異をとなえん |

『「脱日」する韓国』感想

2008.09.30 Tue

04:35:46

澤田克己著『「脱日」する韓国 隣国が日本を捨てる日』を読む。
2006年7月発行で出た直後にさらっと目を通したが、
古本を買ったのできちんと読んでみた。

目次は以下の通り。

第1章 虚像の「反日」
第2章 「反日」の実像
第3章 スポーツと日本コンプレックス
第4章 冷戦終結が「日本」を消した
第5章 三八六世代と「盧武鉉の反日」
第6章 「反日」から「反米」へ
第7章 古くて新しい「特別な国」
第8章 統一を恐れる韓国人
終章 韓国に「幻想」を抱いてはならない

読んだ当時も思ったが、脱日しつつあると言われても全然納得できない。
韓国の新聞の日本語版では日本の記事が出てこない日はない。
日本人が興味を持つならわかるが、
韓国人が日本人のメジャーリーグでの活躍になぜ関心があるのだろう。
はっきり言ってストーカーである。

しかし、同時に韓国が日本ばなれしている事も確かだ。
本の中では幾つかの事実が指摘されている。
韓国人の渡航先の一位が日本から中国になった。
輸出入や投資においても、日米しかいない世界から、日米が普通の国になっている。
これらの事実はどうつながるのだろうか。

澤田氏の仮説は次のようなものだ。
まず、韓国の反日の理由を次のように考える。

1.儒教=朱子学の道徳志向性が「反日」の根源である。
韓国は、日本が「正しい歴史認識」を持たないこと、
歴史に逸して「正しい態度」で臨んでいないことに反発する。
2.序列が上位の物=力が強い者に、
より高い道徳性を求める儒教の徳治主義的伝統が、「反日」の勢いを後押ししてきた。
ただし、強者に対する反発には、現実的な制約がある。
特に冷戦時代には、生きていくために越えられない一線があった。


そして、2の力の強さを日本が失った事から、反日の勢いは弱くなるが、
同時に制約も弱くなるので、1の理念が純化され、
少数の人間が反日に走っているとしている。
合っているような気もするが、ひねり過ぎの気もする。

私の解釈はこうだ。
反日が空虚な物になっているのだ。
昔の反日は切実なものだった。
良かれ悪しかれ、日本の韓国統治時代には、ほとんどの韓国人は親日派だった。
みんな脛に傷を持つ身として、反日が叫ばれる時は、
自分が親日派でない事を示すために、必死になって日本を叩いた。
朴政権などは親日派だという批判がずっと続いていた。
だからこそ、日本に対して強硬な姿勢を取る必要があった。

現在は違う。
日本との関連は薄れ、親日派などと言う批判は無効になりつつある。
まあ、先祖に親日派がいたなどと言う批判もあるが、それほど有効ではない。
だから、反日を気楽に叫んで、気楽に実行できる。
叫ぶだけなら害はないし、実行だってパフォーマンスだけだったら問題はない。

つまり韓国人の反日行動は、日本人から見れば自慰行為にしか過ぎない。
反応しようがないのが、本当のところである。
韓国人としては無抵抗な者を徹底的に恥ずかしめる事によって、
自分たちの正しさが裏書きされることになる。
閉じた世界の閉じた反日だ。

そして、澤田氏は下記のように書いている。


韓国において日本が「特別な国」だった時代は、もう終わったのだ。
韓国人にとって日本は今や、「外国の一つ」にすぎない。
日本人にとって面白くないかもしれないが、現実は、直視する必要がある。
(P119)


私から見ると、
韓国において日本が「特別な国」だった事を知っている日本人なんてほとんどいない。
私は嫌韓が流行るようになって、
韓国がとてつもなく面白い国である事を知って始めて理解した。
つまり、韓国において日本が「特別な国」だった事を知っている日本人は、
戦前の韓国と関連を持っている一部の人間だけだと思う。

韓国が脱日しつつあるように、日本も脱韓しつつあるのだ。
共産主義侵攻からの防波堤として韓国を特別な国と考える事はなくなった。
つまり、互いが互いをどうでもいい国と考えている。

韓国からすると、竹島関連での反日パフォーマンスは続いていく。
日本は無視するだけだ。
つまり、明治から昭和にかけての特殊な日韓関係と違う、
普通の関係に戻る事になる。
それはそれでいい関係なのだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

江東区二題

2008.09.29 Mon

04:01:32

最近近所で外国人を見かける事が多くなった。
駅のそばのスーパーでは必ず見かける。
駅から離れた、観光客など来そうもない所で、
外国語を聞くと一体何してるのだろうと思ってしまう。
アキバ並と言ったら言い過ぎだろうけど、
感覚的にはまるで変わらない。

インドカレーの店も幾つかできている。
都会ならともかく、ここらへんでそんなに需要があるのかと思う。
江戸川区の葛西でインド人が集まっているとかは有名だけど、
別に東西線の駅近くでもないのに。

そんなわけで「江東区 外国人」で検索してみて、見つけた記事がこれ。

江東区は移民社会? - Manachan's World−東京下町日記 - 楽天ブログ(Blog)

どうやら江東区には大量に外国人が移動してきているらしい。
観光地とかは関係なかったんだ。
4.0%と言うと25人に1人が外国人なんだから、よく見かけて当然である。

ブログの人もインド関係の企業に勤めているらしいので、
インド人が江東区に多くても当然か。
興味がわいてきたので、ブックマークに登録してしまった。

Manachan's World−東京下町日記 - 楽天ブログ(Blog)

その後も検索を続けて、驚きのニュースを見つけてしまった。

日本HP、江東区に新社屋を建設 | 経営 | マイコミジャーナル

ヒューレットパッカードが大島にビルを作って、そこに社員を集結させるらしい。
「新社屋の1フロアの面積は都内最大級で、約6,000人の社員が入居予定」
正確な場所はわからないけど、
大島と言ったら新宿線の大島駅が東大島駅が西大島駅のそばだろう。
一体どこに作るんだ。
基本的に住宅地の場所だと思っていたので、大きなオフィスが立つのはびっくりだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

羽生が負けた

2008.09.28 Sun

03:07:15

深浦が王位初防衛 羽生の7冠全冠制覇再現遠のく

羽生が深浦にまたも負けた。
羽生がデビューしてから、ずっとファンだ。
昔の羽生は決勝戦は絶対に勝っていたけど、弱くなってしまった。
最近は好調だったので期待していたが、なかなかそううまくはいかない。
竜王戦がんばってとしておこう。
少なくとも永世竜王ぐらいはなって欲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今日ざっと読んだ本(2008/09/25)

2008.09.26 Fri

03:26:58

簡単に書けるので、今回もやってしまった簡易感想。
全部きちっと読んでいないで、飛ばし読みしているだけだし、
記憶で書いているので間違いがあるかもしれない。

野村正樹「鉄道地図の謎から歴史を読む方法 - 明治以降、鉄道は日本をどう変えたのか 」

鉄道史の本。普通の鉄道史の本で、あまり謎という感じはしない。
いい点としては、地図が入っているので路線のイメージがしやすい。
今まで読んできた本は意外と入っていなくて、わかりづらかった。
日本の鉄道史を簡単に学ぶには、良さそうな本。


王敏「日本と中国 - 相互誤解の構造」中公新書

漢字の話から、日本と中国の違いについて話している。
ただ、あまり体系だってなくて、エッセイに近い。

国字は日本独自とあったが本当だろうか。
ヴェトナムでも韓国でも独自の漢字は普通に作っていると思っていたのだが。


田中將介監修・三菱総合研究所/編著「東京金融センター戦略 見えない規制を超えて」

外国人にアンケートを取って、
その結果から東京に金融センターを作るにはどうしたらいいかを語っている。
日本には見えない規制があるというのが、外国人の意見らしいが、
私にはどうも納得できない。
単にうまくいかないのを日本に押しつけていないか。

金融センターになるためには、外国人に気にいられるようにしなくてはいけないからと、
いろいろ要望を出しているが、そうまでして金融センターになる必要があるか私には疑問だ。

70、80年代の日本は遅れているようなイメージがあったそうだが、
現在はクールジャパンと捉えられている。
でも、古い日本をそのまま引きずっている人も多いそうだ。
こういうのをアンケートとして取って欲しかった。


大石 裕, 山本 信人編「イメージの中の日本 - ソフト・パワー再考」

日本のソフトパワーをどう使うかのような本かと思ったら全然違った。
靖国参拝、従軍慰安婦、70年代の東南アジアの日本人イメージなどを、
新聞などで分析している、左翼系の本。
別に悪口を言うつもりはないのだが、左翼系をどう表現していいのかわからない。
中立的な言葉は何だろう。


森稔著,福川伸次(編さん),市川宏雄(編さん)「グローバルフロント東京 - 魅力創造の超都市戦略」

森稔氏、青山やすし氏などが、一章ずつ書いている。
ただ、スローガンっぽくて、あまり面白い感じはしなかった。

黒川和美氏の東京のストックの大きさを語っている章が良かった。
夜景が綺麗とか、緑が多くなったとか、水が余っているとか、
そういう話をしている。
私も若い頃に比べて、緑が東京は多くなったように感じる。
単に昔は緑など意識しなかっただけかも知れないけど。


エーモン・フィングルトン『巨龍・中国がアメリカを喰らう - 欧米を欺く「日本式繁栄システム」の再来』

長くて、どういう感じで章立てしているかわからず、読みにくい。
題名から見ると中国批判に見えるが、もろ日本批判になっている部分もある。
フィングルトンは前の著書で日本のGNPがアメリカのGNPを抜くなどと批判した日本脅威論者。
私も同意できる部分はあるが、日本が世界一の航空宇宙産業大国などと言うのは、
批判のためとはいえ過大視しすぎているのではないか。
靖国問題も裏では日中が手を結んでいるとか考えるのは、
あまりにも陰謀論に走りすぎている。
製造業擁護など感心する部分はあるが、日本陰謀論に固執しすぎて、
アメリカ読者にも不信感を持たれそう。

そのうち、きちっと読むつもりだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「想像の共同体」感想

2008.09.24 Wed

18:06:13

ベネディクト・アンダーソン著「想像の共同体 ナショナリズムの起源と流行」を読む。
図書館で借りたので増補のついてない1987年発行の旧版の方だ。

目次は次の通り。

I 序
II 文化的根源
III 国民意識の起源
IV 旧帝国、新国民
V 古い言語、新しいモデル
VI 公定ナショナリズムと帝国主義
VII 最後の波
VIII 愛国心と人種主義
IX 歴史の天使

ナショナリズムについての古典らしいということで読んでみた。
最初の部分はわかりづらかったが、
具体的に国民国家が成立する話になると納得できる。

「国民とはイメージとして心に描かれた想像の政治共同体である」(P17)

この言葉だけは本を読まずとも知っていた。
そして、国民国家が想像の共同体だという結論は納得できる。
しかし、その結論から何が言えるか、発展する所がなくて、
それがどうしたと思う。
肯定的なのか、否定的なのか、すらわからない。
ナショナリズムによって数千万人の人間が死んだとしている所から、
否定的に見えるがはっきりとは、わからない。
なんらかの展望を示すべきではないだろうか。

自分なりの国民国家論をまとめる時に参考になると思うので、
各章の内容を簡単にまとめてみる。

第1章「序」
「国民はイメージとして心の中に想像されたものである。」(P17)
顔をつきあわすことができる小さな共同体より大きなものは全て想像の産物。
「国民は、限られたものとして想像される。」(P18)
成員は限られている。全人類などという事はない。
「国民は主権的なものとして想像される。」(P18)
宗教の自由が認められる。
「そして最後に、国民は一つの共同体として想像される。
なぜなら、国民のなかにたとえ現実には不平等と搾取があるにせよ、
国民は、常に、水平的な深い同志愛として心に思い描かれるからである。」(P19)

第2章「文化的根源」
宗教共同体、王国の衰退。
新聞に見られる同時性の概念の発見。

第3章「国民意識の起源」
出版物が発展したことによって、
ヨーロッパにおいてラテン語が衰退し、各俗語が発達した。

第4章「旧帝国、新国民」
十八世紀後半から十九世紀初頭の南北アメリカ大陸での、
各独立国の分析。
これはヨーロッパにおけるナショナリズムと二つの点で違っている。
言語は本国と植民地で異ならない。
独立運動を主導したのが中産階級でない。
言語が同じでも分裂する。
領域は行政地域と変わらない。

第5章「古い言語、新しいモデル」
俗語が発達し、それぞれの地域で、官僚制その他で使われる言語になっていく。

第6章「公定ナショナリズムと帝国主義」
国民国家という概念が普及し始めると、王朝国家は変質を余儀なくされる。
国王、皇帝は国民に帰化し、全領域に国民語を強制的に普及させる。
「公定ナショナリズムは、ほんとうは、民衆の想像の共同体から排斥されるか、
そのなかで周辺化されそうになった権力集団による応戦だったからである。」(P180)

第7章「最後の波」
第二次大戦後の独立国の分析。
南北アメリカ大陸の独立国と似かよっている。

第8章「愛国心と人種主義」
ナショナリズムはなぜ、国に対する自己犠牲的な愛を起こせるのか。
ナショナリズムはなぜ、人種主義的偏見をもたらすのか。
それらの分析。

第9章「歴史の天使」
フランス領インドシナの独立国の分析。
社会主義を主張する国々が王朝国家の伝統を継続する。
公定ナショナリズムが妥当なモデルとなる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「龍盤七朝DRAGONBUSTER 01」感想

2008.09.24 Wed

03:48:37

秋山瑞人著「龍盤七朝DRAGONBUSTER 01」を読む。
「ミナミノミナミノ」の続編はどうしたんだと問い詰めたい気もするが、
いつのまにか別のシリーズが出ていた。

秋山氏の作品は私が無条件に読む作家の三人の一人だ。
残りの二人は小野不由美と森岡浩之だが、
全員遅筆なのはどういう訳だろう。
私が好きなのと関係あるのだろうか。

本は前後編らしく、前編のこの本は伏線がたくさんあって、
先をどう展開するか非常に気になるつくりだ。
まあ、本編の筋に関係なく面白い気がする。

作品はいつもながらうまい。
ブログを始めてから読者に読んでもらえる文章を意識しているが、
一体どうやったこんな文章を書けるのだろうと本当に不思議だ。
何度でも読み返したくなる。

分析的に考えると、まず意図的に読みにくくしている。
正確には読みにくいというより、意味が理解できない言葉をそのまま使っている。
一読目は読み飛ばしてしまうのだが、再読すると意味がわかるものもあり、
想像を楽しめるものもある。
これが一つの魅力だ。

また、芝居の話がいきなり本編に載ってくる。
芝居の話に現実というか物語で流れている時間・場所が割りこむ。
わかりにくいといえば、わかりにくいが、想像する部分が魅力になるのだ。
読みにくくしても、ある程度スムーズに読めるように、
技巧がほどこされている。

秋山氏の作品は何度でも読み返させる魅力があるので、
当分楽しみだ。
続編は期待せず待っていよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今日ざっと読んだ本

2008.09.23 Tue

01:50:54

竹森俊平「資本主義は嫌いですか―それでもマネーは世界を動かす」

サブプライム危機に関する本質的な理論考察。
通貨に対して同じような事を考えている印象を持った。
面白そうなので、後でちゃんと読む。

呉善花『「漢字廃止」で韓国に何が起きたか』

韓国の漢字廃止に対する苦言だが、
『「反日」を捨てる韓国』の第2章文化崩壊を招いたハングルと論旨が同じというか、
ほぼそのまま、コピペじゃないだろうか。
それ以外にも、約半分韓国語の表現についての説明があるから、
『「反日」を捨てる韓国』を持っている人でもムダではないだろうけど、
新事実、新展開を期待していた人は肩すかしを食らう。

細川昌彦「メガ・リージョンの攻防─人材と企業の争奪戦にどう勝利するか─」

今流行りのメガリージョンの話。
それほどピリっとする物はなかった。
ネットで探索していれば、みんな見つかりそうな感じ。

宮崎智彦「ガラパゴス化する日本の製造業」

日本の製造業が日本に拘泥して世界の大勢の遅れているという話。
ありがちな論旨だと思ったけど、その部分はそれほど強くない。
むしろ、台湾のIT関連の企業の強さの部分が目新らしかった。
ただ、素人には半導体の水平分業的な部分のイメージがわかないので、
どこが日本の競争力を上回っているのか、よくわからない。
もちろん、日本の半導体産業の工場が古すぎるのはあるけど、
それを改善すれば、互角に戦えると言っていいのか。
後、サムスン電子が頂点を過ぎたのではないかという認識は、
本としては、もしかして初?

以上、今日ざっと目を通した本の感想。
こういう書き方は非常に楽だな。
全部きちんと読んでいないけど、
大体読んだ本はたくさんあるから、
そういう本も感想を上げようかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る