異をとなえん |

「中国思想と宗教の奔流」感想

2008.10.30 Thu

03:57:35

小島毅(こじまつよし)「中国思想と宗教の奔流 宋朝 中国の歴史07」を読む。
講談社版中国の歴史7巻目で、宋朝約300年の時代を扱っている。

目次は以下の通り。

はじめに
第一章 宋朝の誕生
第二章 宮廷の運営
第三章 動乱の世紀
第四章 江南の安定
第五章 宗教の土着化
第六章 士大夫の精神
第七章 技術の革新
第八章 文化の新潮流
第九章 庶民の生活
第十章 中華の誇り
おわりに

読みにくい本だ。
たとえば、「続資治通鑑長編」というタイトルは「長編」と略すとある。
それはいい。
しかし、何十ページも後に出てきても覚えてられない。
急に出てきて、そういえば何かの略称だったなと最初に出てきた部分を探してしまった。
索引に「長編」があるかと思ったが存在しない。
それから、さらに何十ページも後に、
同じように「続資治通鑑長編」というタイトルは「長編」と略すとあって、
単なるミスだという事がわかった。

他にも、晋王李存勗が梁の皇帝朱全忠との戦争中、
晋軍の中に後に皇帝となる5人の人物がいたと、書いてあれば、
それが誰だか知りたいと思うではないか。
ところが、答えがない。
後にいろいろ皇帝名が出てくるのだが、5名以上なのではっきりわからないのだ。
そういう細かい部分にいろいろと問題があって読みにくい。

他にも、多分根底には何らかの史観があるのだろうが、わかりにくい。
人名と事項の羅列になっている。
政治史を最初に片付けて、
本当に書きたい思想史の部分に力を注いでいると思うのだが、どうもピンとこない。
作者は儒教を肯定的に見ていると思うのだが、
儒教の大きな変化が宋の時代にあったことはわかっても、
それが歴史にどういう意味を持つのかが、私にはわからない。
儒教の主流が朱子学になったからといって、どうだと言うのだろう。

また、蒙古に対して後世の影響では勝ったとしても、
軍事的に負ければそれは負けではないだろうか。
殺されても精神では勝っているとかいっても、負けおしみにしか見えない。
でも作者はそういう宋の精神を肯定しているように見える。

さらに、天変地異を天からの警告ととらえる考え方に共感を示している。
「天体の運行は人間界とまったく無縁なのだろうか。」(P254)
無縁に決まってる。
天体の運行なんて物理学でほぼ完全に説明できる。
しかし、真面目に書いているように見えるのが、何とも困る。
本気なら「とんでも」にしか見えない。

参考になる部分もあった。
宋代の中世近世の議論は考えさせられた。
中国において中世はないという理論を書いている身には、いろいろとためになる。
今後参考にしたい。

最後に、気になった数値の部分を後での参考のために引用しておく。

漢や唐の総人口が六〇〇〇万だったのに対して、徽宗の時に一億を超えた人口は以後持続的に増加するという。



ある研究によれば煕寧九年(一〇七六)の保甲法における丁男数では、市と鎮を合わせたものの占める割合が全体の三.四二パーセント、つまり約三〇分の一となっている。
(P325)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る