異をとなえん |

「山手線誕生」感想

2008.06.30 Mon

01:48:59

中村健治著「山手線誕生 半世紀かけて環状線をつなげた東京の鉄道史」を読む。

目次は下記の通り。

第1章 強い反対に陸上を諦めて海上を走らせた『陸蒸気』
第2章 華族が興した最初の私鉄、開業式を欠席した鉄道局長
第3章 東京の山の手、凹凸地帯に線路を敷いた山手線の前身
第4章 敷設ルートは二転三転し、山手線の名称を正式に決定
第5章 高架線建設で浮上した、東京を一周する環状鉄道の構想
第6章 日本風から洋風デザインに変更して、巨大な東京駅に
第7章 中央線の東京駅乗り入れで『のノ字運転』を開始
第8章 東海道線と東北線は結ばれたが、日本縦貫鉄道は先送りに
第9章 汽笛一声から半世紀、日本初の環状鉄道・山手線誕生

山手線の誕生をできた部分ごとに章立てして、読み物として語っていく。
小さい頃には、山手線は環状線が当然で、
別々に作られたなどと考えた事もなかった。
しかし、実際には波瀾万丈の歴史で、できており、奥が深い。
「図説駅の歴史 東京のターミナル」感想
で、歴史を知っていなかったら驚いただろう。
もっとも、ある程度歴史を知っているものには、それ程新味はない。

本を振りかえって思うには、日本で鉄道をひくのは、
なんだかんだと反対があって大変だなと。
そもそも最初の路線の新橋横浜間で、
反対が強くて海を埋め立てて作ったなんて、
最初から無茶な事をやっている気がする。
津波や地震とか起ったらどうなったんだろう。

その後も、鉄道近くの住民は文句ばっかり言っているように見える。
「高架線は嫌だ、地上線で作れ」とか、「地上線は嫌だ、高架線で作れ」とか、
作る方は一体どうしたらいいという気になる。
その中を線路を引いていった先人は偉大だ。

ただ、後の人から見ると馬鹿げているように見える反対も、
それなりの意味があったのではないだろうか。
反対意見を強行に押し潰すのではなく、位置の変更で妥協し、金で解決していった。
そういう努力が鉄道の発展、都市の発展を支えた気がしてならない。
成田空港の強行開港が、今でも尾を引いて、なかなか発展していない事を考えると、
対話と時間をかけた説得が、結局は得のように見える。

山手線は東京・日本にとって発展の大きな礎だった。
とは言いつつ、私は京浜東北線と並んで走っている部分しか乗った覚えがない。
最もここだけは数限りなく乗っている。
後は中央線の代々木と新宿の間だけか。
それ以外は本当に一度も乗った事がないと思う。
この本を読んで、昔の事に思いが馳せてしまった。
その内、山手線の一周に挑戦しよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

手をつけることが大事

2008.06.29 Sun

03:49:20

暇だけど忙しい。
明日も忙しい。
こういう時ほど、一つ一つ片付けていかなければならないのだが、
逆にかえってあせってしまう。
小さな事からコツコツとやらなくては。

しかし、こういう事を考えると、
自分にとって最優先なものは何かなんて考えたくなってしまう。
悪循環だ。

手をつけていけば、解決するのだ。
まずは体を動かそう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Tokyopopのその後

2008.06.27 Fri

20:26:31

Tokyopopのレイオフ
で記述した記事をまだ全然読んでいない。

その後、ULTIMO SPALPEENさんの所で、
それ関連の記事がNewsramaに出ているとあるので、
それもリンクしておく。

Newsarama.com : TOKYOPOP'S CHANGES: FROM THE CREATORS' P.O.V.

Newsarama.com : TOKYOPOP'S CHANGES: LIFE AFTER TOKYOPOP
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

米郊外の住宅価格低下

2008.06.27 Fri

03:13:32

アメリカのガソリン価格と住宅価格の関係は?

上記において、私は
「住居費と交通費は、
より遠くの地域に住めば交通費は高くなるが逆に住居費は安くなる。
つまり、住居費と交通費は逆相関の関係を示すはずである。」
と述べた。

下記のURLは、その実証になるだろう。

米郊外の住宅価格:都市部より速いペースで低下、燃料高で−NYT


6月25日(ブルームバーグ):米紙ニューヨーク・タイムズは25日、米郊外の住宅
価格は、主にガソリン価格の上昇を理由に、都市部より速いペースで低下したと報じた。
(以下略)


また、アメリカでは土地代が0に近いというのは、
土地住宅込みで取引がされているからの話で、
実際は土地代も入っているらしい。
中公新書の「アメリカの経済政策」に書いてあった気がする。

なんか、まとまりがない話になってしまったが、
記事の検証として書いた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

目次 - 2008/06

2008.06.26 Thu

03:08:37

今日はいろいろあって疲れた。
何もできなかったので、目次をリリース。

・ 目次 (6)
目次の作成 - 6
目次の作成 - 5
目次の作成-4
目次の作成-3
目次の作成-2
目次の作成

・ 日本 (54)
富山の薬売り、モンゴル・タイへ行く
なぜ六者協議で外交的孤立を恐れるのか?
技術革新度が最も高い国
緊急地震速報への要望
『日本の「ミドルパワー」外交』感想
日本の存在回復の願望
日本経済の未来
200年住宅構想に反対する
「物価上昇、しょうがない」福田発言
レクサスの売行き
なぜ道路族は一般財源化に反対するのだろうか?
現在の政治情勢の混沌の原因
日本はなぜ戦争が下手なのか?
なぜ日本には偉大な思想家が存在しないのか?
欧米かぶれの人はなぜ日本に批判的か?
欧米の日本に対する視線
野党の審議拒否がわからない
なぜ日本の株価は他の国より下がるのか?
日本人論?
「歴史人口学で見た日本」感想
日本がサブプライムローンの次の焦点だの日本語訳
日本文化はなくならない
英語を学ぶ日本人は欧米に精神的に屈伏しているか?
「犬と鬼」感想
日本の外資恐怖症は当然である
「すごい製造業」感想
外国資本が逃げ出すことなど怖くない。本当に怖いのは。
違憲論への違和感
日本はまだまだ貿易立国
柔道と合気道の現状
最近、記録した日本文化関係のページ
世界の安定のための日本の役割
江戸時代の日本の礼儀と習慣
今日見つけた日本文化関係のリンク(補足)
情報通信法(仮)に怒っている
今日見つけた日本文化関係のリンク
王勇氏の話
「同盟漂流」感想
日本は世界で石油を一番安く買っている。(補足)
日本は世界で石油を一番安く買っている
ものを考える力が劣っている
携帯電話市場のパラダイス鎖国
護憲派っていったい?
小泉の答弁
武器輸出解禁論について
国民投票の維持費に毎年十億かかるって本当?
「日本語がブログの使用言語で最も使われている」って、本当?
日本つぶしのルール改正?
景気よくなってきた?
かんべえ氏の発言の不快
日本は遅々として進む
安倍政権の公務員制度改革
日本版CIA設立に反対する
世界で一番優れた数の表現を持った言語は日本語

・ アメリカ (35)
「ブッシュのホワイトハウス」感想
存在感の薄いアメリカ
ニューヨークの不動産価格は下がっていない
アメリカでは子供が集まる事は少い
アメリカ人がデブな理由
アメリカのガソリン価格と住宅価格の関係は?(その2)
「中国重視・日本軽視・米朝融和」はそれほど問題なのか?
アメリカのガソリン価格と住宅価格の関係は?
アメリカの経済の立ち直りにはどのくらいかかるか?
ドルへの協調介入
Japan-style
現在の世界経済危機に関するリンク
バブルの崩壊のプロセス(改訂版)
大きな銀行は潰さない、小さな銀行は潰す
現在、世界で起きていることのまとめ
アメリカの長期金利が上昇している
ドルの持主はどこに逃げ場所を見つけるか?
売却価格がローン残高下回る-アメリカ終わった?(その4)
早期不良債権処理などできない-アメリカ終わった?(その3)
「サブプライム問題とは何か」感想
アメリカ終わった?(その2)
アメリカ終わった?
アメリカの金融業の将来-日本とアメリカの違い(その4)
ドル安にならない訳-日本とアメリカの違い(その3)
日本とアメリカの違い(その2)
日本とアメリカの違い(その1)
アメリカ経済繁栄の理由
サブプライムローン問題がよくわからない
アメリカの生産性はなぜ高い
なぜドル安が怖くないのか
アメリカ経済の未来について
「帝国以後」感想
核の傘
アメリカ経済の危機
アメリカ企業の弱体化

・ 中国 (23)
東シナ海ガス田問題日中合意
中国の黒字が減らない理由、減る理由
中国の不良債権について
中国の物価上昇率は内陸部の方が高い
中国語のマンガ題名
中国の消費者物価指数に不信感
中国に私鉄はないのだろうか
中国の大学生の就職難と人手不足
中国でのガソリン恐慌
中国のインフレ検証(中国経済の転換点-その6)
アメリカの景気後退の影響は?(中国経済の転換点-その5)
農村からの労働者の流出(中国経済の転換点-その4)
中国の貿易収支が黒字だった理由(中国経済の転換点-その3)
インフレが始まった(中国経済の転換点-その2)
中国でインフレが起こらなかった理由(中国経済の転換点-その1)
慰安婦問題対日批難決議案米下院外交委員会可決
北京・水不足と闘う
中国を封じ込めよ
中国の外国投資の緩和
日中紛争海域での独自調査強行に反対する
中国の「外貨運用会社」構想
NHKスペシャル 中国関連番組
中国の鉄鋼産業

・ 韓国 (16)
新大久保コリアンタウン
「ハングルの歴史」感想
韓国新政権の英語教育改革
ノムヒョン大統領の退任
韓国の漢字理解
韓国のTK-Xへの反応
「幻の三中井百貨店」書評
「トンデモ! 韓国経済入門」書評
韓国のハラキリ
韓国ハイニクスその後
韓国ハイニックスはなぜ好調なのだろう
日韓野球戦
韓国変なニュース
東海を禁止する
日本のマンガと小説のライセンス料が上がっている
韓国経済の危機

・ 経済 (27)
原油価格の上昇はまだ続く
リフレ政策に反対する(その2)
リフレ政策に反対する(その1)
ハイチが取るべき経済政策とは?
日本のエネルギー効率
石油価格の限界
株式市場の立ち直りから見た将来展望
不穏な気配
次の覇権国はどこか?(その1)
日本の生産性
世界経済の今後のついてのメモ
「コンテナ物語」感想
金融危機は一応収束したのか?
コストプッシュ型インフレに対して金融緩和政策を取る?(その2)
コストプッシュ型インフレに対して金融緩和政策を取る?
バブルの崩壊のプロセス
2008年日本の景気予想
太陽電池のエネルギー収支は本当に得なのか?
ダウ安円高での日経平均高
食料をエタノールの生産に使うのは是か否か(その3)
食料をエタノールの生産に使うのは是か否か(その2)
食料をエタノールの生産に使うのは是か否か
不良債権処理の遠い道のり
急な円高の心配なんていいお世話
円高?円安?
マレー半島横断パイプライン
いちカイにヤリ 投資立国

・ 技術 (25)
「新幹線のぞみ白書」感想
「国産旅客機MRJ飛翔」感想
「国産ジェット“離陸”への格闘」感想
MRJのテレビ番組
「よみがえれ!国産ジェット」感想(補足)
「よみがえれ!国産ジェット」感想
「国産旅客機が世界の空を飛ぶ日」感想
MRJの開発決定
『液冷戦闘機「飛燕」』感想
科学技術系のブログ
『悲劇の発動機「誉」』感想
「きぼう」の打ち上げ
GXロケットの計画見直し(追加)
超音速複葉機の紹介記事
サイエンスZEROの次世代新幹線
日本の科学技術は進歩しているのだろうか?
「時間の分子生物学」感想
GXロケットの計画見直し
万引き防止ICタグ導入
スモンは遺伝子の個人差が原因?
「日本はなぜ旅客機をつくれないのか」
常温核融合
第48回科学技術映像祭入賞作品
インドに宇宙開発で負けて何が問題か
太陽光レーザー,水,マグネシウムによる革新的エネルギーサイクル

・ 観光 (11)
台湾の高校チームを甲子園に招待しよう
外国人観光客の写真付きブログ
外国人に東京東方が人気
日本観光のサイトにはまる
東京をクールにする熱い情熱
観光競争力の日本の順位に納得がいかん
観光統計
「ミシュランガイド東京 2008」の発表(補足)
「ミシュランガイド東京 2008」の発表
倶知安のオーストラリア観光客
皇居観光

・ 都市地域論 (23)
「沸騰都市ダッカ」感想
「新・東京23区物語」感想
『「シリコンバレー」のつくり方』感想
「沸騰都市」の残りの都市は?
「世界都市」感想
地方経済に関するブログ
「沸騰都市 第2回 ロンドン 世界の首都を奪還せよ」感想
「沸騰都市 第1回 ドバイ 砂漠にわき出た巨大マネー」感想
ドバイはなぜ高層ビルを建てるのか?
「都市再生」感想
「図説駅の歴史 東京のターミナル」感想
『誰も知らなかった小さな町の「原子力戦争」』感想
「しのび寄る破綻」リンク
「アメリカ大都市の死と生」感想(補足)
「アメリカ大都市の死と生」感想
「AKIBA TOLIM」(アキバトリム)感想
「ガイアの夜明け ふるさとガールズ」感想
中部空港苦戦
首都一極集中などで検索したページ
真似される文明 - 「日本文明・世界最強の秘密」感想(その2)
「霞ヶ関歴史散歩」感想
「日本文明世界最強の秘密」感想
東京一極集中論批判

・ 移民問題 (14)
高度人材の受け入れに関しての疑問(補足)
高度人材の受け入れに関しての疑問
不法残留者の摘発
新入国審査続報
95人のうち94人は過去の強制退去リストと一致した。最後の1人はどうなったの?
ビルマの難民
フィリピンパブ ファンタジア別館
指紋採取反対論への反論(その4)
指紋採取反対論への反論(その3)
指紋採取反対論への反論(その2)
指紋採取反対論への反論(その1)
改正入管難民法の施行
移民政策は少子高齢化の問題の役に立たない
不法残留者の経常的な減少

・ マンガ・アニメ (17)
Tokyopopのレイオフ
本場のありがたみ
増田悦佐氏インタビュー記事
「ONE PIECE 第488話」感想
「バンブーブレード」感想
外国でのマンガの話三題
ポルノは性犯罪を減らすか?
マンガアニメ系の記事のリンク
深夜アニメは日本だけのものじゃない
マンファはマンガと違います
Naruto核爆発す
ジョジョの奇妙な冒険・感涙名場面50選
マンガなんか忘れちまいな、マンファがあるぜ。
極私的マンガウォッチング「B館」のsakura-conリポート
アメリカでのmanga売上部数
2007年4月の新アニメ感想
米エロマンガ出版者の嘆き

・ blog的生活 (31)
ブログのアクセス数の減少
自分のブログにトラックバックする
カテゴリーの変更
その後のキーボード故障
キーボード故障
エネルギー切れ
ブログ更新方針の変更
日本カテゴリーの記事のカテゴリー変更
ブログの整理
ブログ開設一周年
グダグダと
私のブログの価値は?
いろいろなリンク
ストックを作るのが大事
風邪がまだ抜けない
勝手にブログ評論
風邪を引いた。頭が痛い
忙しい日
アンカテ(Uncategorizable Blog)
謹賀新年
検索ワード
リンク集
ブログを書くこと
リンクされた
再開のお知らせ
スランプ
tという検索ワード
ブログ始めて一ヶ月ちょっと
ブログ開設の弁
アクセスの増加
日常生活

・ その他 (23)
さつまいもの炊飯器料理
痩せすぎのファッションモデル
将棋ソフト トップアマに勝つ
マルクス主義の凄いところ
「狼花」感想
イラク情勢はどうなっているか?
英語と日本語の文章の違い
最近面白かったリンク
「ひとりっ子」感想
Wikipedia:珍項目
国家とは何か(その1)
Rubyでプログラム
数独
「矛盾」は矛盾ではない
首が痛い(続く)
首が痛い
「富岡製糸場と絹産業遺産群」が群馬テレビで放送
英国旗の変更の話題
中国語の数表現
有害サイトの規制はおとり捜査で
英文は読みづらい
サンデープロジェクト言論規制反対番組
驚愕の曠野
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

富山の薬売り、モンゴル・タイへ行く

2008.06.25 Wed

02:51:37

2ちゃんねるで見つけた面白い記事。

北日本新聞社 越中流 第1部 先用後利はいま(特集:富山)

ここの17番から20番までに、
富山の薬売りのシステムがモンゴルに伝授されているという記事がある。

「置き薬」タイに進出 世界に広まる「日本方式」(産経新聞) - Yahoo!ニュース

また、このシステムがタイにも進出しているらしい。

「置き薬」システムは、誰にでも思いついて簡単に実行できるような気もするのだが、
日本以外の国にはないのだろうか。
人間関係は重要だろうし、それなりのノウハウも必要だろうが、
そんなに難しい気はしない。
日本だけというのは、ちょっと驚きだ。
コロンブスの卵だったのか、それともある程度の条件が必要なのか。
真面目に考えると興味深い。

どこの国でもありそうだけど、実は日本独自というのは、
日本にいるとなかなか気づかない。
ガラパゴス化という現象だろうが、世界に普及させてしまえば、
日本が最先端になる。
日本が食べていくためにも、人々の役に立って欲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

原油価格の上昇はまだ続く

2008.06.24 Tue

02:51:27

経産省の北畑次官が、
原油価格について
「今すぐではないが、確実に下がる方向に動く」と述べたそうである。
正しいだろうか。
いや、言っていることはもちろん正しい。
原油価格は急激に上昇したのだから、余程の事がなければいつかは下がる。
しかし、これでは何も言っていないに等しい。
どのような条件が揃えば下落するか、それを言う必要がある。

私は原油価格は、当分上昇すると思う。
原油価格は投機で上昇しているわけではない。
原油価格の上昇はインフレによって、起こっている。

株式市場の立ち直りから見た将来展望
では、原材料価格の上昇は新たなバブルとしてとらえていた。
そして、原材料価格の上昇が結局は需要を減らし不況に導くと。

石油価格の限界
では、この予想に基き200ドルが限界としていた。
しかし、これは間違っていたと思う。

原材料価格の上昇は需要の減退をまねくより先に、まずインフレを起こしつつある。
需要の減退は確かに一部の国で起こっている。
しかし、新興国、特に資源国の需要は減っていない。
韓国みたいに資源がない新興国は、
経常収支の悪化に対応するために引締めに転じざるを得ないが、
経常収支にまだゆとりがあり中国のような国や、
ロシア・ブラジル・サウジアラビアのような資源国は、十分成長を続けている。

新興国の景気を過熱させている最大の原因は、アメリカの金融緩和政策にある。
ドルとペッグ制をとっている各国は、景気が過熱している状態であっても、
アメリカが政策金利を下げているために、引締めに転じることができない。
アメリカの景気は下降局面に入りつつあるから、原油の需要も減退すると見ていたが、
新興国の需要は減少しているようには見えないので、
トータルとしての原油の需要は増えているのかもしれない。
通貨の流動性が増えていることで、需要が増えているならば、
それは結局全体的なインフレを導くことになる。

ドル建ての原油価格は上昇していても、
ユーロ建てに変換した原油価格はほとんど上昇していないという、
よく見かける図はその現れだ。
原油価格の上昇が、インフレによるドルの減価の現れならば、
インフレが止まらない限り上昇はやまない事になる。

これらのモデルが正しければ、
アメリカが政策金利を引き上げて引締め政策に転じなければ、
あるいはドルにペッグしている各国がペッグ制を停止しなければ、
原油等の資源価格はインフレとして上昇を続けるだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る