異をとなえん |

オリンピックサッカーメキシコに負けた

2012.08.08 Wed

20:56:59

やる気が全然おきない。
サッカーで日本男子がメキシコに負けた。
がっかりする。
いろいろと自分に対しての言い訳を用意して負けたときのショックを和らげようとしているのだが、それでもつらい。

最初の1点を取ったときは日本強いと思い、さらに得点を取れるかとも思ったのだが、戦況は段々悪くなっていく。
ただ押され気味の展開は今までもそうだったので、そんなには気にならない。
コーナーキックからメキシコに点を決められるけれど、予想通りというか、あの戦況ならばいいシュートをいつか打たれて点を取られるのはしかたがないと思っていた。
しかしまだ同点で、これからが勝負だ。

さらに日本の守備のミスからメキシコが1点を加え逆転する。
あれも当然か。
日本が全般的に押されている中で失点するケースをどれだけ見たことだろう。
日本の典型的な負けパターンに見えてきた。
けれどもまだ時間はある。
同点にして逆転してくれると信じて、見続ける。

しかし日本の攻撃は最後までピリッとしない。
完全に前がかりになって攻めて、逆にカウンターを決められて3対1で終了した。
うーん、つらい。

敗戦の原因は何だろう。
やはり44年ぶりのリベンジというメキシコの執念が日本を上回っていたような気がする。
オリンピックの男子サッカーはどこのチームも優勝のチャンスがあると思っていた。
けれども総力戦になったときに、最高の選手を集められなければやはり難しい。
メキシコはオーバーエイジも含めて体制が整っていた。
日本は香川を召集できなかった点が最大の弱点だった。
オリンピックサッカーの位置づけが今程度だと、今後も金メダルの獲得は難しい。
ワールドカップにより努力を傾けるしかない。

3位決定戦は日本対韓国になる。
世界レベルの大会での日本対韓国戦は初めてだろうか。
アジアカップではオシムが監督のとき3位決定戦でPK負けした。
どうも韓国の執念に勝てる気がしない。
韓国は世界大会でメダルを取れば兵役が免除される。
凄まじい気迫で向かってきそうだ。
日本人選手には怪我とかして欲しくないし、難しいところだ。
韓国選手は怪我をしなくとも、負けて兵役に行くと、サッカー選手として人生を棒に振るかもしれない。
こんなことを考えること自体が韓国に対する負けフラグだろうけれど、それでも考えてしまう。

しかし韓国と日本が3位決定戦でぶつかるのは、客観的には日韓がライバルであることを世界に証明している。
ライバルとして日本が勝ってほしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る