異をとなえん |

基軸通貨ドルの終わりの始まり

2011.08.19 Fri

19:30:16

しばらく書いていないと書き方を忘れてしまう。
いろいろなことを記事にしたいと思っていたのだけれど、すでに忘却の彼方だ。
なんとか書きはじめても、全然進まない。
それでも、なんとか文章を綴ってみたい。

記事にしようとしているのは、基軸通貨の話だ。
ドルの基軸通貨の座が揺らいでいる話を書きたいと思っている。
なぜ、基軸通貨の座が揺らいでいるのか。
ドル安が現在進行中なので、各国が外貨準備としてドルを持つことを嫌がりつつあるのが、その一つの現れである。
けれども、それはQE2によるアメリカの間違った政策に由来するものであって本質ではない。
本質的なアメリカの経済の揺らぎは、アメリカが世界経済に対して資本を供給できなくなりつつあることだ。

リーマンショック前、アメリカ経済の資金のフローは、膨大な経常収支の赤字を中国の為替介入による資金と日本の円キャリー取引でカバーしていた。
他の新興国の資金もあるだろうけれど、大体は中国日本の資金だろう。
しかし、それだけではアメリカは各国に投資することができない。
経常収支の赤字を埋めるだけの金額では、アメリカは再投資できないからだ。
その穴を埋めていたのが、サブプライムローンなどのアメリカ内部の成長を元にした証券だった。
ヨーロッパの金融機関はこぞって、それら証券を購入し、アメリカはその資金を元に世界各国に直接投資していった。
もちろん、どの資金がどこに流れているかなどはイメージなだけだ。

リーマンショックで全てが変わってしまった。
アメリカの不動産価格は値下がりが続いていて、不動産担保証券自体が発行されてない。
当然資金も流れない。
アメリカ経済も景気後退により、金利が大幅に低下し、日本と同じぐらいになりつつある。
だから、日本から円キャリー取引によって資金が入ってくることもない。
アメリカに流れこむ資金は中国の為替介入による資金が残っているだけだ。
それだけでは、経常収支の赤字を埋めることもできない。
では、どういう資金がアメリカの赤字を埋めているのか。
たぶん、アメリカが世界に持っている資産を売っているのだ。
大幅なドル安により、世界各国に持っている資産の価値はドルベースで大幅に向上した。
そこで、ドルベースの借入金を返済するために資産を売っている。

この現象は日本のバブル崩壊の時も起こっていた。
日本企業は借金を返済するために、手当たり次第に資産を売却していたが、世界に投資していた資産も例外ではなかった。
三菱地所のロックフェラーセンターの売却などが、いい例だろう。
違いは日本の場合経常収支が黒字なために、円高になってしまったことだ。
ただ、本質は変わらない。
バブルの崩壊による外国投資からの撤退だ。
アメリカの場合問題なのは、外国に対して資金を供給できなくなることは、基軸通貨国としての責任を果たせなくなることを意味するからだ。

以上のような仮説をたてて、その後をいろいろと考えている。
ただ少なくとも、この仮説を実証するために、ある程度の数字の裏付けが必要なのだが、どうもなかなか進んでいない。
資本を供給できないといってもQE2などによって、FRBが資金を供給すればいいという意見もありそうだ。
なぜそれが問題なのかについても反論を書きたいと考えている。

以上、近況報告でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る