異をとなえん |

なぜ、日本企業は増資をするのか?

2009.11.28 Sat

00:26:48

最近、日本企業に増資ラッシュが起こっている。
今年は年間で7兆円を越え、バブル以来なかった規模に到達しつつある。
株式市場では株安の原因ということで批判の中心だが、なぜ日本企業は増資を盛んに行なっているのだろうか?
財務体質の悪化を回復する、後ろ向きの理由が本当なのではないかと、テレビの解説者も疑心暗鬼で、文句を言いまくっている。
けれども、財務体質の悪化で増資するという話だったら、バブル崩壊後、企業倒産が続出した1998年ごろには、なぜ行なわれなかったのだろうか?
増資の必要性はあの頃が一番ではなかっただろうか?
その理由は、増資したかったけどできなかったというのが本当だと思う。
あの頃、実際には債務超過なため、倒産寸前の企業が多かった。
増資したかっただろうけれど、あまりにも内容が悪すぎたので証券会社も引き受けられなかった。
現在は違う。
少くとも倒産の危機は去ったと思われている。
だから、増資しようと思えば、証券会社は引き受けてはくれる。
でも、逆に増資する必要性も減っているのではないだろうか。
倒産する危険性がなかったら、増資しなくて済めばそれに越したことはない。
株価の下落によって、既存株主に不満を持たせてまで実行する必要はなんだろうか。

その答えは成長シナリオがあるからに尽きると思う。
つまり、普通の増資の際に掲げられる目的そのままだ。
それがはっきりしないとアナリストは文句を言うわけだが、たぶん企業には目安があるのだ。
もう少し詳しく言うと、海外企業の買収だ。
今回の金融危機によって、財務基盤が悪化し、倒産のふちに立っている欧米企業はたくさんあると思われる。
実際、日本による欧米企業の買収は既に高いレベルに達している。
たぶん、身売りしたい企業から日本の企業への買収依頼も多いのではないだろうか。
それをタイミング良く買収するために、現金が必要なのだ。

でも、それは海外の企業も条件が同じと思う人が多いかもしれない。
景気が少し持ち直し、株価が戻ったのだから、同じように増資をして企業の買収元なればいいという話だ。
しかし、日本企業と欧米企業では元々の財務基盤が違う。
金融危機直前、内部留保を最高に溜め込んでいた日本企業とレバレッジを最高に効かして借金を過大にしていた欧米企業とでは、危機において耐えられるレベルが違う。
だから、今日本企業は現金を積上げて買収に出ようとしているのだ。

もちろん、規制強化によって自己資本の積み上げを迫られている金融機関は別だろうし、海外企業の買収というより純粋な設備投資のための増資もあるだろう。
そういう、はっきりした成長シナリオがない企業の増資は海外企業の買収が本筋ではないかと思う。
たとえば、日立製作所の増資である。
日立製作所は今回の金融危機によって財務体質が大幅に悪化した。
ただ、単純に赤字を出したわけではなくて、リストラ費用を大幅に含んでいるから、見た目ほとひどいわけではない。
アナリストは選択と集中がはっきりしない、成長シナリオがない状態で増資することに批判的なようにも見える。
けれども、海外企業の買収が目的だと思えば、また違った側面があるだろう。

まあ、本当に正しいかどうかはあてにならないが、今年の増資ラッシュの裏に海外企業の買収があると私は予測してみた。

関連リンク
国内企業の公募増資、過去最高の年間7兆円に迫る(ロイター)
日立製作所、最大4000億円の資金調達=関係筋
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

円高雑感

2009.11.26 Thu

17:04:47

円が1ドル86円台をつけた。
1995年7月以来14年4カ月ぶりということだ。
ドルは全面安で世界中の通貨に対して下げている。
円とドルの関係について、自分では新しい認識があったので、それを書いてみる。

円とドルの関係はドルと他の通貨の関係とは異っているのではないかと感じている。
ドルと他の通貨との関係は、わかりやすい。
ドルの価値が今後減少すると感じるならば、ドルから他の商品に逃げ出してゆく。
株式、原材料商品、そして他通貨にだ。
つまり、株高だとドル安になるわけだ。
逆にドルの価値が今後上昇すると感じるならば、ドルが買い戻される、ドル高に向うことになる。
ドルの価値が上昇するというのは、景気が悪くなってデフレ傾向に向かうことを意味する。
世間で広まっている説であり、私も支持している。

それに対して円の関係はわかりにくい。
円とドルは他通貨に対しては、大きな流れで見るとほぼ同じ動きをしている。
しかし、ドルの大元の動きと関係なく円は動いているように見える。
ここ数ヶ月、ドルと円の関係を理解しようとしたが、どうもうまく理解できなかった。
上の理屈に逆らって、アメリカ株安でも円高傾向になることがあったからだ。
また、円高ならば外国から資金が日本に流れ込むわけだから、株価は上がってもいいと感じていた。
実際、韓国などではウォン高になったからと言って、株価は下がっていない。
投資資金が流れ込んでいるから、逆に上がる。
その理屈が通用せず、すっきりしないままだった。

しかし、円とドルの関係は、他通貨とドルの関係と違って、円を主体に考えれば説明できることに気がついた。
つまり、日本の場合円高になるのは、日本の資金が他通貨から円に換金していると考えるべきなのだ。
円単独でもドルと同じような理屈が成り立っていると考えれば、いろいろなことが説明できる。

今回の円高では、円は他通貨に対してもかなり上げている。
ドル安であると同時に円高でもある。
これは、円とドルとの関係がドルの影響を強く受けるより、円の内部の力が強く働いていることを示している。
つまり、円もドルと同じような力で動いているのだ。
円の価値が今後より強く上昇すると感じるならば、つまりよりデフレに向かうと感じるならば、商品を売って、つまり円を買うことになる。
これは株式、他通貨、原材料全てが含まれる。
そこで、円高と同時に株価が下がるわけだ。
逆に、円の価値が下がるというか、デフレ傾向が弱まるならば、円を売って他商品を買うわけだ。

この理屈は他通貨にもあてはまるわけではない。
結局流動する富があって、始めてこのような現象が起こる。
信用が弱い通貨では景気が良くて、自国通貨の価値が減少すると考えて、ドルを大量に買ったとする。
そうすると、ドルに大量に変換する時点で、急激な通貨安が起こってしまい、そもそもの景気がいいという条件を破壊してしまう。
それに、ドルの方の力が強すぎて、あまり自国の影響が出てこない。

その理屈から言うと、今回の円高は日本の景気の悪さから起こっている。
株価はここ数日世界の中で、独歩安だった。
だから、円高になる。
円高だから株価が下がるというより、株価が下がるから円高という理屈になっているのだ。
そして、ドルは低金利が長期化するという観測のもとに、全面安に向かった。
金と株価は史上最高値を更新している。
この二つの流れを受けて、円が14年ぶりに高値をつけたわけだ。
以上が私の新しい認識から来る今回の円高の意味だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「世界カワイイ革命」感想

2009.11.25 Wed

15:52:45

「世界カワイイ革命」を読む。

作者の前作である「アニメ文化外交」がどうも政府の報告書くさくて、あまり面白く感じなかったのだが、今回はカワイイを掘り下げてゆくことで面白く読めた。
ジャパンエキスポに集まってくる女性たちとの取材から、「カワイイ」が世界の共通語となって、日本文化に対する憧れが生じている話をファッション中心に語っていく。

日本のアニメやマンガが世界中に人気になることによって、その中で表現されているものにも海外の人々の関心は向いていく。
#その中で表示されているファッションにもだ。
ゴスロリやロリータと呼ばれる日本から生まれたファッションにも注目が集まる。
また、アニメで描かれる制服も、なぜか流行る。
普通の人には理解不能な気もするが、日本自体でもなんちゃって制服が流行るのだから、これも一つの流れだろう。
それらの現象と背後にあるものを、本は掘り下げていく。

アニメやマンガが表現媒体であることによって、意図せずとも日本文化はそこに流れこんでいく。
ジャパンエキスポにファッションの流れがおとずれたように、日本であることが魅力を発揮しはじめているようだ。

現在アメリカ以外では、日本が情報に関しては出超状態になっていると見込まれるのではないだろうか。
これはほとんど歴史上始めてと言ってもいい。
戦前のジャポニスムは、本当に一握りの人間たちの関心にも見えるし、物だけに凝っていた。
それが、表現媒体自体が受け入れられることによって、日本文化全体が海外に流出している。

そうすると「東京は聖地である」などという海外のファンも出てくる。
最近、日本にやってくるファンの女性が目立つようになった。
つい最近話題のベッキーとか、HIMEKAなどが思い浮ぶ。
マンガのアシスタントの話とかもあったな。

そこまで本気であると、どうもまゆつばもので聞いてしまうのだが、中にちらほらと出てくる「下妻物語」の映画を見て、意見が変わった。
ファッションが人生そのものであるという生き方に少し納得がいき、そういうファッションに命をかけている人の話であれば東京が聖地である、とかいう海外のファンの憧れが、少しわかった気がした。

もっとも、そんなファンなど所詮ニッチであって、ほとんどの人には関係ない気もする。
しかし、欧米合わせて人口が8億ぐらい。新興国で所得が高い層も含めて、全部で10億とする。
その内1%の支持を集めれば1000万人だから、バカにはできない集団となる。

日本のアニメやマンガ、ファッションが海外に普及する原因を考えてみよう。
一番本質的には、日本が不況であることによって、消費者の関心を引きつけるために、新しい商品を次々と開発しなければならなかったことが、挙げられる。
バブル後の長い停滞期、日本の消費は伸びなかった。
所得が増えていないこともあるけれど、人々が飛びつく商品がなかったことも原因だ。
世界のある意味最先端にいた日本人は、それ以上消費する物がなかった。
だから、消費が伸びず、経済は停滞していった。
消費を増やそうと各企業は必死になってがんばり、新商品を生み出していった。
その一つの現れが、アニメやファッションだった。
深夜アニメは90年代に入って急に増えていったし、原宿においてロリータやゴスロリなどが流行ったの90年代だった。

その結果、ファッションに関して、幅広い選択の自由が生まれた。
それが、消費者の好みを研ぎ澄ませ、企業と連動することによって、先端に近付いていった。
「原宿はextreme(先端)の街だ」や、「東京には選択の自由がある」という発言はその現れだ。
それが世界に受けている。

とまあ、ここまで書いてきたけれど、私には実際海外で日本の文化が人気であると言われても、どうも信じられない。
ウェブ上のいろいろな記事を読んだり、「東京カワイイTV」を見ていても、どうも実感がわかないのだ。
肌で接触した感覚がないと、人は現実に受け入れるのが難しいのだと思う。
アニメがマイナーな文化だと言う、先入観が強すぎるのかもしれない。
この本は、私の強い先入観を打ち砕き、もしかしたら日本文化は海外で本当に人気なのかもしれないと思わせてくれる、そんな本だ。
映画「下妻物語」を見た影響の方が大きいかもしれないけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

増田悦佐さんの新作が面白そう

2009.11.24 Tue

21:01:23

ずいぶんブログをさぼった。
「今日の株式市場」の予測が全然当たらなくて、少し嫌になったからだ。
再度続けたい意味もあるのだが、特に最近の日本だけ株が上がらない原因は何かを考えたいけれど、もう少し長い目で見た分析に焦点を当てて、やめにする。

今日は、偶然増田悦佐さんの新作の予定を見つけたので紹介だ。
「内向の世界帝国 日本の時代がやってくる」


内容紹介は次のようになっている。
引用開始

世界金融危機は、アメリカから日本文明への覇権交代の序曲であった! スペイン、オランダ、イギリス、アメリカと続く経済覇権の交代には理由があった。独自の帝国循環論を、歴史学と詳細な経済データを駆使して展開する。大都市圏への人口集中、鉄道網の整備による効率的な社会、機関投資家を上回る大衆の投資のセンス、知識人主導にならない大衆文化の興隆、等など、日本が覇権を握る条件はそろいすぎるほどそろっている。リーマン・ショック以降、世界経済にとって困難な時代が続く。しかし、日本にとってはその向こうに明るい未来が広がっている! 未来を生きるすべての日本人に贈る。
引用終了

私は前の対談の本の時に、日本が次の覇権国になるとしても、その裏付けとなる理屈がないと批判した。
その回答のような本に見える。

私が考えている限りでは、日本は軍事的な覇権国にはなれないし、基軸通貨国も怪しい気がする。
軍事的な覇権国は世界に戦争が減ってゆくという私の予測から考えられない。
軍事力がなければ、政治力もありえない。
基軸通貨国もドルが簡単に崩れるかと言えば、そうは思えない。
今のドル安傾向が続けば、嫌がる国は多いだろうけれど、基軸通貨の変更には膨大な手間がかかる。
貿易を支えている金融などのシステムを全て変更しなければいけない。
今のドル安が、このままゆっくりしてスピードで推移するならば別にわざわざ変更する必要はないと、ほとんどの企業国が考えるだろう。
もちろん、ドルにハイパーインフレが起これば話は別だが、幾らなんでもそんなことが起こるとは思えない。
アメリカ国内の物価の上昇が低下しつつあるのは、ハイパーインフレどころかデフレの危険を示しているし、もし本当にそんな危険が起こったらFRBが引き締め政策に移すことは確実だと思っているからだ。

そうなると、次の覇権国とか言っても、実体は何かということになってしまう。
エネルギー効率がいいから、日本が一人当りGNPで世界一になるとかいうのは、ありえる。
1990年代の円高の頃は実際そうだった。
しかし、それは現在のリヒテンシュタインとかと本質的に変わらない。
そして、覇権国はたぶん一人当りより、総量の方が重要だ。
世界一の債務国というのは、ずいぶん前からそうなのだが、別に何が変わるわけでもないように見える。
世界のATMになって、他の国から金をたかられる存在にはなるかもしれないが、それは少し悲しい。
いや、それが本当に次の覇権国の実体かもしれないけど、そして長期的にはATMであることで世界に影響を及ぼせるかもしれないけど、なんていうかつまらなくはある。
そんな訳で、増田さんの本には期待している。

ただ、目次は下記のようになっていて、ちょっと心配だ。
後、第1章の台京は大恐慌の間違いだろう。

引用開始

第1章 この金融恐慌の本物の台京にしたかったら……
-----日本人だけが、そうする力を持っている
第2章 経済覇権交代の法則
-----世界的な不況でいちばん苦しむのは、次世代の経済覇権国
第3章 先進国を周期的に襲う「どん欲」症候群の不思議
-----排他的クラブが新メンバーを受け入れるとき
第4章 ナンバー・ツーであることの不安が、愚策を採用させる
第5章 単一言語が覇権を呼び寄せる
-----ことばこそ経済の主戦場
第6章 経済覇権国の性格が激変する
-----もっとも外交的な世界帝国から内向的な世界帝国へ
第7章 ピンチはチャンス、チャンスはピンチ
-----そのとき日本はどうする
引用終了

目次では一般的な覇権国交代の話が多い気がする。
一般的な覇権国交代の話だと、軍事的な行動をしない国の場合は、うまく扱えない。
第6章の「経済覇権国の性格が激変する」が私の興味ある部分だろうけど、そこでどのように扱われているか。

発売日は11月26日で早売りの店はもう出てもおかしくない。
明日あたり、本屋に行ってみようと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

元気がない - 今日の株式市場(2009/11/09)

2009.11.10 Tue

04:00:59

11/06
NYダウ 工業株30種 10,023.42 17.46 0.17%
S&P 500種 1,069.30 2.67 0.25%
ナスダック 総合指数 2,112.44 7.12 0.34%
11/09
日経平均株価 9,808.99 19.64 0.20%
TOPIX 870.67 -3.34 -0.38%
上海総合指数 3,175.58 11.55 0.36%

今日の国内市況:TOPIX続落、長期金利が1.475%−ドル安・円安

2営業日日経平均は上げたが、TOPIXは下げた。
相変らず日本の株は元気がない。
私もなんか元気がない。
気分が乗らなすぎる。
ダメだ。
今日はおしまい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

新興国バブル仮説 - 今日の株式市場(2009/11/06)

2009.11.07 Sat

04:27:41

11/04
NYダウ 工業株30種 9,802.14 30.23 0.31%
S&P 500種 1,046.50 1.09 0.10%
11/05
日経平均株価 9,717.44 -126.87 -1.29%
TOPIX 874.96 -6.31 -0.72%
上海総合指数 3,155.06 26.52 0.84%

今日の国内市況:日経平均1カ月ぶり安値、債券下落−円が強含み

11/05
NYダウ 工業株30種 10,005.96 203.82 2.08%
S&P 500種 1,066.63 20.13 1.92%
11/06
日経平均株価 9,789.35 71.91 0.74%
TOPIX 874.01 -0.95 -0.11%
上海総合指数 3,164.04 8.98 0.28%

日本株はハイテク上げる、米統計と為替安定−増資懸念で金融重しに

昨日は調子が悪くて休んでしまった。
今日は二日分について考察してみる。

日本の株式相場は相変らず弱い。
11月5日は前日のアメリカ市場の上げに反応せず下げ、
11月6日は前日のアメリカ市場の大きな上げに反応して少しだけ上げた。
今日TOPIXは下げに転じていることから考えると、
アメリカ株式市場に関わりなく下げ基調になっているように見うけられる。

この原因は何だろうか。
日本の内需関連を厳しいと多くの人が考えている。
外国人投資家も日本人投資家もそうだろう。
二番底懸念が出ていることや、民主党の政策不安などもその理由になる。
だから、TOPIXは完全に下げトレンドだ。
しかし、輸出関連企業はどうだろうか。
輸出はかなり持ち直してきた。
グローバル化している企業が多い日経平均がTOPIXに比べて、
成績が良好なのはそれが理由だろう。
TOPIXに比べて成績が良いといっても、たいしたことはない。
日経平均もほとんどボックス相場に入っている。
つまり、輸出がどんどん増えていくことを期待できないと投資家は考えている。
ただ、輸出が期待できないならば、
輸出先の国の相場も低調になりそうなものである。
日本に比べて、世界の他の国の株式相場がかなり戻しているのは、
別の所に原因があるのではないかと思わせる。
円高傾向が企業の採算の悪化をもたらす可能性を懸念しているとも思えるが、
為替相場はたいして動いているわけではない。
1ドル90円前後を維持し続けているのだから、
円高懸念がそれほど大きいとは思えない。

一つの仮説は、世界の株価は新興国バブルが支えているというものだ。
金融緩和、財政支援政策による世界の過剰流動性は、
現在新興国に向かっているとする。
新興国は景気が良くなるので、消費が増え、輸入が増える。
新興国はまだ物中心の成長なので、石油などの消費量も多い。
これが商品相場を支えることになる。
新興国に資金が流れるということは、ドル安新興国通貨高になるということだ。
それは新興国の輸出を阻害することになるが、
現在通貨当局がかなり積極的に為替介入をしている。
新興国の代表である中国政府は、
リーマンショック後元高を完全に止めたといっていい。
新興国での為替介入は流れこんでいる外国資金にとっては望ましいものだ。
現在資金を投入している状態では、通貨を安く買えるし、
通貨介入していること自体は流動性を生むのでインフレを招きやすくし、
投資のリターンを大きくするだろう。
景気が過熱したことによって、引き締めに入り通貨高を生んだ所で、
資金を回収すれば理想的となる。
アメリカの株式市場では、
新興国が成長することで利益が得られる企業の株価が上昇する。
多国籍企業中心のNYダウは、だから上がりやすい。

アメリカを始めとした先進国は、失業率の増加にも見られるように、
まだまだはっきりとした景気の回復を示していない。
けれども、
中国を始めとした新興国は既にリーマンショックの影響から回復している。
そこで、バブルの対象が新興国に移動したわけだ。
アメリカ経済に比べて圧倒的に小さかった新興国の経済も、
最近では随分大きくなった。
バブルの対象としても、当分はなんとか持つだろう。

日本経済の株価が不振なのも納得がいく。
日本の輸出は資本財・素材・自動車が主だ。
工作機械のような資本財はリーマンショック後に市場が消失したといっていい。
設備投資がなくなったからだ。
新興国の景気が良くなったといっても、
アメリカへの輸出分を内需に回せば賄えてしまう。
設備投資はなかなか盛り上がらない。
素材は好調なように見える。
自動車はアメリカが中心だということもあって、新興国には輸出できていない。
金額も高くなるので、将来も難しい。
結局、日本は先進的なものに集中しているので、
新興国のボリュームの大きい低価格の製品が弱いのだ。
それが株価を上げさせない。

今後の展望はどうだろうか。
今起きている株価の上げが、新興国バブルだとしたら、
それなりに長く持つ気がする。
新興国に成長の余地があるのは明らかだし、経済規模も大きくなっている。
新興国の引き締め政策の転換は怖いが、まだ始まってもいない。
潰れるとしても1年以上かかりそうだ。
原油価格の上昇による景気の悪化が一番怖いが、
リーマンショックの頃に戻るにはまだ一年以上かかるだろう。

アメリカのバブル崩壊の影響は大きく、アメリカ経済自体の立ち直りは、
まだまだ当分先に思えるか、世界経済自体は別だ。
世界経済自体が立ち直れば、
アメリカの株式市場で世界経済を反映する銘柄は好調になってもおかしくない。
その銘柄の上げだけでは、アメリカ経済自体の立て直しは難しいとしても、
カンフル剤にはなる。
新興国バブル仮説によって、世界の株価は解釈できるというのが、
現在の私の考えだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

落ち着いてきた - 今日の株式市場(2009/11/04)

2009.11.05 Thu

04:19:27

11/02
NYダウ平均 9,789.44 76.71 0.79%
S&P 500種 1,042.88 6.69 0.65%

11/03
上海総合指数 3,114.23 37.58 1.22%
NYダウ平均 9,771.91 -17.53 -0.18%
S&P 500種 1,045.41 2.53 0.24%

11/04
日経平均株価 9,844.31 41.36 0.42%
TOPIX 881.27 0.73 0.08%
上海総合指数 3,128.54 14.31 0.46%

今日の国内市況:株は小反発・債券下落、円小動き−FOMC声明注目

日経平均はほとんど動かなかった。
アメリカ市場が動かなかったので、それに追随したことになる。
それでも朝方は下げて始まっていたので、気持ちは好転したのか。
頭が動いていないので、他に思いつかない。

日本市場中心に語ろうと思っていたので、一番最初に日経平均を置いていたが、
昨日の相場も記述すると時系列がわかりにくくなるので、時間順に並べ直した。
今後もそう書く。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る