異をとなえん |

インフレ期待の本質とは?

2011.10.07 Fri

20:48:08

頭動かすより手を動かした方がいいと思うのだけれど、文章を書けずにリンク先の記事を読んでいた。

『クルーグマン教授の<ニッポン>経済入門』

特にその中の日本がはまった罠について、考えていた。
きちんと反論を書きたいのだけれど、内容がよくわからずはまっている。

ただ、インフレ期待というのは本質的に成長期待そのものの気がしてならない。
成長期待がなくなっているのでデフレで困っているのだから、成長期待を作り出せといっても無理な話だ。
成長期待ではなく、名目的なインフレ期待だというのは、言葉の入れ換えではないだろうか。
原油価格が上昇していたときのように、インフレ期待はあっても成長できない事態というのはいくらでもある。
2007年から2008年にかけての原油価格上昇時、インフレになりつつあったが、日本経済は成長していただろうか。
むしろ、停滞し始めていなかっただろうか。
そういうことを考えると、インフレ期待さえあれば、成長路線に戻れるというのは疑問だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る