異をとなえん |

投票前夜、選挙について考えたこと

2009.08.29 Sat

20:28:24

選挙が進むにつれて、予測の民主党の獲得議席数が増加している。
民主党の大勝予測は、国民のバランス意識から実際の投票では票を減らすと、
私はぼんやり思っていた。
もちろん、実際の投票はまだ先なのだから、確定的なことは言えない。
しかし、田原氏の記事から、大勝予測がさらに大勝を引き起こす可能性もあることに気づいた。

自民党は与党であることを最大の強みとしていた。
自分に投票してくれる団体に対して便宜をはかる。
これが自民党の本質であったと言っていい。
しかし、野党への転落が避けられないとなれば、
投票をしてくれた支持団体に対して便宜をはかることができなくなってしまう。
支持団体としては、手間暇金をかけたことが、全部ムダになるということだ。
議員になってくれれば、ある程度の見返りはあるだろうけど、
与党の議員でなければ価値は低い。

そうすると、自民党の敗北必至という報道の予測が出るにつれて、
あからさまに利権のために投票していた組織は手を抜き始めるだろう。
あるいは、民主党に寝返る組織も出るかもしれない。
選挙結果が出た後では、寝返っても何の役にも立たないだろうけど、
今だったらある程度の見返りは期待できる。
手抜き、寝返りが発生すれば自民党の得票は減り、
民主党がより大勝しても不思議でない。

普通の一般選挙民の日本人はそれほどドライではないだろう。
けれども票の取りまとめを行なう、選挙活動をしている人たちは違う。
生活がかかっているのだから、ムダなことはしない。
勝てないことがわかった時点で降りてしまう。
実際の選挙戦では、そうあからさまにはならないだろうが、
勝敗が決まったと思えば体が動かなくなるのが人間というものだ。

マスコミの選挙予測の信頼性については、あてになるものではない。
しかし、実際の自分たちが活動している選挙区については、
肌で感じるものがある。
勝敗についても、ある程度見極めているはずだ。
僅差で逆転可能かもしれないと思えば、選挙活動に熱がこもる。
どうも、そういった感じがしない。
テレビでしか、状況を認識していない人間の言葉なのだから、
あてにはならないのだけど、みんな醒めている。

私も今回の選挙を他人事のように見ている。
郵政選挙の時に、テレビ番組を片っ端から見ていた自分はいない。
どちらも共感できず醒めている。

これで、投票率は上がるのだろうか。
予測ではどうも上がるような雰囲気だが、どうもそこらへんがピンとこない。
投票率が上がって、民主党が勝利するならば、
私が思っているよりずっと、国民は熱くなっているということだ。
それは、変革への大きなエネルギーとなり、
今後の民主党の政策を良かれ悪しかれ急進化するだろう。
逆に投票率がそれほど高くなければ、国民は醒めていて、
民主党が勝とうが、あまり政策の変動は起こらない。

投票前夜、選挙ついて考えていたら、歴史的な政権交代になりそうなのに、
全然興味を持てない自分がいた。
けれども、他の人たちは違うのだろうか。
それを明日感じとりたい気がする。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

民主党が勝つことの意味 - 今日の株式市場(2009/08/28)

2009.08.29 Sat

04:44:34

日経平均株価 10534.14 +60.17(+0.6%)
TOPIX 969.31 +5.08(+0.5%)
NYダウ平均 9,580.63 37.11

今日の国内市況:株式は世界景気への期待で反発、債券軟調-93円後半

民主党の勝利がほぼ確実視されているが、株式市場にはどのような影響を及ぼすだろうか。
わからないというのが正直な所だ。
そして、市場も予測できていない。
民主党の政策が株式市場に悪影響を及ぼすならば、
民主党の勝利が確実視されるようになり、
投票日が近づくにつれて、株価は下落していくはずだ。
逆に、民主党の政策が株式市場に良い影響を及ぼすならば、株価は上昇していくだろう。
上にも下にも行っていないのは、市場が民主党の政策が及ぼす影響を計りかねているのだ。

高速道路無料化、子供手当て、アメリカ依存から脱却した独自外交など、
今までの政策を大きく変更する部分も見えているが、本当に実行されるかがわからない。
確実に実行されるのは子供手当てぐらいだろう。
他はちょっと予測もつかない。
そして、数々の政策を実行するために必要な資金はムダを省くことで捻出する予定だが、
これが一番難問だ。
予算の削除が猛烈な抵抗を受けるのは間違いない。
それでも強行しようとすれば、できるだろうが、官僚側も反抗してくる。
何らかの問題が発生したとき、
予算を削減したから、問題が発生したと主張してくるだろう。
その時、国民に対して、うまく弁明できなければ、民主党にとって苦しい状況になる。
予算編成をうまくコントロールできる能力が問われているといっていい。

民主党が勝つと予測できても、実行する政策がはっきりしないので、
株式市場への影響は不明というのが、最初の質問への答えだ。

投票日を過ぎると、民主党が勝った場合、
民主党の勝利は既に織り込んでいるので、株価に大きな影響を与えるとは思わない。
しかし、自民党が勝利する可能性がゼロになったことは、ある程度の影響を与えるだろう。
ある種の政治銘柄は投げてきそうだ。
建設業などが、その典型の感じがする。
しかし、全体としては、やはり明確にならない気がする。
結局あいまいとしか、言いようがない。

そうすると月曜の相場は、今までの相場をひきずり、
上げ下げを繰り返していたことを考えれば、下げることになる。
なんとなくはずれそうだが、一応の予測だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

上げれば下げる、そんな相場 - 今日の株式市場(2009/08/27)

2009.08.28 Fri

04:14:08

日経平均株価 10473.97 -165.74(-1.6%)
TOPIX 964.23 -11.36(-1.2%)
NYダウ平均 9,543.52 4.23

今日の国内市況:株式が年初来高値から反落、債券堅調?円93円半ば

昨日上げたから今日は下げる、そんな相場。
相変らず誰もが方向感をつかめていないように見える。

今日は忙しくて、何もできなかった。
それで、単に数値を記録しておくだけ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

アメリカ株式市場の強気の理由 - 今日の株式市場(2009/08/27)

2009.08.27 Thu

04:22:14

日経平均株価 10639.71 +142.35(+1.4%)
TOPIX 975.59 +10.48(+1.1%)
NYダウ平均 9,539.29 +30.01

今日の国内市況:株は年初来高値、債券堅調・円弱含み−アジア株高

日経平均は年初来高値を更新。
海外での景気回復は続くとの予測から上げていると思われる。
アメリカの株式市場が上げ続けていることが、その証拠となる。

素人目というか、日本市場で今までやられ続けてきた人間には、
簡単な景気回復を信じられないのだが、アメリカ人はそう思ってないらしい。
つまり、アメリカ人はインフレ期待を持って市場に参加している。
右肩上がりで経済が成長していくイメージなわけだ。
日本人には全然信じられなくなっているイメージだが、
アメリカ人はそうではない。

日本のバブル崩壊後の経済成長率の推移を見ると、
90-92年度は2.2、1.1、-1.0と成長率は落ちていくが、
93-95年度では2.3、2.5、2.9と持ち直していく。
参照:経済成長率の推移
この93年度ぐらいの気分でいるのだろう。

そして、住宅価格に底打ちの兆しが見えていることは、
二番底の恐怖を柔らげてくれる。

米国住宅市場:危機が始まった震源地を見るかぎりでは、
到底楽観できないのだが、それでも見た目下げ止まっていることは大きい。

止まっているうちは、景気が持ち直し続け、
株価が上昇すると考えることもできる。
長期的なトレンドは別としてだ。
この場合の長期は2、3年ぐらい。
下げ止まることによって、株価が上昇するという話はここ1年ぐらいになる。
もっとも、この一年ぐらい上げ続けるとしても、
大底から随分上がったのだから、ここらへんで休止してもいい。
ただし、それは7月ころの下げだったとも言える。

結論、よくわからん。
最近の株式市場の立ち直りは今一つ理解できないのだが、
FRBが不動産ローン担保債券をピンポイントで買い続けていることによって、
資金が供給されているのが効いていると解釈できる。
その理解が正しいならば、まだまだ上がるだろう。
でも、この解釈には自信が持てない。
グダグダ書いているのに結局まとまらなかった。
株式コンサルタントは大変な職業だなと思って、終わることにする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

韓国のロケット打ち上げ - 今日の株式市場(2009/08/25)

2009.08.26 Wed

05:08:06

日経平均株価 10497.36 -83.69(-0.8%)
TOPIX 965.11 -5.16(-0.5%)
NYダウ平均 9,509.28 3.32

今日の国内市況:株式が反落、債券堅調?円は全面高

日経平均は昨日たくさん上がったから、今日はとりあえず下げたと。
ダウは全然下がらすに上がり続けている。
大きく動かないとつまらないので、今日も分析はパスする。

書くことないのだが、韓国の衛星打ち上げに一言。
韓国が始めてのロケット打ち上げに挑戦して、失敗した。
始めての打ち上げの場合、ほとんどの国が失敗しているはずで、
別に驚くことではない。
ただ、今後どう立て直すかが問われる。
問題になるのはロケットの開発がロシアと共同開発ということだ。
宇宙ロケットの共同開発は原因の確定が難しそうで、もめる気がしてならない。

一応、一段目はロシアの開発した部分をそのまま使って、
二段目と衛星部分を韓国が開発している。
二段目もロシアからの技術供与とかいう話もあるが、
作っているのは韓国みたいだ。
一段目は成功し、二段目以降で失敗したとロシアは主張しているらしい。
一段目が成功ならば、失敗した原因は韓国側になる。
しかし、この切り分けを確認できる能力を韓国は持っているのだろうか。
ロシアの言い分を丸呑みしてるだけでは、問題だろう。

宇宙開発は極限技術で、なおかつどの国も詳しく教えてはくれない。
失敗しやすいのに、
物がなくなってしまうことが多いので原因の究明自体が困難になる。
それを一つ一つ根本に立ち返って調査するのが技術開発にとっては有益だ。
韓国は、基礎からの技術開発に弱いイメージがある。
要領よく立ち回って、大幅にスピードアップをはかってきた。
しかし、宇宙開発では、そううまくはいかない。
一から十まで自分で解決する必要がある。
一段目がロシアのロケットだということで、
韓国の技術開発には役に立たないと2ちゃんねるなどでは批判されているが、
原因の切り分けができるようになるならば十分意味がある。
ケンチャナヨ精神で原因をあいまいにしてては、
いつまでたってもロケット打ち上げは成功できまい。
体質改善には宇宙開発は一番だ。
もっとも、失敗し続けて永久に先に進まない可能性もある。
そういう意味で、今後の韓国の技術開発力を占えるだろう。
注目していきたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

明日は明日の風が吹く - 今日の株式市場(2009/08/24)

2009.08.25 Tue

04:27:43

日経平均株価 10581.05 +342.85(+3.4%)
TOPIX 970.27 +22.93(+2.4%)
NYダウ平均 9,505.96 155.91

今日の国内市況:日経平均が1万500円回復、債券軟調?円全面安

日経平均はアメリカ市場が好調だった影響を受けて大幅に上昇。
先週の下げをほぼ取り戻した。
株高、債券安、円安と普通の上昇局面になっている。

うーん、どうも書き続けることが難しい。
予定では、株式に関係している話題を書き連ねていけば、
毎日更新できて、さらに重要なことを時々追加できるはずだった。
それが、一日の更新分を書くので精一杯になっている。
今回もなぜ相場は暴落した後、リバウンドし、その後また下げるのか、
その理由について考察してみたかった。
ところが、いいアイディアが何も出なかったせいか、筆が止まってしまう。
結局、うだうだしている内に時間切れだ。
一体いつになったら、さくさく書ける日が来るのだろうか。
こういう日は未来が暗く感じられてしまう。

まあ、こういう時は眠ることだ。
明日になればいい智恵も浮ぶ。
明日は明日の風が吹く。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

民主党は明治維新の尊皇攘夷派になれるか?

2009.08.24 Mon

02:45:34

下記の記事を読んで、今回の選挙は明治維新に似るかもしれないと考えた。

Meine Sache 〜マイネ・ザッヘ〜: 拷問選挙と世界と日本

引用開始

自民と民主、どちらもゴミなら、少なくてもごっそり人員刷新される民主の方がましなのかもしれません。でもこういう発言を聞くと、とてもじゃないけれど投票用紙に民主とは書けません。もうこれは拷問です。
引用終了

こういう発言というのは、
菅代表代行の「資本主義の暴走を許す小泉改革路線は大きな間違いだった」
という発言だ。
小泉改革路線こそ正しいと考えている人には、
民主党の態度は実にいやになってしまう。
もっとも問題なのは、
小泉改革路線の本家本元である自民党がそこから逸脱しつつあることだ。
そのおかげで、どの政党にも投票したくない。
拷問みたいな選挙だというのは本当だ。

自民と民主どちらに投票してもあまり変わらないかもしれないが、
民主党は郵政民営化見直しを掲げている国民新党と手を組んでいるので、
自民党に投票する。
前回の選挙では、私は郵政民営化賛成で自民党に投票したのだから、
それを貫くつもりだ。
むなしい抵抗ではあるが。

ここまでは一応私の立場の説明であるが、
今回の記事で書こうとしたのは、別のことだ。
幕末の尊皇攘夷派が明治維新が始まると開国派に変化したように、
民主党も構造改革派に変化するのではないかという展望だ。
一応可能性はあると思っている。

今回の選挙で自民党が敗北した場合、
国の補助金と票を交換する利権システムは一応リセットされるだろう。
明治維新と同じように今までの権力構造から離れた人たちが政権を取れば、
合理的にシステムを再構築することは十分にありえる。
電車がゆっくり混んでいくと、座席にすきまができる。
それに対して、いきなり満員になると座席はぴっちり埋まる。
空白だった所を一気に埋めるから、古い体制のゴミが消えるのだ。

民主党は自民党の反対政党として、戦術的に自民党の政策に反対してきたが、
本心からそう思っているかはかなり疑わしい。
「代表の今言っていることは気にしなくていい」
なんて言葉を民主党議員が言っていたこともある。
この態度自体はひどいのだが、
明治維新の時に幕府を困らせるためにやっていた事に似ている。
それを考えるとあまりダメな政策に焦点をあてても意味がないかもしれない。
もっとも、最大の問題はどの政策を実行して、どの政策を反故にするか、
まるでわからない部分だ。
たぶん、民主党の議員にしてもわからないだろう。

民主党は寄り合い所帯で意見をムリヤリ統一した経験がない。
不一致の部分は先送りしてきた。
政権を取ればそうはいかない。
ムリヤリでも意見を統一しなければいけない。
そうすると実行すべき政策の決定は権力争いと結びつく。
選挙後の状況はよくわからないが、混迷するしかないように見える。
明治維新の混乱は、
西南戦争終了によって終止符を打たれるまで十年間も続いた。
尊皇攘夷派が急に開国派に変わったことで、明治維新を想起したのだが、
むしろ意思決定が簡単にできない点で明治維新を真似るかもしれない。
今回の選挙による混乱が十年も続くのだけは、勘弁して欲しいものだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る