異をとなえん |

インフレは続き、そして

2008.07.29 Tue

03:01:20

原油価格の上昇はまだ続く
で、私は石油価格は上昇し続けると予想した。
現在石油価格は下がっている。
その状況を踏まえて、もう一度考えを整理してみた。

まず、石油の値上りとサブプライムローン問題が発生する前、
世界経済は微かなインフレという理想的状況にあった。
これは、東欧諸国と中国の労働者が世界市場に参加した事によって、
賃金が上昇しなくなったせいだと言うのが、私の解釈である。

ウォルマートの状況
で見たように、アメリカ企業は労働を単純化する事で、
中国に労働市場を開放する事に成功した。
単純労働者の実質賃金は成長せず、結果インフレは停止した。
ヨーロッパも東欧諸国の労働者を取り込む事で基本的に同じ図式だ。

しかし、中国の労働力は枯渇しつつあり、
そのため中国ではインフレが発生している。
参照 中国でインフレが起こらなかった理由(中国経済の転換点-その1)
アメリカは、ほとんどの製品を中国から輸入している以上、
インフレは伝播する。

アメリカはインフレで苦しくなっている。
その上、ガソリンの上昇やサブプライムローン問題の危機で、
消費は減って当然なのだが、それほど減ってはいない。
理由はアメリカの政策減税だ。
アメリカの各家庭に送られた小切手が消費の減少を抑えている。

結果、伸びは鈍っているが中国の輸出は減っていない。
原材料の値上がりに伴い、貿易収支の黒字は減少しつつあるが、まだ黒字だ。
つまり成長を続けることができる。
賃金は上昇し続けるから、インフレは止まらない。
アメリカに輸出する製品の価格は上がり続ける。
石油の輸入も増え続ける。

中国の石油の輸入が増えているのだから、
たぶん全体としての需要は減らない。
力が弱い国の需要は減っても大勢に影響はないという考えだ。
結局石油の価格は上がり続ける。

しかし、140ドル台までいった石油の価格は、120ドル台まで下がった。
この傾向は続くのか。
結論から言えば、短期的にあまりにも上がり過ぎたための調整に思える。
中国の成長が続くならば、結局上昇傾向に戻るだろう。
代替エネルギーの開発により、石油自体の価格の上昇がストップするには、
もう少し時間がかかりそうだ。

結局、アメリカのインフレは続く。
減税や金融緩和政策が続けば、消費はなかなか減らない。
減税が実行できるのは、アメリカ国債が順調に売れているからであり、
アメリカ国債が売れているのは、
中国がペッグ政策の元でアメリカドルを買い支えているからだ。

このスパイラル状態に終止符を打つのは、最も弱い鎖の部分だ。
私は、ドルのペッグ政策が最も弱い部分だと思う。
アメリカがみすみす不況になるのを我慢して、
金利緩和政策や財政支出の拡大を辞めるなんてのはありそうにない。
そうすると、インフレに我慢できなくなった中国や中東産油国が、
ドルのペッグ政策を停止するのが一番ありそうだ。

1980年代の中南米の債務危機にしても、
1990年代後半のアジア諸国の通貨危機にしても、
為替市場への投機によって顕在化した。
その図式は変わらない。
政策担当者が目前の危機を防ぐために、
通貨価値の維持に目を瞑るからだろう。

中国や中東産油国のドルペッグ制の廃止が何をもたらすかはよくわからない。
しかし、ここから新しい時代が始まる気がする。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る