異をとなえん |

ユーロ共同債もECBの国債買取も解決方法にならない - ギリシャ危機の本質(その5)

2012.06.30 Sat

20:57:03

ドイツのリーダーシップに対する批判は強い。
ドイツが緊縮財政一本やりで、経済成長を軽視しているから、EUは危機に瀕しているというわけだ。
ユーロ共同債を認めるか、ECBが国債を積極的に購入しろと主張している。

実際単にドイツが積極的な財政政策に転換するだけでは十分ではなくなっている。
国債の金利が急騰し、資金繰りに余裕がなくなっているスペインやイタリアに即効性のある対策が求められている。

けれども、ユーロ共同債やECBが国債を積極的に購入することが認められるだろうか。
それらはどの国でも好き勝手に財政赤字を出していい権利になってしまう。

ECBが国債を買い続ければ、最終的にはインフレにいたる。
インフレはユーロを持っている全ての国が分担することだ。
特定の国の好き勝手な消費の後始末を、他の国が認めるわけがない。

ユーロ共同債も同じことだ。
ユーロはECBが管理するならばインフレにはならないかもしれない。
でも各国が好き勝手にユーロ共同債を発行し続ければ、ある意味無限に増え続けてしまうだろう。
実際ユーロ成立時、金利が大幅に低下しドイツと同じようになった各国は国債を大量に発行するようになった。
今回もユーロ共同債ができれば、金利は下がるわけだから、なんの制約もなければ同じように、支出は膨張していくことになるだろう。

結局なんらかの制約がなければ、ただ乗りしようとする誘惑を防ぐのは難しい。
そうすると必要なのは財政同盟という話になる。
各国の支出を監督して、制限を加えるわけだ。
ドイツはそう主張している。
南欧諸国も賛成してよかろうと思うのだが、あまり進んでいない。
銀行同盟を主張するにしても、財政同盟と同時進行でいいはずである。
それを拒否するのは、ドイツから見ると南欧諸国は財政支出を制限する気がないと同じだ。

そもそも危機に陥った国は、EUに支援要請をすれば助けにきてくれる。
ギリシャを除けば債務も保証された。
IMFからの支援もあるのだから、これで何が問題かという気もする。

なんか、まとまらなくなってしまった。
この続きは次回に。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る