが起こる可能性があるかもしれない。
けれども、それはECBが援助してくれさえすれば対処できる。
ECBがキプロスと他の国との間で差別していることではない。
EUとの間できちんとした借金の返済計画ができるならば、一時的な借金は認めるそれだけだ。
しかし、きちんとした借金の返済計画がなければ、一時的な借金は踏み倒される危険が大きくなるので、キプロスには無制限の流動性は許可できない、それだけの話だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

電王戦展望

2013.03.21 Thu

22:07:32

いよいよ今週の土曜日から電王戦が始まる。
初戦に登場する習甦も長時間floodgateにようやく登場した。
そこで衝撃が走る。
習甦は序盤から時間使いまくっていて、なんと定跡データベースを使っていない。
横歩取りの将棋で先手が飛車先の歩と取る手に10分以上かけている。
対局相手のPuppetMasterが定跡を抜けたのは20手前後だが、そこまでで習甦は1時間以上使っているのだ。
二日後が本番なのだから、今回の対局は本番用ソフトとマシンの最終確認のためと見るのが妥当だ。
そうすると本番も定跡データベースを使わないで指すつもりなのだろう。
本当にそうなったら、ある種異様な対局風景になりそうで、いきなりわくわくしてきた。

定跡データベースを使わないというのは、普通に考えれば悪手である。
定跡を最善手と仮定してその中からランダムに選択する、現在の使用法では問題も多い。
定跡と言っても基本的にはプロが複数回指した手を集めただけだ。
だから、定跡だけど実は優劣がはっきりついている場合取り返しがつかなくなる。
ボンクラーズが角換わり腰掛銀同型から何度も負けていたようなパターンだ。
それを考えると、最初から自分の実力で戦うのは一つの方法だ。
ランダムに選んだ定跡が悪くて負けた場合の後悔がなくなる。
習甦が定跡データベースを使わない選択をするならば、やはり自分の実力で勝負するという側面が強いのだろう。

しかし、定跡データベースは再構築できる。
末端の局面を評価して、評価値をデータベース上に持つようにするならば、悪い局面をたまたま引き当てるようなことはなくなる。
事前に着手の思考をするようなものだからだ。
定跡データベースの全ての着手の評価値を求めるのが大変ならば、小さくしたデータベースのみで評価すればいい。
矢倉や角換わりの将棋みたいに長い定跡は落として、10手ぐらいの局面だけで評価値を設定すればそれほど手間をかからない気がする。
少なくとも横歩取りの2四の歩を取る手に10分も使うのは時間の無駄だ。

習甦はともかくとして、他のソフトは定跡データベースを使ってくるだろう。
そうするとどういう定跡を選択するかが、一つの興味対象となる。
長時間floodgateの対局を見ていると、少なくともgps将棋は居飛車を選択する可能性が高い。
gpsfish同士の戦いを見るかぎりでは、相掛かりか横歩取りの戦型ばかりになっていた。
双方ができるだけ評価値が有利になるように努力する結論が、相掛かりが横歩取りなのかもしれない。
振り飛車の将棋は飛車を振った側の勝率が高くなさそうなので、コンピュータは避けそうだ。

コンピュータ将棋ソフトとプロ棋士の対局予想では、コンピュータには時々わけのわからない疑問手を指すからプロが勝つという意見が多くある。
今回のgps将棋に勝ったら100万円のイベントでは、東大香得定跡という、gpsfishが香損をして攻めてくるというパターンが見つけ出され、人類が中盤まで優勢に進めている将棋がたくさんあった。
プロがその後を指しつげば楽勝というわけだ。
しかし、それは簡単に起こらないのではと思う。
まず、今回のgpsfishの不利なパターンが発見されたのは、公開されているソフトをそのまま使い、環境も大体似通った形で再現できたからだ。
電王戦本番ではソフトもマシンも最新のものにあげてくるだろう。
そうすると、現在の対局で見つけた問題の着手は再現されない可能性が強い。
もう一つの起こらない理由は、コンピュータが疑問手を指したのは時間が短かいからという可能性が高いからだ。
ネットでは思考時間を延ばせば指さなくなるという意見も出ていた。
本番の電王戦では4時間という持ち時間がある。
コンピュータが序盤で疑問手を指す可能性は少なくなっている。

コンピュータの弱点として、入玉の将棋が苦手というのは一番にあげられる。
実際去年の将棋ソフトで入玉対応をきちんとしているソフトはなかった。
けれどもgpsfishはかなりのところまで入玉模様の将棋に対応してきている。
実際今回のgpsfishとアマの対決では、旧バージョンを使ったときの例外を除けば、入玉でgpsfishが負けている将棋はない。
むしろ、前に指摘したアマが入玉直前に頓死した将棋では、gpsfishは非常にうまく指していたと思う。
相手が一気に入玉に成功したとしても、できるだけ相手の駒を減らし、大駒を取ってしまえば、宣言勝ちは十分に起こせる。
そういう意味で入玉をとにかく目指すという戦略は破綻しつつあるだろう。

今までコンピュータの弱点というものは既に改善されつつあるという指摘をしてきた。
それでは人類に勝ち目はないのだろうか。
そうでもない。
コンピュータ同士の戦いを見ていると、当たり前だがどちらのソフトもミスをしないということはありえない。
形勢判断が真っ二つに分かれていれば、どちらかのソフトがミスをしていることになる。
最近のfloodgateでそんな将棋の典型例があった。
PuppetMasterとgpsfishの対局で、gpsfishは最後の一手が指されるまで自分の方が勝っていると信じていた。
それがPuppetMasterの最後の手で自分の玉には必死がかかってしまい、相手玉は詰ますことができないことがわかって投げている。
gpsfishは時間がたくさんあったにも関わらず、その手を見落としていた。
gpsfishの詰みルーチンが入っていないことなどが理由かもしれない。
本番ではそこらへんも改善されてきているだろう。
けれども、詰めろ逃れの詰めろから必死に持ち込んで勝つような将棋では、最終的な判断がつくのに手数が非常にかかる可能性がある。
コンピュータはそういう手数が長くなる将棋に弱いのだ。
人間は相対的に強い。
そういう将棋になって、人間が勝利する可能性もあるのではないかと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

星界シリーズの最新巻が出る

2013.03.19 Tue

21:24:40

驚いた。
星界シリーズの最新巻が出る。

一体何年ぶりだろう。
もうストーリー覚えてない。
それでも確実に買う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

キプロスで預金に課徴金をかける

2013.03.18 Mon

21:52:35

どうも調子が悪くて仕方がない。
先週は一本しか投稿できなかった。
記事を書かないでいると、ますます書けなくなってしまうので、とにかく意味のないことでも書いておく。

キプロスの金融危機に対して、EUは支援の条件として預金に課徴金をかけることを要求し、キプロスは受け入れた。
その余波が世界中を駆け巡っている。
EU内のどの国でも預金に課徴金をかける可能性があることから、スペインやイタリアのような財政危機にある国で銀行から預金を引き出す動きが広まる可能性がある。
それは金融パニックを誘発し、世界大恐慌の再来などと考えてしまいそうだ。
どうなるか心配だ。

日本でも同じように預金に対して課徴金をかけるかもしれないと脅す話が出回っている。
そんなことはない。
何度も書いている気はするのだが、日本の財政危機が深刻化して返せない状態になっても、常に日本では借金によって資金を集めることができる。
今回のキプロスの場合のように、預金に対して10%ぐらいの課徴金をかける必要が生まれたとしても、その分借金をすればいいだけだ。
借金をし続ければ、いつかはインフレになることで、国民から税を取り立てる話になるのだが、円を使っているかぎり逃れようがない。

つまりキプロスのようにユーロという通貨を導入した国は、容易に国民から財産を盗むことはできない。
だから、預金封鎖のような荒事を使ってでも、取り立てる必要があるわけだ。
それに対して、日本は自国通貨建てで経済が回っているので、幾らでも国民から搾り取ることができる。
だから預金封鎖をして課徴金をかけるような荒事はしないで済むわけだ。

これは日本が恵まれているというより、本質的には日本国民にとってはよくないことだ。
自分たちの金が知らない所で盗まれることだからだ。
ただ預金封鎖を心配するのは馬鹿げている。

日本の国債が膨大だから日本円のハイパーインフレが怖いとは言っても、外国に預金をすれば助かるともいえない。
むしろ今回のように外国の方が危ない。
安易に外国に資産を移せという主張がおかしい理由だ。
キプロスに預金している日本人がいたら大変だろう。

日本でも財政危機によってハイパーインフレが発生することがあるかもしれない。
しかし、その場合その前にインフレによる非常に景気のいい時代が来るはずだ。
それからハイパーインフレの心配をしても十分間に合う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

増田悦佐氏の二冊の本の感想

2013.03.14 Thu

21:57:07

増田悦佐氏の本が二冊出ていた。

・「デフレ救国論 ~本当は怖ろしいアベノミクスの正体~」


・「お江戸日本は世界最高のワンダーランド」


「デフレ救国論 ~本当は怖ろしいアベノミクスの正体~」は若干うさんくさい。
基本的にはデフレに問題ないことを主張する本で、今までの理屈と変わりない。
うさんくさく感じるのは説明があらっぽいことだ。
ぱっと読んだ限りで目についたのは、日本が2007年から2011年で高度成長したという部分だった。
それは円高だったからだろ、という突っ込みしか出てこない。
つまり、日本はバブル崩壊以後も実質ではそれなりに成長していたのだが、名目では完全に停滞し、かつ1990年代後半からは円安に相場が振れたので、世界経済においては非常に小さくなってしまっていた。
金融危機以後、為替相場が円高に振れたので今までの成長が急に表面化した。
だから急激に成長したように見えるだけの話だ。
ただ説明では円高になったからだという理屈が全然出てこない。
それは少しいんちきぽいのではと感じた。

「お江戸日本は世界最高のワンダーランド」は江戸時代の日本の話だ。
デフレ経済で、かつ、物質的に成長できない社会では、人々に余暇の時間が増えていく。
その余暇の時間をなんとか楽しく過ごせるように努力することが、経済を成長させる元となる。
江戸時代はその典型例だと理解している。
本には、そのように理解できる実例がたくさんあって参考になる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る