異をとなえん |

地方分散派に問いたい事

2008.10.14 Tue

04:25:31

「地域切り捨て」感想
にトラックバックがあった。
地域切り捨て論への反論と解釈したが、
地方分散派の方には質問したい事があるので、それを書いてみた。

健康な高齢者になるゾ!  山村が崩壊する


片道一時間かかるような僻地とはいえ、そこで暮らし、耕し、育て、そして先祖伝来の家と墓がある場所に住みたい、そこで死にたいという年寄りの気持ちは誰にでも理解できると思います。


この気持ちは、わかる。


地方に仕事を作り出し、都会に暮す息子、娘が、田舎の親と同居できるような財政の裏づけを作れれば・・・・・・。残された時間は、ほとんどありません。

マネーゲーム経済が瓦解した今、地方への労働力の分散をテーマとした日本改造を打ち出すリーダーが出ないものかと期待しています。


しかし、これには納得できない。

なぜ納得できないかと言うと、八歩氏がコメントで書いてあるように、
地方に住むには,自動車を所有し運転せざるを得ない現実があるからだ。
自動車を所有するのは、とてつもない贅沢だ。
ここから書くのは
「日本文明・世界最強の秘密」
の言い直しに近いと思うので、私の意見が良くわからない方は本を参照にして欲しい。

地方で暮らすには自動車が必須となる。
これはアメリカや、日本の地方の現在の状況を見れば明らかだ。

地方の商店街が、ショッピングモールに負け、
みんなシャッター通りになり、廃れていったのも、
それなりに理由があったのだ。
自動車が普及すれば、たぶん選択できるショッピングモールが増え、
より良い選択をする買物ができる。
街の中心にある商店街では独占が成立して、価格・質が良くない。
鉄道で移動してショッピングなど、地方の運行本数が少い電車では、
現実的でない。
それらの理由が、ショッピングモールを発展させていった。
結果、さらに車がなければ生活できない地域になっていく。

地方分散を進めると言うことは、自動車を増やし、
ガソリンをより多く消費すると同義だ。
中国やインドと言った発展途上国の開発が進むにつれて、
今まで以上の量の資源が消費される。
原油を筆頭とした資源の消費量が増えれば、価格は高騰する。
今回の石油危機はその発端であった。
地方に仕事を作り、人口を分散させれば、自動車の必要性が増し、
ガソリンの消費量が増え、原油の輸入が増えていくことだろう。
日本の経済力で、なんとか輸入分の原油の代金を賄えても、
その場合発展途上国の人間がババを引く。
先進国の人間が、金に物を言わせて、
希少な資源を買い漁るのは望ましくない。
できれば、消費量を減らしていきたい。

地方分散派に問いたいのは、
日本という国が地方分散を進めた場合、
アメリカのように資源多消費型の社会になる事は必然だろう。
そのような社会を是とするのだろうか?

また、地球温暖化の問題がある。
二酸化炭素の排出量が本当に地球温暖化の原因なのか、
排出量取引は役に立つのかと、
疑問の点は数々あれど二酸化炭素を減らすのは現状では仕方がないと感じる。
政府も半減するという公約も掲げてしまった。

4-4 日本の部門別二酸化炭素排出量(2006年)

上記の各部門の直接排出量の図を見る限りでは、
生活水準を下げるなどと言うことをしないで、
排出量を減らすには、二つの方法がある。
一つはエネルギー転換部門の電力をできるだけ原子力に変更する。
全部変換すれば30%減らせる。
もう一つは運輸部門のエネルギー消費の内、自家用乗用車の部分を減らす事だ。

平成19年版 図で見る環境/循環白書

その中の運輸部門の二酸化炭素排出量の内訳(2005年)を見てみると、
自家用乗用車の部分が50%近くをしめている。
そこで、自家用乗用車を使っている人間が車を使わないで生活できる部門に移動できれば、
10%減らせる。

さらに省エネ化などの技術の進歩で10%稼げば、半減できる事になる。
理想的なパターンを言っているので、全部達成できる訳ではない。
発電を全部原子力に変更するのは無理だろうし、
自家用乗用車がなくなる訳はない。
しかし、車がないと生活できない地域に住んでいる人が、
車を必要としない地域に移住すれば、それだけで排出量は減る。

地方分散派に問いたいのは、
日本という国が地方分散を進めた場合、
二酸化炭素排出量が増えてしまうだろう。
そのような社会を是とするのだろうか?

年寄りを強制的に自分の居る地域から追い出せと言うのではない。
自分の住む場所を自分の好きなように決めるのは当然だろう。
死に場所も自分の好きに決めたらいい。
しかし、他人より贅沢に生きたいのなら、
それだけの犠牲を払うしかない。
限界集落に住むような贅沢な生活をしたいのなら、
見ず知らずの他人から援助を期待するのは間違っていると思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る