異をとなえん |

「中国重視・日本軽視・米朝融和」はそれほど問題なのか?

2008.03.31 Mon

13:53:26

米大統領選と日米関係(2)「ヒラリー・ランドの大番頭と日本軽視論」(2008/3/26)
によると


仮にヒラリー政権が誕生するなら、本当に「ホルブルック国務長官・ヒル国務副長官」体制が発足し、「中国重視・日本軽視・米朝融和」という日本にとっての悪夢の三重奏が現実のものになるのだろうか。


というように、ヒラリー政権が誕生すると大変なことになるらしい。

私はどうも「中国重視・日本軽視・米朝融和」が悪夢の三重奏か疑問である。
訪日をせずに中国を訪れるのは、確かに日本軽視であり間違いなく日本の格を落とし、
外交的には大きな失敗だろう。
しかし、日本を訪れたって身のある会談などあるとは思えない。
総理大臣が単なるシャッポでは来たくもないだろう。
単なる儀礼活動で日本を訪問するほど、米大統領は暇ではあるまい。
日本軽視は確かにいやだが、意味のある外交活動は官僚が実行していれば、
たいして問題のない気もする。

中国重視は正にその反対である。
中国に行けば少くとも、首脳が何を考えているかのヒントが掴める。
日本の予測が容易なのに対して中国の予測は難しい。
中国の経済が急速に大きくなっている現状を考えれれば、
中国と積極的に会談をしながら、それをコントロールしたいと考えるのは当然だろう。

アメリカがそのように考えることこそ問題とも言える。
しかし、現在のチベット問題を見るまでもなく、
本質的にアメリカが中国の共産党独裁政権と手を組むなどありえない。
米中同盟などアメリカに対する侮辱だとさえ思える。
日米同盟がしっかりしていさえすれば、米中が協力して国際情勢に対処する事に問題があるだろうか。

米朝融和についても、それほど気にする必要があるのか。
アメリカの北朝鮮に対する関心が核問題である事は確かだと思う。
核問題さえ解決すれば、米朝は和解するかもしれない。
日本にとって極めて重要である拉致問題を無視して、
米朝が和解したら拉致問題はどうなるのかという懸念はある。

しかし、今までは拉致問題が解決しても核問題が解決しなければ、
日本にとって北朝鮮に飴玉を渡す事は難しかった。
北朝鮮からしてみれば拉致問題は、解決しても得にならないし、
解決しなくても、大きな損にはならない。
日本からの圧力は致命的問題ではないとう意味だ。
核問題さえ解決すれば、北朝鮮にとって拉致問題を解決する大きな意義が生まれる。
そう考えれば、米朝融和もそれほど悪いことではない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ブログ更新方針の変更

2008.03.31 Mon

10:50:15

ブログの更新方針を変更する。

まず、一行コメントでもいいとする。
今までは、どうも気取って書いていた。
きちんとした文章でなくてはいけないという気持ちが強過ぎた。
そこらへんを取り払って、もっと気軽に書くようにしたい。
実際の文章はそう違わないかもしれないけど、気持ちとしては随分違うのだ。

それから、更新の頻度を多くする。
きちんとした書き方でなくともいいのだから、頻繁に更新したい。
あてにならない感じだけれど、一行でもいいという気持ちで挑戦したい。

最後に、段落内で改行を入れる。
段落一行というのは、どうも普通のブラウザで見ると見にくいのではないだろうか。
私はw3mで見ているのであまり気にならないのだが、どうも心配だ。
そこで変更してみる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る