異をとなえん |

対馬と尖閣諸島の違い

2012.08.21 Tue

21:26:33

領土問題についての記事が続いているが、また一つ追加してみる。

韓国に対馬は韓国の領土だと主張している人たちがいる。
今のところ政府としては流石に主張してこないが、国会議員の中にもそういう人たちはいる。
これに対してどう対応したらいいのだろうか。

基本的には無視すればいい。
対馬が韓国領などと言う主張は、江戸時代ごろ対馬藩が形としては朝鮮に対して頭を下げていた事情によるだけだ。
近代レベルの領土とは関係がない。

しかし、これは中国の尖閣諸島に対する主張とは違うのだろうか。
中国や韓国の側から見るとあまり違いはない。
どちらも古代や中世の領土的な意識はあったかも知れないが、近代の領土という意識はない。
実効支配をしていないから、現代ではとうてい自国領には値しないが、因縁をつけるだけだったらできるという話だ。
違ってくるのは要求されている日本側だ。
対馬は魏志倭人伝のころから日本人が支配してきた土地であって、まさに固有領土というしかない。
この地は日本列島を灰にしたって守らねばならない領土だろう。
だから本当に軍事的に攻撃してくれば防衛するだけの話だ。
本当にその危険性があるならば、軍事力をできるだけ強化して対応すればいい。

尖閣諸島は違うわけだ。
少なくとも対馬とは同一視できない。
固有の領土ではないから、裁判で争って負ければ放棄できる、そういうレベルの領土だ。
もちろん、日本領になったのが最近だと言っても、日本の領土と言えることは確かだろう。
けれども、日本列島を灰にしてまで死守できるかといえばそうではないのだ。
戦争をして勝てなかったら放棄できる、そういうレベルの領土だ。
対馬は逆に戦争に負けて取られても、必ず取り返さなくてはいけない領土だろう。

対馬はそういう覚悟があるから、韓国が何をいってきてもあまり気にする必要はない。
もっとも、本気で主張してきたら、流石に韓国を敵国認定して、外交的経済的には全面対決する必要はあると思うが。

つまり対馬は人間の体でいう腕とかのレベルに相当するもので、金をもらえれば放棄できるようなものではない。
脳や心臓と同じ一体のものとして行動するだけだ。
それに対して、尖閣諸島や竹島は同一の体というには無理がある。
近代以後に領土として組み入れたものに過ぎない。
だから面倒であっても、隣国と争っていくしかない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る