異をとなえん |

電王戦でのコンピュータソフトの貸し出しについて

2012.12.18 Tue

21:57:28

第二回電王戦で開発者側が棋士に対してソフトを貸し出すかどうかが議論されている。
貸さないのは卑怯だとか、貸してくれと頼むのは卑屈だとか、ネットではそういう批判が飛び交っている。
私は貸す必要はないと思うのだが、別にソフトに勝って欲しいから言うのではない。
できるだけ見て面白い将棋を見たいから、そう思うのだ。

我々は強い人がソフトに対して普通に戦ったところを見ていない。
現在最強のソフトが強い人に対して普通に戦った場合どうなるか、まずそれを知りたい。

清水女流プロとソフトあからとの対戦は見たし、それはそれで面白かった。
しかし、双方の力が弱すぎて、たぶん最善にはほど遠い。
ヘボ同士が戦って、たまたま最後に上だった方が勝ちにも見える。
肝心要の部分で戦わず、あさっての部分で戦っている将棋は興をそがれる。

米長氏とソフトボンクラーズの対戦では、二手目6二玉という奇襲戦法に出てしまった。
ボンクラーズ向けに練り上げられた作戦なのだけれど、なんというかがっかり感がある。
相手が誰であってもいいように、盤上最善を目指しているかというと疑問だ。
自分の現在の力のことを考えて、入玉模様の将棋を目指したのだろうけれども、人間相手に指さないだろう将棋を指すのはソフトに特化しすぎている。

私はおいしい部分がたくさん見られる将棋が見たい。
おいしい部分というのは、中終盤アマには見えない、目が覚めるような手が飛び出すことだ。
劣勢の側がそれを繰り出して逆転するのが、観戦する者としては一番面白い。
そういう意味では、渡辺竜王とボナンザの対戦が一番面白かったと思う。
渡辺竜王がボナンザの力を最大限に引き出し、終盤逆転した。
どちらにも見せ場があって、面白かった。

早指しではボンクラーズやponanzaの対局が将棋倶楽部24でたくさん行われた。
それらの対局では、序盤ソフトの側が少し悪く中終盤に多くの場合逆転していた。
早指しではソフトの力が人間を上回っているのは確実と思われる。
しかし長時間の場合はどうだろうか。
序盤ソフトは劣勢に陥る。
それをなんとかひっくり返そうと、ソフトは難解な手を繰り出してくる。
人間が逆転を許すか、許さないか、そこらへんが見所ではないかと勝手に思っている。
実の所、米長ボンクラーズ戦もそれに近かった。
米長氏が勝負所で全然ダメな手を指さなければ、手に汗握る展開もありえた。
しかし人間はぽきっと折れてしまい、終わった。

今回の対局では、やはりまず盤上最善の一手を目指して指す将棋が見たい。
相手がどういう将棋を指すが全然わからないで指すような将棋だ。
そういう将棋こそ一番力量がわかると思う。

ソフトをプロ側に貸し出しても、傾向を分析するぐらいならばいい。
けれども、散々指して普通に指しても勝てそうにないから、バグを探すような手段になってしまったらつまらなくなる。
たとえば、誰が見ても人間の側が敗勢なのに、コンピュータがバグで投了してしまう。
そんな将棋は見たくない。
稲庭将棋みたいな将棋も面白くない。

ソフトと人間が普通に戦う将棋をまず見たい。
逆に言うと、普通に戦って人間が勝てないと思うならば、まずその将棋を公開して欲しい。
米長氏はボンクラーズとたくさん将棋を指した。
その将棋については良くわからないが、本番が終わった後ならば公開できるのではないだろうか。
上で述べた将棋の一番面白い部分が詰まっているような気がする。
米長ボンクラーズの普通の対局を見れば、ソフト用の作戦にも納得できるのだろうけれど、そうでないと結末だけ知らされる勝負でつまらない。

結論としては、練習用の対局を本番後に公開する条件をつけて貸し出すのがいいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る