異をとなえん |

ドル全面安 - 今日の株式市場(2009/09/09)

2009.09.10 Thu

03:04:34

日経平均株価 10,312.14 -81.09 -0.78%
TOPIX 939.84 -6.56 -0.69%
上海総合指数 2,946.26 15.78 0.54%
NYダウ平均 9,497.34 56.07 0.59%

今日の国内市況:株は金融や輸出中心に反落、債券堅調−ドル弱含み

昨日上げれば、今日は下げると相変らずの相場が続いている。
迷っているとだけしか相変わらずわからない。

ドル円相場が91円台に突入している。
2月中旬以来7ヶ月ぶりだ。
違っているのは、ドルが円に対して安くなっていると同時に、
ユーロに対しても安くなっていることだ。
他の資源国通貨に対してもドルは安くなっている。
金、原油、銅も上がっている。
つまり相対的にドルの値打ちが下がっている。

ドルから資金が抜けている理由は何だろうか。
ダウの変動が激しくないことを考えると、リスクは下がり気味なのだろう。
そこで相対的に利益を稼げる所に移動した。
一応今までのドル安と同じ理由で答えることができる。
しかし、現在は円高でもある。
リスクが下がると、円からドルに資金が流れる現象は終わったのだろうか。

理由は二つのどちらかだろう。
日本に資金がなくなったか、アメリカに投資先がなくなったかだ。
日本に資金がなくなったとは思えない。
前と大きく状況が変わっているわけではない。
変わったのはアメリカの市場で、
アメリカに投資先がなくなったためではないだろうか。
アメリカ国債が値下がりしているので、
金利は低下し円からドルに投資先を変更しても儲からない。
そのためキャリー取引が停止している。
一応理屈は通っている気がする。

自信は持てないが、今後は今のような考え方をしていきたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る