異をとなえん |

近接場光

2008.07.20 Sun

16:21:29

サイエンスZEROで「近接場光」の特集をしていた。
近接場光なんて始めて聞く言葉で、番組を見ても素人にはよくわからない。
普通の光と違って、少ししか伝播しないと言われても、さっぱりである。

ただ、番組を見つづけると、なんか凄い。
ブルーレイより容量の大きいディスク、普通の顕微鏡より性能が高い顕微鏡、
果ては原子1個1個から作る材料とかが出てくる。
俄然、興味が出てしまった。

グーグルで検索してみる。
相変わらず、チンプンカンプンだが、少しわかったような気になる。

ナノワールドへの誘い〜局在する近接場光の不思議と実力〜

上記が近接場光の説明としてわかりやすかった。

小さな光の粒が救世主〜「ナノフォトニクス」で拓く光新時代〜

また、上記が興味深い。
そもそも近接場光に最近焦点が当たってきたのには、
日本人科学者がいたことがわかる。
近接場光というものが存在する事はわかっていたが、
利用できるものとは思えていなかった。
それを観測して、新分野を開拓したのが日本人である。
この大津元一という人は、どこかで見たような人だと思ったら、
サイエンスZEROで解説役していた人だった。
解説だけしか、しなかったから、そんなに凄い人だとは思わなかった。
番組の中で研究の発端とか聞けよ。

夢のあるテクノロジーって、素晴らしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

中国が環境汚染を止められない理由

2008.07.20 Sun

02:29:37

中国で環境汚染の被害がそこらじゅうに出ている。
そういう報道を多く目にする。
なぜ、中国は環境汚染を止められないのだろうか?
日本や欧米の環境規制を持ってきて、それに対応する技術を導入すれば、
それだけで解決する問題のはずだ。
日本や欧米では、地球温暖化以外は既に過去の物と言ってもいいのに。
原因は中国の体制にある。
それについて論述したい。

日本を始めとして、民主主義国家でも環境汚染は、昔大きな問題となった。
しかし、問題の大きさが実感されるにつれて、国民が騒ぎ出し、
環境規制がかけられるようになり、解決されていった。
つまり、選挙というメカニズムにより、
全体の利益を優先する事が当然とされているのだ。

中国では違う。
中国では全体の利益を考える仕組みがない。
全体の利益の事をお題目として考えていた共産主義は、
ほとんど滅亡した。
旧ソ連の事を考えると共産主義が残っていても、
役立たない気もするが。
あるのは、トウ小兵の改革路線による、
先富論という先に豊かになるものから、なればいいという理論だ。
つまり、金を儲けろ、それだけだ。
各地方はその方針に従がって、金を儲けるだけ儲けようとしている。
そして全体の利益なんて興味ないから、環境規制なんて邪魔なものには、
従がわない。

中国共産党中央は、それを追認している。
彼らには、地方の暴走を止める理念がない。
権威もない。
形の上では、環境規制の方針を発表し地方に制約を加えている。
だが、地方は従がっていない。
単なる建前であって、対応する必要があると思ってないのだ。
賄賂の額を増やせという要求ぐらいでしかない。
本気で実行するには、地方自治を実行し、
国民の意見を反映させなければならない。
それは共産党の権力構造を崩壊させる。
それはできない。

しかし、全体の利益について少しは考えなければ、
最終的に問題になるのはトップの人間ならわかるはずだ。
環境規制と役人の増加で、ある程度改善するだろうに、
そうなっていない。
いや、激流中国などを見るに、
ある程度改善していると言う人がいるかもしれない。
しかし、それは違う。
改善するということは、地方の利益を減らすことであり、
そこと結びついた人間との戦いを意味する。
つまり、本気で実行するならば、激烈な党内党争が起こる。
党内党争が起きていないのは、お茶を濁しているだけだからだ。

中国共産党トップは目の前にある問題の大きさに立ちすくんでいる。
環境問題は、その典型的表れだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る