異をとなえん |

第22回コンピュータ将棋選手権が楽しみでしょうがない

2012.05.01 Tue

20:38:30

全然書けなかったが、少し元気を取り戻した。
そこで、ちょっとだけ書いてみる。

ニコニコ動画で第22回コンピュータ将棋選手権の生放送をする。
前回は最終日だけだったけど、今回は三日間全部放送だ。

次のURLから予約できるので、将棋ファンは登録しておこう。
将棋電王戦 2013 「5人のプロ棋士」VS「5つの最先端将棋対局ソフト」

実に楽しみである。
早指しならコンピュータ将棋の実力はすでに人間を超えている。
ボンクラーズはプロも参加している将棋倶楽部24において、3300以上の最高点をたたき出した。
そして、去年の決勝戦でボンクラーズがほんのわずかな差で優勝したように、トップレベルのソフトの実力はほとんど互角といっていい。
もっとも、これはブレークスルーを達成したボナンザのソースが公開されていて、それを改良して他のソフトが作られている以上当然のことだ。
それらのソフトが一堂に会して戦うのだ、面白くないわけがない。
NHK杯戦など目じゃない。

floodgateではコンピュータ同士の熾烈な戦いが毎日繰り広げられているのだが、残念なことに私の棋力ではすごいといってもよくわからない。
解説があって始めて、その凄さがわかった気になる。
それが今回は三日間に渡って、解説つきで鑑賞できるのだ、将棋ファン必見である。
最大の問題は最高のレベルの戦いを見てしまうと、それより下のレベルの戦いが味気なくなってしまうことだな。
この戦いが終わったら、将棋倶楽部24にコンピュータソフトの再度の参戦を期待したい。

初日だけ誰が解説するかわからないのが不安だが、たぶんなんかあるのだろう。
最終日は去年と同じく西尾明六段が解説してくれる。
去年の解説は面白く鋭かったので、楽しめるはずだ。

後、第21回コンピュータ将棋選手権決勝の模様は、ニコニコ動画でまだ見ることができる。
ニコニコ動画に会員登録すれば、問題なく見れるので、コンピュータ将棋の強さがどんなものかを理解するための予習として、見ておこう。

第21回世界コンピュータ将棋選手権
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る