異をとなえん |

アメリカのガソリン価格と住宅価格の関係は?

2008.03.25 Tue

15:43:18

アメリカの住宅価格の下落は資産インフレの自然な崩落によって起きたイメージがある。しかし、近年のガソリン価格の上昇も住宅価格の下落に一役買っていた可能性が大きい。その影響を考察してみた。

アメリカ人のほとんどが自動車を交通手段としているため、ガソリン価格の上昇は家庭の生計に直接ひびいてくる。都市郊外でもずっと離れた所に住んでいる人は、通勤しづらくなるかもしれない。実際、ガソリン価格の高騰によって公共交通機関を使うアメリカ人の割合は最大を示しているという記事を最大読んだ覚えがある。

住居費と交通費は、より遠くの地域に住めば交通費は高くなるが逆に住居費は安くなる。つまり、住居費と交通費は逆相関の関係を示すはずである。

そこで、ガソリン+住居の価格は一定と仮定する。そして、家賃H、ガソリン代G、家賃の変化率x、ガソリン代の変化率yとすると次の式が成り立つ。

H + G = xH + yG


期間一定でなければならないので、家賃は住宅価格から算出した一定期間にかかる費用である。ガソリン代はその一定期間にかかる費用である。

これを解くと、xは次のようになる。

x = 1 - (y-1)G/H


例を入れて検算してみると、家賃月1000ドル、ガソリン代月200ドルとし、ガソリン代が2倍になるとすると、xは4/5で家賃は800ドルになる。一月にかかる費用はどちらも1200ドルで合っている。

以上の仮定を元にすると、アメリカのガソリン価格は2002年の1ガロン当たり1.33ドルから2008年春には1ガロン当たり4ドル近くと約3倍になっているので、私にはアメリカの家賃とガソリン代の割合はわからないのだが、ガソリン代が家賃の1/10だとしても、ガソリン代が3倍になれば家賃は2002年の4/5にならなければ話が合わない。もっとも、アメリカの不動産の土地の価格はただ同然らしいから、ちょっとよくわからない部分もある。もし、交通費に大きな意義があるなら、より都心に近い地域の土地の価格が高くないとおかしいという意味である。まあ、今まではガソリン代があまりにも安かったので、距離を意識することがなかったと考えたい。

結局、ガソリン価格上昇によって住宅価格は下落する。また、今の住宅価格の下落は元のトレンドに戻るだけではなく、さらにガソリン価格の上昇を見込んだ分下がる必要がある。もちろん、下落相場の場合には、それ以上下がる事も覚悟しなくてはならない。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る