異をとなえん |

「専門家の予測はサルにも劣る」感想

2012.05.23 Wed

20:30:17

ダン・ガードナーの「専門家の予測はサルにも劣る」を見る。

面白い。

いい悪口というのは、なんかわからんけれど本当に書いた人が賢く見える。
この本も、専門家が物事の未来を予測するときになぜ外しやすいかを批判していて説得力がありすぎる。
納得してしまう。

トインビーの「歴史の研究」がなぜダメなのかの言及がある。
専門家は自分の理論に従ってバイアスをかけて物事を見るからという。
ジフという人の今回の経済危機に対する警告がなぜ当たったかについての言及があり、そしてなぜ当たらなかったかについての言及がある。
同じことを言い続けていれば、たいていはいつかは当たるからだ。
予測の実現時期についての言及がなければ、予測はあまり役に立たない。

その他に日本経済が1990年ごろ好調で、アメリカを抜くという予測が広まっていたという話がある。
その後の現実を見ると全然当たっていないのだが、予測が広く信じられたのは未来が過去の変化の延長線にあるという仮定が間違っていることを説得力を持って語る。

人間の予測が直前に聞いた数値に影響されるという話も面白い。
ガンジーが6歳で死んだのは本当かどうかをたずねた後ガンジーが何歳で死んだかを聞くのと、ガンジーがずっと歳を取って死んだのは本当かと聞いて、年齢をたずねるのとでは答える数値が変わってくる。
人間は全然関係ない数値がわかっていても影響されるのだ。
前にコンピュータの思考法と人間の思考法の違いについて考えたけれど、人間は直ぐに答えを出すために、直感的に頭に浮んだ考えを試し、試行錯誤で予測していく。
だから、直前で聞いた数値に思考が影響を受ける。

私もなんというか歴史の法則の探求とか、未来予測をいろいろやっている。
たいていは間違っているわけだ。
日本経済が復活すると言い続けているわけだが、全然当たらない。
理由は幾つかあるだろうが、結局は時期が推定できないからだ。
でも時期の推測は難しい。
当てようとするならば、たぶん理屈をどうこうよりも、アンテナを広く張って、初期の兆候を見つけた方が正しい。
もっとも、私は正確な未来予測よりも、理論を考える方が面白いのだがら失敗するのが当然なのかもしれない。

未来予測の無謀さと、にも関わらず実行する場合の注意点を教えてくれる点で役に立つ本だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る