異をとなえん |

「クズが世界を豊かにする」感想

2010.03.02 Tue

03:52:51

ブログもけっこう書いていると、前書いたことを忘れてくる。
そうすると、同じネタを使い回してしまう。
できるだけ、そうしないように考えていたのだが、同じ文章をそのまま書くわけではない。
文章自体がうまくなって、読み易くなることもある。
そんなわけで、あまり気にせず書いていこうと考えを改めた。

こんな前振りをしたのは、前書いたような記憶があるネタを使い回そうと思ったからだ。
そのネタを何だか覚えていない。
どうも今日は疲れている。
体が眠い。
書くことが思いつかない。
2ちゃんねるが落ちていて、読むことができず、頭が刺激されないのも一つの要因かもしれない。

一つネタを思いついた。
今日読んだ本の紹介をしてみる。

クズが世界を豊かにする─YouTubeから見るインターネット論


今日読んで面白かった本。
私はMMDを見て本当に感動したわけだが、この本を読んで、もしかしたら井の中の蛙かもしれないと感じた。
世界にはもっと凄い動画がたくさんあるのかもしれない。
私はテキストの人で画像を軽視しているところがある。
具体的なものより、抽象的な理念を重視している部分がある。
そのため、動画を熱心に見ていない。
ネットで話題になったものを見るくらいだ。
それなのに断定したことに、少し反省した。

本の中には、いろいろと参考になる部分もあった。
料理動画で"cooking with dog"シリーズというものがある。
私もほとんど見ているのだが、これはマーケッテイングの勝利と書いてある。
犬を出すことによって、他の料理動画との違いを印象付けているわけだ。
タイトルを忘れたとしても、後で検索できる。

また、英語圏の人間が多いのだから、タイトルを英語にすることによって、視聴者数を増やせるとある。
MMD作品のニコニコ動画からyoutubeへのコピーではタイトルが日本語のものが多い。
それがあまり視聴者数を増やせない原因ではないかと思ったりもした。

エロの表現が日本では非常に規制されているという話もある。
アメリカと同じくらいに日本ではエロは表現されず、それ以外の国はかなり自由らしい。
日本はけっこう自由ではないかと考えていたので、先入観が覆された。

全体としてけっこういい本だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る