異をとなえん |

国の財政の考え方

2009.07.29 Wed

21:26:55

国家財政について、国債を外国人が持っていることと自国人が持っていることの違いで、
あかさたなさんからコメントをいただいので考え方をまとめてみた。

引用開始

マスコミはなぜか国家財政を家計に例えたがるのでけど、むしろ企業に例えるべきなんですよ。

結局の所国債をして公共投資をするのは、企業の設備投資と一緒です。借金をして、工場を造って(減税や補助金やインフラ整備などをして)、それで売上(税収)を上げて、それでお金を返すわけです。

いまマスコミや財務省の人たちが言っていることは売上を伸ばすべき(景気をよくすべき)局面で、借金の額だけを見て「借金が多すぎる。設備投資を一切しないで、製品の価格を上げて借金だけを返せ」と言っているコンサルみたいなものだと思うのですよ。
引用終了

会計の本質は企業でも家計でも同じだと思う。
借金で支払う利息を、
その金で投資した結果の利益が上回っていれば問題はない。
家計は投資をあまりしないし、貯金の利子は借金の利子より低いから、
借金は返した方が得になる。
それに対して、企業は投資をして利益を上げるのが目的で、
普通の会社ならば借金の利子より多くを稼いでいるから、
借金の額はあまり問題ではない。

国の財政は少し違う。
基本的に国の仕事は投資活動ではない。
治安、法の運営執行など、全て必要だから実行している。
かかる金額も年ごとに大きく変わるわけではない。
だから、借金などせずに税金として毎年調達するのが望ましい。
国防も基本は同じだ。
戦争の脅威が少なければ、
毎年の金額はあまり変わらないのだから、税金でいい。
ただ、戦争が発生すると金額が急増する。
その場合、各年の平準化を計るために国債を発行してならすわけだ。
古典的な夜警国家観だと、ここまでが国の仕事だから、家計にものすごく近い。
借金はできるだけ早く返すほうが望ましいことになる。

とは言っても、
最近は国が社会保障やら経済の面倒まで見るのが普通になっている。
経済成長をできるだけ高めるのが望ましく、
公共事業もその一つの手段になった。
元々は国家にとっての必要性であり、住民の昔からの願いであったものが、
経済成長のための投資となるわけだ。
特に不況になると、金利は安くなり、
国家はその信用を使い一番低いレートで資金を調達できるので、
公共事業はより有利になる。
採算が取れなかった公共事業も実行できる。
そこで、公共事業をどんどん実行して、経済ががんがん成長させたい。
その場合、企業の会計のように、借金が増えても、
その分収入が増えれば問題はない。
けれども、なかなかそううまくいかない。
特に日本の場合、バブル崩壊以後、公共事業に膨大な投資をしたわけだが、
GNPはほとんど伸びていない。
公共事業によって需要ギャップを埋めたから、
GNPが減らなかったとも言えるが、
それでは成長への正の効果がほとんとないことになる。
だとしたら、それは投資ではなく、未来から借金をして、
単に現在消費しているだけに過ぎない。

国の財政を借金の額だけで見ていけないのは確かだ。
重要なのは、その借金に見合っただけの投資をしているかだ。
企業の会計だと、借金に見合った利益を生むだけの資産を持っているかだ。
借金に見合った利益を生むだけの資産を持っていなければ、
できるだけ今ある収入で借金を返した方がいいことになる。
もっとも、それでは返しきれないと言うのであれば、
更に借金をし、新たな投資先から儲けて返す、一か八かの勝負もある。
ただ、そういう場合は、損を出してきた経営者を更迭して、
新しい経営者の元で再建を目指すのだが。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る