異をとなえん |

指紋採取反対論への反論(その2)

2007.11.23 Fri

03:09:18

2.誤認がある

なぜなら、アメリカでの例にあるように、システムの性格からして誤認の可能性は否定できないし、「誰がテロリストを認定するのか」という問題もあるうえ、


多文化・多民族・多国籍社会で「人として」: 指紋採取「強制」。「誤認」、テロ対策と「不法滞在者」対策から引用。

指紋認証システムは指紋の特徴を抽出してデータベース化し、その特徴で一致しているかどうかを判断する。これは人間が実行する場合でも同じであり、結局誤認する可能性というのは、人間が目視で行うのに比べて少し劣ることでしかない。

今回の指紋認証システムで入国者の指紋と同一性の確認をするのは、次の三つの場合である。テロリスト等の容疑者、強制退去者、犯罪捜査に関連した指紋だが、どの指紋に一致したとしても、より詳しい調査が必要となるのだから、誤認したとしても自然に排除される。

たとえば、過去の強制退去者と一致した場合は、他の指と比べてみればいい。一本の指での誤認が千分の一とかいう実用できないほどの低さであっても、十本の指だったら10の3乗の10乗で、10の30乗分の一と言う、驚異的な低さになる。これはほとんど0で誤認と言うのはありえない。

また、犯罪等に関連している指紋とシステム的に一致する場合、当然より詳しい調査が行なわれる。その指紋を持った人間は有力容疑者となるのだから、厳密な鑑定が必要になり、誤認は結局排除されるだろう。

テロリスト等の容疑者と誤認したとしても、その場合指紋が一致して、旅券は問題ないという状況がうまれる。日本に侵入していたといわれるアルカイダの容疑者は国際手配されていたので、偽造旅券を使用していた。その場合、旅券の真偽をチェックすればいい。どちらかの判定が間違っているのだから、突き詰めていけば答えは出るはずである。

結局、誤認しっぱなしということはありえない。

最後に誤認という話の中では、"「誰がテロリストを認定するのか」という問題"も挙げられている。ただ、これは指紋認証システムと関係がない。たとえば、アメリカで無実のAさんがテロリストとして認定された。Aさんが日本に来た時、テロリストだと認定されていれば指紋認証していなくても、自分がAだという旅券を出せば追い返されてしまう。つまり、指紋認証の問題でなくて、アメリカのテロリスト認定の問題であり、それをここで議論してもはじまらない。指紋認証に意味があるのはAさんが旅券を偽造している場合だが、この場合テロリストであろうとなかろうと、強制退去するのは当然である。

つづく
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る