異をとなえん |

中国の大学生の就職難と人手不足

2007.11.30 Fri

01:30:46

中国は「バブル」なのか?経由にて、豚肉が鍵握る中国のインフレ|金融市場異論百出|ダイヤモンド・オンラインを読んだ。

その中の一節にこうある。

 中国では自動車や家電製品は圧倒的な供給過剰にあり、価格下落が続いている。また、文系新卒者の3割は就職できないといわれており、サービス業において人手不足は発生していない。その構図はしばらく続きそうである。


大学生の就職難が続いているからサービス業において人手不足は発生していない、という命題は正しいだろうか。

私は違うと思う。大学生の就職難は労働力の需給と関係ない。中国の教育システムが大学生に見合った職場が十分にないにもかかわらず、大学生を大量に育成しているからである。下記にそんな事情がみてとれる。

中国 大学事情(1) あこがれの上海、就職難 大卒集う「求職小屋」

 「就職難」とは言っても、「選ばなければ職はある。ただ、大卒者に見合う職が不足している」と王さん。「世界の工場」として発展した中国では、ブルーカラーの求人が拡大して人材難に陥る一方、ホワイトカラーを受け入れる産業の発展が遅れ、大学の拡大に追いついていない。これが大学生の就職難を大きな問題にしている。


まだ、サービス産業の発展が遅くホワイトカラーのための職場は十分ではない。中国の全体としての生産性が低い事から、サービス労働者の働く場所を作れてないといえる。もちろん、長期的にはあるだろうが、現在は単純なサービス労働者で間に合うのだ。

ただ、これは中国全体で発生している人材不足とは別次元の話だろう。大学生に見当った給与がないのだから、下げればある。人材不足からくる賃金の上昇にはあまり関係がない。

私は余剰労働力がほぼなくなった事から、中国ではインフレが起きているという仮説を提唱している。詳細については、中国でインフレが起こらなかった理由(中国経済の転換点-その1)を参照にしてほしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

リンク集

2007.11.29 Thu

00:20:45

ついにリンク集になってしまった。今日見つけた興味あるページということで。

アルバイト時給、関西も上昇──工場建設相次ぎ、人不足 | 日経ネット関西版

増田悦佐氏の「大阪大復活」を読んで以来、関西の景気動向が気になっている。大阪での高層ビルの建設ラッシュも続いているし、東京、名古屋、大阪の景気はよくなっていると思うのだが、全国ではそれほどでもない。地方の苦しさはとてつもないのか、それとも高層ビルの建設などは景気にたいした影響がないのか。

FujiSankei Business i. 総合/どうなる銀座ブランド戦争…旗艦店単独出店で脱・百貨店

財部誠一氏の「東京から日本経済は走り出した」を読んで以来、銀座でのブランドショップの動向が気になっている。日本のブランドはどうしたのかとも思うのだが。ミシュランの3つ星レストランもある、ブランドショップもある。世界から観光客を呼びこんで欲しい。

Vocaloid2, the cutey j-pop style singing program.

今流行りの初音ミクの海外での評判。海外で人気と聞いて、興味を持つという典型的ダメ日本人の私だ。

ISAS | 固体ロケットの研究世界一から世界一への挑戦 / 宇宙科学の最前線

「はやぶさ」「かぐや」に続けと固体ロケットもがんばって欲しい。

The MUTHA Trophy

なぜに、たぬき。日本みやげをトロフィーにしたんだろうなぁ。

50歳のフランス滞在記 ミシュラン版、「人のふり見て我がふり直せ」。

日本人て、なんでこんなに世界の評判が気になるのか。誉められた事がないからうれしいのか。でも、うれしいよなぁ。

F7-10はリージョナルジェットの夢を見るか - CHFの日記-と言う名の駄文倉庫

F7-10はXP-1のエンジン。日本で新規開発したジェットエンジンで、期待の星。軍事研究の今月号あたりで、信頼性の点で批判されていたような。そりゃ、日本のジェットエンジンなんて実績ないだろうけど、何ごとにも最初はあるのだ。

「国防」について考えてみよう part2

上のページからのリンク。面白くはあるが、同意できるかは別。XP-1は機能美ないかな。美的感覚がない私にはよくわからない。

カトラー:katolerのマーケティング言論: 移民問題を問う? 〜流民の世紀のソフト・パワー戦略〜

移民賛成派の人の意見。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

中国語の数表現

2007.11.28 Wed

02:37:23

たまたま、テレビを見ていると中国語での数え方をやっていた。

日本語とは三つの点が違うそうである。一つは、1111を日本語では千百十一というふうに表現するのに対して、中国語では一千一百一十一というふうに表現することである。日本語も万以上は万だけで使うことはなく一万と表現するから、千と百と十のみ一がつく場合は省略できるというが、普通は使わない点が違うことになる。もう一つは、8080を日本語では八千八十というふうに表現するのに対して、中国語では八千零八十となることである。中国語は間に0があるなら、必ず零を入れて表現する。これは次の違いのために必須となる。最後の違う点は、8800を日本語では八千八百というふうに表現するのに対して、中国語では八千八と表現するのが普通らしいことである。つまり、零が入らない場合は最後に発音した位の数の次の位の数だという事が自明なので最後の位はいらないのである。

一番目の違いによって、日本語は少し複雑になっているけれど、少し言葉を省略できている。日本語ネイティブならば間違いなくこの方がいいだろうと思うけれで、新しく学ぶ人にとってはどっちがいいか難しいところか?二番目と三番目の違いは間違いなく中国語の方が複雑になっていると思う。

こんな事を考えたのは、

世界で一番優れた数の表現を持った言語は日本語

のページで書いたように、中国語と日本語の数表現のどちらが優れているかで、私は日本語の方がいいと主張しているからである。

と思って、世界の言語の数体系中国語の数体系を見たら二番目と三番目の違いは既に書いてある。前に読んだのを覚えていなかったらしい。しかも、広東語の数体系を見ると、その部分の違いが明記されていない。これが、中国語と広東語の複雑さの違いかと今さらながら気づく。

前、読んだ時は広東語と日本語の複雑さの違いがよくわからなかった。しかし、広東語はTaamchai : Asian Counting アジアの数の言葉を見るかぎりでは、千百十の位の一を省略できない言葉のようである。つまり、複雑さという点では、日本語の方が広東語より複雑みたいである。

しかし、千百十の位の一を省略できるのは、どっちがいいか疑問とした主張を翻して、これは日本語の数表現の利点ということにしたい。今さらながら、日本語の数が使えて良かったなと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ブログを書くこと

2007.11.27 Tue

03:10:04

なんか、頭が空回りして書けない。ネタは幾らでもあるのだが、それらを書くには話をまとめるためのエネルギーが必要で大変なのだ。しかし、文章を書けばそれなりに書けるのだから、踏ん切りが付かない事が大きいのかもしれない。結局、いつも時間がなくて中途半端になっている気がする。

面白いページを見つけてそれを紹介すれば楽かなと思うのだが、ただそれだけで何の意味があるのだろう。私はこのブログを書くに当たっての基本理念として、誰も言っていない事を書きたいという意識が強い。賛成意見を書くならば意味がないように感じてしまう。誰も聞いていない所で、うんうんと、うなずいているのは、自己満足だけだ。変な意見、独自な意見を書いていれば、読んでいる人に面白いとか、つまらんとか、なんらかの知的活動があるだろう。そして、できれば誉めてもらいたい。そんな事ができればと思うのだが、そのためにいろいろと完成度を上げようとすると書きにくくなってしまう。

「ハンターハンター」の富樫氏も、こんな事考えているのだろうか。

それでも書かないと、さぼってしまうのは目に見えているので、ゴミでも書く。bewaad氏も長らく穴を開け失礼いたしました。 | bewaad institute@kasumigasekiで、「サボることへの罪悪感が日に日に逓減したこと」をブログを書かない理由にしているので、共通するものがあるのだろう。

こんな事を「入力→貯蔵→出力」のサイクルを回せのページを読んで思った。そしてブログのすすめに勇気づけられて書いている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

「同盟漂流」感想

2007.11.26 Mon

01:56:02

何を書いていいかわからず、日誌を探った所、船橋洋一氏の「同盟漂流」感想が出てきた。載せてみる。

とりあえず、もの凄く読みにくい。時系列を前後しているので因果関係がピンと来ない。肩書付きで参加者が紹介された後、肩書が付かない人名が出てくる。肩書が付かない人名が出てくると、これ誰だっけと思い、少し戻っても見つからない。たぶん、ずっと前の方には出てるのだろうが、わかりにくいことおびただしい。人名一覧はつけて欲しかった。

読み終わるが、読みにくい本だった。日米同盟にいろいろ問題が噴出していて困ったな、という感じの本。ただ、どう解決していけばいいか著者もよく整理がついていない。最後にとってつけたような一般論。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

指紋採取反対論への反論(その4)

2007.11.25 Sun

03:34:19

4.日本を訪れるビジネス観光客に悪影響

反対論の一つに、ビジネスや観光で訪れる外国人に悪い印象を持たせて、日本に入国する人数が減るという意見がある。

指紋採取は、プライバシーが侵害されるから不快だとか、犯罪者扱いされるからいやだとかという話なのだが、私にはよくわからない。私には指紋採取されて侵害されるプライバシーというものが見当もつかない。何の実害もないように思う。犯罪者扱いというのもみんな取られていれば、気にしなくなる。鉄道とか電気の普及の時に起こる、単なる感情論のようだ。アメリカの指紋採取も、もう問題ではなくなっているのではないだろうか。これらについては、いいとしても、指紋採取により入国手続きに時間がかかるようになりビジネス観光客に悪影響を与えるというのは、意味のある反対論だと思う。

ただ、これについては、運用が軌道に乗れば入国手続きの時間は明らかに短縮できる。たぶん、今までの手続きの中で、偽造パスポートによる強制退去者やテロ容疑者のチェックには、非常に手間がかかっているはずだ。このチェックが指紋だけで通れればずっと楽になる。何度も来日しているビジネス客は指紋が通れば、ほとんどフリーになるだろう。

最近ETCで高速を使ったが、昔と比べればとても簡単だ。入国システムにもそれは適用できると思う。指紋を使った認証システムがあるから、他の国に比べて入国がとても簡単だという事がおこる。もっとも、指紋を使った認証システムが便利だとわかれば他の国も導入しはじめるだろう。

日本人も指紋を登録しておけば、自動化ゲートを使って審査時間が短縮されると言う。

自動化ゲートというのは時事の解説によると、下のようなものだ。

2007/03/17-14:15 自動化ゲートとは

 自動化ゲート 空港での出入国審査を指紋などの個人識別情報を使って無人のゲートで行う装置。審査時間の短縮による混雑緩和が狙いで、出入国者の事前登録が必要になる。ゲート内の機械で旅券、指紋の情報を照合し、本人と確認されれば審査終了。既に自動化ゲートを導入している英国やオランダなどでは瞳の模様(虹彩)を個人識別に利用している。  日本では昨年5月の入管法改正で導入を決定し、今年11月をめどに運用開始。入国審査官による対面審査がなくなり、旅券への証印を省くことができる。(了)


日本人もみんな指紋登録を事前にするようになれば、外国人だけ犯罪者扱いされるという批判も消えていく。システムの最初の立ち上がりがは運用も含めていろいろと大変だが、指紋採取システムは安全だからではなく便利だから利用する、そんな風になっていければいい。

「指紋採取反対論への反論」の終わり
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

指紋採取反対論への反論(その3)

2007.11.24 Sat

01:11:12

3.強制採取はやり過ぎだ

外国人指紋採取:「拒否者には強制力行使も」…法務省通知(毎日新聞、2007.11.21)

 テロ対策などのため、20日始まった来日外国人に指紋提供を義務付ける入国審査制度で、法務省入国管理局が、指紋提供と退去を拒否する外国人は収容し強制的に採取するよう地方の各入国管理局に通知していたことが分かった。同制度について、法務省は強制的に指紋採取はしないとして「提供」と説明してきたが、拒否者に対して強制力で臨む措置を指示した形だ。「外国人を犯罪者扱いする運用」との批判が強まりそうだ。


多文化・多民族・多国籍社会で「人として」: 指紋採取「強制」。「誤認」、テロ対策と「不法滞在者」対策からの毎日新聞引用からさらに引用。

どうでもいい話だと思ったのだが、考えてみると当たり前な気がしてきた。

自分がなんらかの犯罪を犯した経験があり、かつ指紋を残したかもしれないというという人間の気持ちになってみよう。日本は今まで指紋を取っていなかったから、気軽に入国してきた。指紋採取をする事については気づかなかった。しかし、突然指紋採取が要求されたらどう思うだろうか。はっきり言って困る。指紋は取られたくない。かと言って、強制退去は自分が指紋を取られたくない人物だと認めたことになる。それもいやだ。どうしていいか、わからない。パニクった状態になって、どちらも拒否し続けるのはありそうな話ではないか。

はっきり言って、ものすごく怪しい。

自分が指紋採取反対の人間だとしても、どっか他の国に行った時、指紋採取反対ならば入国を認めないと言われて、指紋採取を断わるのは相当変な人間である。飛行機代とかみんな無駄になっちゃうのである。こんな国二度と来るかと思っても、今回だけは指紋採取を認めて入国するのが普通ではないだろうか。

日本に入力する際に、強制退去も指紋採取もどちらもいやだと主張するのは指紋採取反対論の永住者の再入国ぐらいではないか。ただこの反対論には、精神的なものだけでないものもあると感じる。具体的には、永住者の中にも、強制退去をくらって偽造パスポートで再入国、その内なんとか永住許可を貰った人間がいるのではないだろうか。

下記のリンクにはそのような問題があることを語っている。

外国人の2007年問題|西京入国管理局

その中に次の文章がある。

現在、正規の在留資格を所持する者達の中で、過去に退去強制となり帰国し、その後再度、短期滞在及び就労、留・就学、その他、身分・地位関係を問わず認定証明書を取得し、不法入国してきている者達の割合は非常に多い。現在我々の調査では、東京入国管理局管内だけを考えても、入管自体がそれらに関する実態を把握しているとは考えられない。


ここでは例を挙げていないが、外国人の2007年問題7|西京入国管理局では具体例がある。なお、この外国人の2007年問題を全部読もうとするには、テーマの「追われる者達」をクリックすると読みやすい。

つまり、指紋採取を断って入国しない人間こそ、指紋を取りたい。しないのは、基本的に入国する前の人間は国の管理下にないから手を出せない理屈なのだろう。残念である。しかし、入国拒否に従わないというのは、日本の管理下に入り指紋を取るチャンスができたということだがら、当然それは利用すべきである。

つづく
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る