異をとなえん |

「クルマ社会・7つの大罪」感想

2010.08.31 Tue

03:06:38

「クルマ社会・7つの大罪 アメリカ文明衰退の真相」をざっと読む。


目次は次のような感じだ。

[クルマ社会・7つの大罪とは?]
 1、エネルギー・スペースの浪費―そして、輸送システムが非効率化する
 2、行きずり共同体の崩壊―そして、ポピュラー・カルチャーがアンポピュラー化する
 3、家族の孤族化―そして、街が消え、結社の自由が爛熟する
 4、大衆社会の階級社会化―そして、クルマに乗った民主主義が横行する
 5、味覚の鈍化―そして、肥満が国民病として蔓延する
 6、自動車産業の衰退―そして、都市型製造業が壊滅する
 7、統制経済への大衆動員―そして、人はデフレを忌み嫌い、インフレを待望するようになる

増田悦佐氏の「日本文明・世界最強の秘密」を逆からみたような本だ。
「日本文明・世界最強の秘密」は鉄道社会を称賛していた。
結果として、その鉄道社会の反対である自動車社会を批判していた。
この本は、逆に正面切って自動車社会を批判している。
焦点となるのはアメリカであり、7つに分けて詳細に持論が展開される。

内容自体としてはいつもの増田節であり、それほど新規性は感じない。
ただ、知らない情報がたくさんあって読ませる。

日本の自動車輸送のコストがアメリカなどに比べて安いというのは新鮮だった。
私はてっきり高いとばかり思っていた。
自動車が普及することによって美味しい食堂を探す時間がなくなるのでチェーン店が流行り味覚が悪くなるという意見や、自動車の普及によって駅前という公共な広場がなくなり生の音楽が衰退していくという意見も面白い。
これらの意見は社会学的であり、本当に正しいかどうかは証明できないものと考えているけれど、それでも説得力があると感じられる。

インターネットの普及によって、デジタルな情報は簡単にコピーできてしまうため、どうしても価格が0に近づいてしまう。
その問題を解消し、生産者が適正な利益を上げるためには、ライブによる生産が極めて重要だ。
コミケが50万を越える人間を集めるように、直接的な人の触れ合いによって、付加価値を上げることは可能だと思っている。
それだけの人を集めるためには、自動車社会では無理で、鉄道社会による大量の人を集める機能が必要だ。
逆に言うと、デジタル社会では大量に人を集めてライブで金を稼ぐ仕組みがないと、うまく回っていかないのかもしれない。
自動車社会ではライブによる人集めが簡単にいかず、デジタル社会に対応できない可能性がある、そんな発想が頭に浮んだ。

最近の増田氏の作品は焦点がはっきりしていないことで散慢な嫌いがあった。
この作品は焦点をクルマ社会批判に絞っていることで論旨は明確になっている。
意見に賛成できるかどうかは別として、面白い本だと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

中国元について雑感

2010.08.26 Thu

20:03:21

中国元が為替相場を弾力化したにも関わらず、元安方向に動いている。
中国政府が輸出企業の採算のことを考えて、強力に為替介入していると考えている向きが多いみたいだがそうなのだろうか。
むしろ現在のドル高局面を考えると、元もそれに引っ張られて元安方向に動いているだけではないだろうか。
ドルは日本円に関しては安くなっているが、それ以外の通貨に対しては高くなっている。
世界景気が二番底に向かうという判断からリスクマネーは本国に戻りつつあるが、世界で金を持っている国がアメリカと日本であり、その金が本国に向かっているから円高、ドル高になりつつあるのだ。
中国元もその流れに影響を受けないわけがない。
ドルが強くなっている流れを受けて、元が弱含むのは当然に見える。
そう考えると、中国のアメリカ国債の保有額が減っているのも、違った観点からとらえられる。
一般には、中国が外貨準備の多様化を目指してアメリカ国債の保有量を減らしているという意見が多い。
しかし、中国から資本が逃げ出しているのだとすれば、一定の範囲にレートを抑えるために国債を売ってその金で為替市場に介入しているとしても不思議ではない。
もちろん、日本国債の購入のようにある程度の多様化は考えているのだろうけれど。

中国の統計がどの程度信頼できるか本当に疑問だけれども、下記のように準備高自体は増えているけれども、伸びは鈍っているらしい。

6月末時点の中国外貨準備高は2兆4543億ドル、3月末から72億ドル増加=人民銀行

引用開始

 [北京 11日 ロイター] 中国人民銀行(中央銀行)は11日、2010年6月末時点の外貨準備高が、3月末時点から72億ドル増加し、2兆4543億ドルになったと発表した。

 ロイターがまとめた市場予想は2兆4800億ドルだった。

 外貨準備の増加ペースは、3月末時点の479億ドル(09年12月末比)から大きく鈍化した。
引用終了

日本円が上昇しているのは、ユーロもドルも景気が悪くなりつつあるため長期金利が下がっているので、長期金利が下がりようがない日本円を買っているからだ。
これは当たっているとしても、中国元が本来なら上がっているはずなのに上がっていないのは、中国が為替介入しているからだという説にはどうも疑問を感じる。
だから、何が言えるのかを聞かれても困ってしまうが、円高について考えている内に、あまり見ない意見なので記事にしておくことにした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「耳のあるロボットの唄」に感動する

2010.08.20 Fri

03:09:08

昨日書いた、外国人が初音ミクをほめているというスレッドの中に「耳のあるロボットの唄」が載っていた。
実に何というか気にいってしまった。
オリジナルは重音テトが唄っていたものだが、初音ミクのappend(Solid)の方が私には心地よい。
"恋をして"の部分がなんともいい。
歌詞は意味不明だが、創作する苦しみとそれでも製作し続ける熱意を表わしているのだろう。
聞いているときは全然意識しなかったが、今はブログを書くこと自体も創作の一部かなと感じ、唄に共感する。
"恋をして"の部分は創造という普遍的なテーマが恋愛といきなり結びつけられている感じで不思議な効果を与えている。
恋愛の唄とも解釈できるのだろうが、たくさんの人が聞くのも納得できる。

オリジナルに比べて、和風な感じにしたのと初音ミクの歌い方がマッチして何回となく聞いている。
こんな名曲なのに再生回数が5000台は少なすぎると思ったので紹介がてら感想を書いてみた。

明日からはではなく、今日から第5回MMD杯本選が始まる。
この唄のPVが作られてないかと、少し期待を持ってしまった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

初音ミクは今世紀最大のスター

2010.08.19 Thu

03:19:51

どうも考えがまとまらない。
なぜ日本がデフレから抜け出せないのか、というテーマで文章を書きたいのだが、頭がごちゃごちゃしてくる。
書かないことには文章ができないことはわかっているのだが、それでも進まない。
仕方がないので、前書いた文章を使えないかとメモをさらってみる。
5/19に初音ミクのことを書いたメモを見つけたのだが、公開していなかった。
どうもほめかたが気に入らなくて断念したみたいだ。

けれども、最近外国人が初音ミクのことを偉くほめていた。

参照:【2ch】コピペ情報局 : 初音ミクは次世代の世界的スーパースター。

外国人の言うビートルズを越えるスターというほめかたはかなり強いが、9・11を越える現象としてとらえている私のほめかたもかなりのものである。
先にほめてたのは自分だと思っていたが、公開していなかったのに気づいて大急ぎでリリースしておこう。
でも、9・11を越える現象というのはコメントで使っていたので、それは先取りしていた。

そう言えば、初音ミクについて語りたかったことがある。
前のコメントで、と言ってもずいぶん前だが、それについて答えている内に、初音ミクの誕生は、今世紀に入って最大の事件と評価していたことに気づいて、自分でも驚いた。
9・11に匹敵する現象として、初音ミクを私はとらえていた。
実際今でもそう思っている。
過大評価かも知れないが、なぜそう思うかについて少し語っておきたくもある。
初音ミクはボーカロイド自体よりも影響力が大きい。
ボーカロイドは新しい楽器に過ぎない。
初音ミクはその楽器の中で一番古いというわけでもない。
ボーカロイド2と呼ばれる、ボーカロイドが新しく進化した中での最初に過ぎない。
けれども、その発売がボーカロイドの流行をもたらした。

初音ミクによって、素人による音楽作成の機運が一層高まっていった。
初音ミクの最大のインパクトはプロだけによる娯楽の提供ではなく、アマも参加した娯楽の提供ということだ。
初音ミクはその現象の象徴となっている。
MikuMikuDanceはその現象の明らかな変化の一つだ。
MMDは単なる3Dアニメツールに過ぎなくとも、その普及は巨大なアマによる作品作成機関を生み出した。
ニコニコ動画での隆盛はその一端を示している。

ニコニコ動画での人気作品は御三家と言われて、ボーカロイド、アイドルマスター、東方プロジェクトの三つから成っている。
アイドルマスターはバンダイナムコのゲームから来ている。
ゲーム中でのPVを発表し始めてから、それに数々の加工を施していくことで、発展している。
一方東方プロジェクトは同人シューティングゲームが始まりだが、それを元にした二次創作作品が大量に発表されることで、発展している。
この二つもアマによる新しい創作の流れの現象の一端となっている。
その二つはMMDを通じてボーカロイドと一本化し、一つの流れになろうとしている。
初音ミク、MMD、つまりアマによる創作活動というわけだ。

なんか、これだけでは初音ミクを9・11に匹敵するほどの現象として評価している理由に弱いな。
9・11に匹敵するほどの現象としているのは、アマによる創作活動が今後の大きな流れとして考えているからだ。
人間の生産能力の拡大は、衣食住といった人間の通常の欲望を、少数の人間が働くことによって満たすことを可能にした。
他の人間は衣食住のような単純明解な目標ではなく、もっと特別なことをして生きていくしかない。
それは文化と呼ばれる、極めて評価のしにくい世界になっていく。
コミケの発展は、その人類の進化の一つの過程だ。

ちょっと話が変わるが、「パラダイス鎖国」の中で日本ではアメリカのような普通の人々の結び付きが弱いという指摘があった。
けれども、マンガなどの同人誌活動はむしろ逆ではないかと感じる。
コミケが50万人近くの人数を集めているのは、アメリカよりも日本の方が普通の人々の結び付きが強くなっていることではないだろうか。

話を戻す。
アマによる創作活動の展開は、今いったようにほとんどの人間が創作活動をすることで働いていく産業の変化の始まりだ。
たぶん、何らかの方法で現在アマである人間たちも、このことで食っていけるようになると私は信じている。
その仕組みがどうなるかわからないが、需要が存在し、供給があるならば、それを満たすシステムは必ずできるはずだ。
そのような産業システムへの変換の先駆けが初音ミク現象なのだ。

初音ミクは、そしてボーカロイドは着実に世界に広がりつつある。
日本語の歌という、世界の普及では負担になりそうなハンディを物ともせず普及しつつあるのだ。
サイトのVocaloidSubFanがその一端を示している。
日本人から見ると少し不思議だ。
日本語の歌を外国人が喜んで聞くというのは、なぜなのだろかと思う。
日本人でも外国語の歌を聞いて喜んでいる以上、不思議がないと言えばないのだけど、やっぱり不思議な気がする。
単に響きとかだけで、ボーカロイドの歌を喜んで聞くだけでなく、それを翻訳することで、意味を理解して聞き始めている人たちも多い。
そして、原語のまま歌おうとしている。

日本人もロックやジャズに魅せられて原語のまま歌っているのだから、それと同じ現象なわけだ。
けれども、それは世界的にも初音ミクが広がっていく現象の一つに見える。
そして、「歌ってみる」はニコニコ動画における、分野の一つであるように、アマによる創作活動の一端だ。
ここでも、初音ミクはアマによる創作活動の象徴として、世界に広がっている。

以上のことから、私は初音ミク現象を世界史上の事件として評価している。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続々:2010年4〜6月期のGDP速報に刮目せよ

2010.08.18 Wed

01:06:40

暑くて、もう死にそうだ。
意識不明に陥りそうな気がする。
ここ数年無かったような暑さだ。
あんまり暑いので、風呂で行水をしてみたが、あがってみると汗が出なくていい。
汗が出てくる前に記事を書いておこう。

昨日のGDP速報が、なぜ大きく下振れしたのかを考えてみたが、現在の状況がアメリカから始まった金融危機が進行している局面だとの理解が足りなかったことが原因だと思う。
日本においては、バブルの崩壊による経済が縮小均衡する状態は解消されている。
しかし、アメリカで起こったバブルは全世界を覆い、日本の2003年ごろの景気回復もその恩恵を受けていた。
その崩壊が今なお進行中だとすれば、それによる需要の縮小は続いていくはずだ。
日本経済もそれに巻き込まれているならば、早急な需要の回復は難しいのかもしれない。
世界経済がこれから下降していくとすれば、底値に入ってから買いを入れたほうがいいという判断だ。
私の予測はその意識を軽視していた。

日本経済は平成のバブル崩壊の後始末をほぼ終了した。
地価が底値をつけて反騰したのが、その証拠となる。
地方の地価はまだ下がっているが、制度的なものであり、意識としての地価はもう底値だろう。

しかし、アメリカの住宅価格の上昇によるバブルは全世界を覆っていた。
アメリカの消費が急速に増加していたことによる輸入の増加は、中国を中心として関係する国々の大幅な需要の増加を招いた。
日本も中国に部品等を輸出し、中国で組立、アメリカに製品を輸出する国として、その恩恵を受けることとなった。
また、アメリカの不動産ブームと金余りは日本にもその投資の目を向けた。
東京を中心とする不動産価格の上昇は外資系の金融機関による不動産物件への融資の影響が大きい。
外資系金融機関が融資をどんどん拡大したからこそ、不動産価格の上昇を引き起こした。
日本の金融機関はバブルに対する経験から融資を拡大していなかった。
だから、リーマンショック後の金融危機において、外資系金融機関が融資を絞ると不動産各社は一気に危機に落ち込んだと言えよう。

輸出が増えたことと、都心の不動産価格の上昇は日本経済にプラスの影響をもたらし、小泉政権から始まる戦後最長の景気回復を生み出した。
その二つがなくとも、私は日本経済は自然に回復したと思うが、なかった場合成長率が落ちることは確実だったろう。
けれども、金融危機によって、バブルが崩壊すると、その二つは一気に潰れてしまった。
日本経済も急激に落ち込んだ。
世界各国の金融システムを崩壊させないための各種措置と財政出動によって、大恐慌のような底を抜けたような危機に陥ることは避けられた。
景気は落ち込めば自然に戻ってくるものだから、底が抜けさえしなければ回復してくる。
日本の輸出も大体回復した。
けれども、バブルの崩壊による資産価値の低下は需要の減少をもたらすはずだ。
景気変動による一時的な需要の急増が終われば、金融危機の前よりも低い部分で需要は落ち着いてくる。
その場合、単純に需要が減ったでは追いつかない。
ケインズの言う合成の誤謬による縮小均衡局面が始まる。
本当の危機の始まりだ。
その危機がどのような物になるかは予測がつかない。
世界各国が財政政策をどう取るかにもよるし、新興国の成長もまた未知数である。

日本もアメリカのバブルの恩恵を受けた以上、その縮小過程に参加している。
都心のプチバブル的な地価の上昇は既に解消した。
底を打ったと見られるから、この影響は余りないだろう。
けれども、政府が金融危機の対応のために緊急に発動した各種の政策が残っている。
エコカー、エコポイント制度の停止に伴って、どのくらい需要が減少するかは読めていない。
また、今後の世界が停滞局面に向かう場合の、世界の需要、つまり日本の輸出がどうなるかも読めていない。

このような状況下で日本人の多くは冷静な判断をして待ちの姿勢を取っているように思える。
企業は世界経済の行く末がはっきりするまで、できるだけ設備投資を押さえようとする。
投資家は底を見てから投資をしようとする。
アメリカの株価が下げるなら、ひいては世界の株価が下がるならば、それから買ってもおかしくない。
消費者も自分の収入の先行きがはっきりしない。
もう少し状況がはっきりするまで消費を押さえようとする。

結局、日本経済自体は既に自律的な経済回復の途上にあると行っても、世界経済自体の先行きは不透明である。
世界経済がどうなるか、当面はアメリカ経済に二番底があるかがはっきりしてから、日本経済の先行きも決まる。
そうすると去年の9月から今年の3月までの高めの成長は景気回復過程に依存したものと考えていいだろう。
バブル崩壊から始まった日本経済の停滞の本格的な回復は、アメリカ経済が再度下降局面に向かった後になるというのが、私の今回の結論である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

続:2010年4〜6月期のGDP速報に刮目せよ

2010.08.16 Mon

20:57:48

2010年4〜6月期のGDP速報を聞いてショックを受けた。
実質が年率で0.4%成長、名目が年率で-3.9%成長というのは悪すぎる。
予想より上振れどころか、下振れもいいところである。
実質が0.4%成長というのは、ほとんど成長していないに等しい。
名目が大きく下げているのはさらに悪い。

仮説を立てて実験をした場合、結果が仮説を裏切っていると、それはそもそも仮説が間違っているか、それとも実験のミスかが問題になる。
今回のGDP速報の結果はどう解釈していいか私は混乱している。

最初書き始めた時は、もう少し内容のあることを考えていたのだが、書いているうちに段々わからなくなった。
元々日本のGDPは人口減少局面なので、大きく伸びにくい。
だから、どうしても誤差が大きくなってしまう気がする。
民間消費の0.1%の違いなんで簡単にわかるわけがない。
でも、その0.1%の違いで、ああだこうだと議論している。

ダメだ。
やはり頭が全然まとまらない。
後で、もう少し落ち着いて考えるしかない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2010年4〜6月期のGDP速報に刮目せよ

2010.08.16 Mon

03:05:54

8月16日(月)に発表の2010年4〜6月期のGDP速報に期待している。
何に期待しているかと言えば、個人消費の伸びと名目GDPの成長率だ。
各種予測によると、前期比年率2.3%の成長で、個人消費の停滞は避けられないという意見が大勢のようだ。
そして、名目GDPはマイナスになるかもしれないと、1〜3月期に起こった名目GDPが実質GDPを上回った名実逆転の解消は一時的な現象としている。
しかし、私は名実逆転は一時的なものではなくて、デフレからようやく抜け出しつつある転換点ではないかと考えている。
もっとも根拠はあまりない。

でも、なぜそう考えているかというと、最近ドンキホーテに行った所、マクラがとても安い感じを受けたからだ。
低反発ウレタンの枕が千円で、随分前に買ったときはこれよりもずっと高かった。
その他に保冷剤を入れておける感じの枕が2千円で、魅力的だった。
一言で言えば買うと得なお手頃価格のような気がしたのだ。
1個人の部分的な感想なので一般性はない。
しかし、バブル崩壊から20年、デフレと戦いながら商品はとても魅力的になってきた。
お値打ち価格にすごく思える。
消費者が喜んで買物をする気がしてならな。
つまり、ようやくデフレを抜けて、インフレになろうとする局面になっているのではないだろうか。

各種予測は1〜3月期の成長はでき過ぎと考え、当然のごとく4〜6月期の成長率を下げてきた。
エコポイント制度の効果が切れることから個人消費が減退するのは当然という意見だ。
でも、本当にそうなのか。
デフレが続くという意見に慣れすぎてはいないだろうか。

まず、私の気にしているのは個人消費である。
ここがお買い得になって、恒常的に上昇していくようならばデフレ局面を脱し、本当の景気回復がやってくるはずだ。
家計調査では、4、5月の消費は減少し、6月は上昇している。
家計調査は総務省の調べているサンプリングによる調査だが、高額商品の購入が過小評価する傾向がある。

参照:家計調査の課題と改善に向けて(PDFファイル)

今回の景気回復では自動車の販売が伸びていることを考えると、個人消費はやはり伸びているのではないだろうか。

個人消費について詳しく予測しているサイトを探すと次のようなものがある。

6月分「鉱工業生産」(速報値)について

引用開始

(4〜6月期のGDP予測)

●個人消費の供給サイドの関連データである耐久消費財出荷指数の4〜6月期の前期比は▲1.7%の減少である。薄型テレビの家電エコポイント対象商品の変更による駆け込み需要の反動などが出ていよう。同じく供給サイドの関連データである非耐久消費財出荷指数は同+2.9%の増加になった。水準的には依然厳しいが方向的には改善してきている雇用・所得環境などが背後にあろう。また、需要サイドの関連データでは、家計調査の実質消費支出(除く住居等)の4〜6月期の前期比は▲1.5%の減少である。乗用車販売台数の4〜6月期の前期比は+3.8%の増加である。このように関連指標は強弱まちまちだ。消費総合指数(月次ベース)の4〜5月平均の対1〜3月平均比は0.0%と横ばい、1〜3月期の四半期の季節調整値と比べると+ 0.2%の増加である。6月分の耐久消費財出荷指数、非耐久消費財出荷指数、実質消費支出(除く住居等)の前月比は各々+2.6%、+1.0%、+ 2.1%なので、消費総合指数を中心に判断すると、GDPの実質個人消費の4〜6月期の前期比は微増になる可能性が大きいだろう。
引用終了

このサイトの予測では0.2%増としているが、これは民間予測の最大値だ。
私はこの値より上振れる気がしてならない。

もう一つの注目点は名実逆転の解消が続くかということである。
名目GDPはむしろマイナスになるなどという予測も出ていて、名実逆転は当然のようにしているが、理由がよくわからない。
民間消費の部分はまだGDPデフレーターがマイナスだが、それ以外はプラスになっている。
景気が回復過程にあるならば、価格の低下は簡単に起きないように思うのだが、予測している各社が当然のように名実逆転をすると思っている理由がわからない。

1〜3月期に名実逆転が解消した理由を調べてみた。
一応その中で参考にしたのは次のサイトだ。
1−3月期1次QE(1)

この中でほとんどのGDPデフレーターがプラスになっている理由は、「野菜や資源の値上がりの影響が大きい。」と簡単に述べてある。
けれども、それらの価格が実際の価格に転嫁できているのは、需要の勢いが強いからではないだろうか。
今までは価格の転嫁が需要の弱さのためにうまく行かず、だからずっとデフレが続いていた。
それが素直に転嫁できたとしたら市場が売り手優位に変化しているように見える。

今回4〜6月は円高局面で、原油価格はあまり変わっていない。
だとすれば輸入デフレーターは下がり、それに見当った価格低下が起こるのでなければ、インフレということだ。
つまり、名実逆転の解消にはいい環境が続いていることになる。
なぜ、各種予想が名実逆転を当然のものとしているかやはりよくわからない。

GDP速報について今回いろいろ調べてみたが、資料を見れば見るほど良くわからなくなる難しい世界であった。
でも、理屈を追及し、巧緻を極めたからといって、正確な値が出てくるとは限らない。
気分で数値を出したとしても、そんなに変わらない世界に思える。
今回のGDP速報では、予測より上振れだけはする。
賭けがあったらそちらに賭けたい。
名実逆転が解消されているかは、理屈が理解できていないので予測できないが、いつかは解消されるはずだし、それが今回であったらいい。

基本的に私の予測は上がる上がると言い続ける予測なので、実に当てにならない。
それでも今回こそはと期待している。

相変わらず、文章が書けないでいる。
本を書くなどと広言していながら、一行も書けていない。
一度に実行しようなどと言うのが間違いだったということか。
やはり一日一日の積み重ねで実行していくしかない。
今回のGDP速報についての意見も、もう少し早く書くはずであった。
それが今まで遅れてしまった。
これ以上遅れると、後出しジャンケンになってしまうので、なんとか記事にしてみる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る